ブルー系?ローズポンパドゥール

ローズポンパドゥールを迎え、始めに咲いた一輪を紹介したがそれ以降は紹介していなかった。
最初の一輪は巨大輪でゴージャスな花だったが、他の蕾は購入前の薬害で(おそらく)新芽や蕾が一度駄目になってしまったので二番花のような落ち着いた面持ちで一回り小さく咲いた。

一番最初の巨大輪を株の成長の為に早めに切り取りボウルに浮かべた所。
この時点の花は藤色のブルー系のバラのようだなと思っていた。
c0278671_20482514.jpg

花もちが良く、長い事楽しめた。

この巨大輪の後にも全てのシュートに一個ずつ蕾が付いており、すぐに開花が始まった。
最初に咲いた花よりも蕾の状態の派手なピンク色は少し落ち着いたようだ。

c0278671_20552082.jpg

開き始めると強く香るけども鼻にツンとくる香りではなく、あくまでスッキリとした強香がしてくる。
一番最初にさいた花を切った所からもう芽が伸び蕾を付けている。
c0278671_20522180.jpg

c0278671_20561886.jpg



c0278671_2057404.jpg

この素晴らしいバラの唯一の欠点とも言えるだろうか、花は全般的に整った形では咲きにくいようだが、華やかな花は青味がかってきて綺麗だ。
c0278671_20565748.jpg

この後、急に気温が上がったと思ったら雨が降り、華奢な枝に小さくなったと言っても花弁数の多い大輪


全ての花が下を向いてしまった、この品種は大きく育てたほうが良いだろうとまだ開いてない花を含め全て切り取って株を充実させる事にした。
こうやって日陰に入れて見るとかなり青味がかっているのが判る。
c0278671_2111724.jpg






6月26日の事、切り取った花はまだ開いていない物も有ったので母にあげてしまった。
そんな事も忘れ今日久し振りに実家に行くと家には無いバラが飾ってある・・・??
このバラ何所のバラだ?と暫く考える。
アナタはどちら様ですか?・・・・・


もしかして・・・ローズポンパドゥール!?
c0278671_20452186.jpg

つい明るい所で撮ってしまったが室内だとさらに青紫である事が判る、比較に雨の重さで折れてしまったソニアリキエルと一緒に。
c0278671_2075322.jpg

どこぞのブルー系のバラかと思った、藤色のブルー系のバラより青いじゃないか。
涼しい室内に飾っていたせいなのか、このバラの特徴なのかはまだ判らないがこのバラのポテンシャルはまだまだ高そうだ。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-06-30 13:34 |  ローズポンパドゥール
<< 家のカンパニュラ達 ソニア リキエル 一番花 >>