エキナセア 今の庭の様子

今回はエキナセアの紹介

c0278671_16335429.jpg

真夏に華やに咲く宿根草で一応ハーブの仲間だ
エキナセアは八重咲き種もあり多くの品種が存在するが、僕はこの一重のものが種が愛らしいので気に入っている
写真は基本種のエキナセア プルプレア(もしくはパープレア)
花弁はピンク色に見えるが多少紫色を含み、プルプレアは紫の意味
この品種は花弁の並びが多少だらしない、それが味があるようにも今となっては思っているが
他の一重の物はもう少し整っているだろう
植え込んでから暫くして同じ色合いの花弁の整う品種を隣に植えた記憶がある、マグナスだったかな
今となっては混ざってしまって判らない。大汗

このピンク色のエキナセアは背丈が大きく80cm~有ると思う
下の写真は離れて見た所
手前に白いエキナセアの一重も植栽してある、こちらは背丈が低く50~60cm程度
白い方は移植が多かったせいかあまり株が太ってない、それ以前にやはりピンク色の品種が一番強健なのだろう生育は旺盛だ
白花はこぼれ種で発芽した事が無いが、ピンク色の方は種は切り取っているので蒔いてないはずなのに
文字通りこぼれた種が勝手に生えてくる(笑)



c0278671_16342219.jpg


上の写真からもう少し引いて見たところ
レディオブシャーロットの二番花が咲いている、この薔薇は二番花でも良い花を咲かせるので良いが
香りが有ったなら・・・と思ってしまうのは贅沢だろうか、写真は7月の終わり
エキナセアは昨年は8月中ころまで咲いていただろうか
エキナセアは種が盛り上がるのを見るのが好きなので、種は切り取らないので咲ききったら終わってしまう

この時期はどの植物も旺盛に伸びてボーボーだ
しかしボーボーだがグチャグチャでは無い
何を言っているのか意味がわからないと思うが、これだけはちょっとだけ自慢できるかなと思うことが有る
僕の庭はボーボーだが草花の居場所がハッキリしている事
庭は放っておくとこぼれ種なんかがいたる所に生えてどんどん配置が乱れてくる
基本的に種が生る前に花は切り取るが、こぼれ種で発芽したとしても抜いてしまうか惜しいものは
掘り取れる大きさまで育ったら移植している


c0278671_16341225.jpg

エキナセアは暑い盛りに見ごたえの有る花を咲かせ、地質も特に選ばず強健な植物だと思っている
植栽当初はそれ程気に入ってなかったが、今では夏には欠かせない草花になっている

c0278671_16340348.jpg




途中で紹介が終わっていた室内の挿し木株だが、二回目の花も三月に咲いていた
残念ながら忙しく開き始めしか写せなかったが紹介しておこうと思う


ムンステッドウッド、さすがに二回目は3輪程だった
小さな花に見えるがここから内側の花弁がどんどん開いて結構大きな花になる
c0278671_16331368.jpg

もう三月になると日が高く窓際の温度が高い為、開くのも散るのも早かった
日差しの強い逆光の中で写しているので色は全然再現出来てない
二回目の花でも花色は変わらず赤黒くそして黒っぽいパープルで咲いていた

c0278671_16325414.jpg

そしてローズポンパドゥール
c0278671_16330662.jpg

蕾が小さくミニバラのような花が咲くのかなと思っていたら
この薔薇もムンステッドウッドほどではないが内側の花弁がどんどん開いて思ったよりも大きな花が咲いていた
冬期間挿し木から始めると苗が弱く途中でうどんこ病になったり、同時にハダニが出ることが多かったが
今回はうどん粉は出ずポンパドゥールに蕾が残る中ハダニが出初めてしまった。(汗)
他の植物に付いていたのだろうか、この時点で強制終了して葉を毟り休眠させることにした
c0278671_16330032.jpg


そして今の庭の様子、一度寒の戻りが有ったが三月からの暖かさと今現在も例年よりも暖かく
芽出しが進んでいる
写真はクレマチスのプリンスチャールズ
クレマチスの芽は手を合わせて拝んでいるか、上に飛んでいっている人のように見える・・・のは自分だけかな(笑)

c0278671_16324161.jpg

そしてバラの芽
だいたいはこんな感じ,もしくは開いてない芽がぷっくりとしている
白いのは石灰硫黄合剤、冬囲いの前にかけたもの
c0278671_16324794.jpg


バロンジロードランはもうこんなに開いている
c0278671_16322599.jpg


ツヤツヤなのはルージュピエールドゥロンサール
ずっと暖かかったのに思っていたとおり先日最低気温が氷点下になった、霜害が出ないかドキドキだった
c0278671_16323318.jpg


今現在はこのブログを切りよく終了させようと思っている事と
春の作業と早春の草花の開花が同時になってしまったので、早春の草花の紹介は辞めようと思っていたが
作業が落ち着いて余裕ができたので紹介しておこう
今年はこれが一番綺麗だったかな、黄色いヘレボルス(クリスマスローズ)
この花は横向きに咲いて綺麗に咲いていた、今は種が生ってきたのか下を向いてきた
花芽が付いてない苗だったが今年急に花が増えた
c0278671_16321370.jpg


こちらは白い八重のクリスマスローズ、写真はグリーンとクリームが強いけど・・・これから白くなるかな
これは花付きだったが翌年花が上がらなかった、しかし今年から花が上がるようになったようだ
この八重は思いっきり真下を向いてしまって全然見えない。大汗
写真はよく見ると判るが葉の上に花を置いて写している、鉢植えで少し高い位置に置く方が合っているのかな・・・


c0278671_16320048.jpg

ヘレボルスは上の無茎種よりもニゲルを含む系統の有茎種(半有茎種?)の方が
草丈は小さいが横向きに花が咲くので庭植えには合っているような気がしている
いや、しかし北海道では緑が無く茶色い庭の中にポツンとヘレボルスだけが開花している
庭の作業する時期とモロに重なっているのでちょっと微妙な存在でもある、暖かい地方ならもっと楽しめるのだろうと思う
今年はニゲルの仲間は庭仕事の際に花を汚してしまったので写真に残すのは辞めてしまった。



それと小さな球根類も開花が始まっている
写真の青い花はチオノドクサ、草丈は10cm程度だが早春に咲く青い花がとても綺麗だ
c0278671_16315106.jpg

球根類(植えっぱなし球根のもの)も早春~春の開花のものが多く積極的に取り入れてはいない
c0278671_16314136.jpg

シラーシベリカも同時に開花している、この花も草丈が10cm程だが
とても綺麗な花だ、開くと下を向いてしまうのが惜しい
草丈が小さいが故に余計に花がよく見えない、横のトゲトゲはフォールスタッフ
c0278671_16313286.jpg
今年は妙に暖かい日が続いているので今後どう植物が動いていくのか想像できない
バラの開花はずっと早まるだろうか、薔薇がある程度開くと同時に暫く涼しいと嬉しいのだが・・・そんな上手くいくわけないか
それに、これまでも天候には邪魔されてばかりだった(笑)





ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好みなどの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします

c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2015-04-12 20:55 | 草花8月
<< 夏の終わり シキンカラマツ つきいろと愉快な緑の仲間たち >>