ホルデュームとベルガモット(モナルダ)


さて今日は宿根草の紹介
7月~8月にかけての宿根草
まずはグラスのホルデューム

c0278671_16295773.jpg

非常に美しく柔らかい穂をを持ったグラス
赤紫色のベルガモットと一緒に植えてある

c0278671_16293629.jpg

上の写真は早朝で色が青みがかっているが、実際にはこのベルガモットは下のような色合い


c0278671_16291314.jpg

この植え込みは住居周りのデッドスペースに作ってある
狭いスペースにこんなに植えてある
手前からホルデューム、ベルガモット、エキノプス
そして上には(実際には間から)クレマチスのプリンスチャールズ
ちょっとギュウギュウで申し訳ないが皆強健で逞しく、それぞれに負ける事なく育ってくれている
ちなみにベルガモットとエキノプスとプリンスチャールズは花期が微妙にずれていて被らない
しかしそれぞれに見応えが有るので、この場所に華やかさが長いこと続いてくれるので良いと思っている
ちなみに奥のデッドスペースにも植え込みが作ってあり、そこにはバラが植栽されている。
c0278671_16292551.jpg

ホルデュームはとても魅力的な穂をもったグラスだ、イネ科で麦を華奢にした感じがする
ただ穂だけではなく、茎も非常に柔らかくこれのみで綺麗な草姿を保つのが難しい
何かにもたれさせたり括ったりしなければ成長と共に株が乱れてくるだろう
それと下葉はあまり綺麗ではない、離れてみると下葉が見えないような植え方が良いとおもう
宿根草だがこぼれ種でもよく発芽する、長く同じ株を育てるよりも定期的に実生から仕立て直す方が株が元気よく育つので良いだろう
前と植栽場所を変えており、今は乾燥気味の場所だがこちらのほうが生育が良いと思う

c0278671_16294728.jpg

そして赤紫色以外のベルガモット
こちらも前は庭の薔薇の付近に植えてあったが、今は塀際の盛土の部分で特に乾燥気味の場所に移植した
何故かというとベルガモットはあまり地質は選ばないが、前はベロベロと1m以上伸びて株に纏まりがない育ち方をしていたが
今は乾燥気味の場所に移植し草丈は60センチ程度で株は綺麗に纏まって育っている
ちなみに上で出てきたベルガモットも乾燥気味の場所で育てているので株が締まって綺麗に育っている
ただクレマチスにはあまり良い場所では無いかもしれない。(汗)

ここにはベルガモットの他に花オレガノやタイムなどハーブ類が植えてあり、それぞれとても良い成長を見せている
花も株も綺麗に育っていると思う

c0278671_16302144.jpg
花の上部から開花がはじまり徐々に下の蕾にバトンタッチしてゆく
c0278671_16300808.jpg

もちろん葉や茎にはハーブの香りがある
ハーブの香りが好きな方にはおすすめできるだろう
料理にも利用出来るようだが、どちらかと言うと料理よりも観賞価値の高いハーブ。
ハーブは環境さえ合っていれば非常に強健で手間いらず
匍匐茎で異常に早く育つようなものは大変だが、それ以外は夏に見ごたえの有る花を咲かせる物が多くおすすめ

c0278671_16302986.jpg


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2015-04-01 20:46 | 草花7月
<< エキノプス ときめき さよなら癌種 >>