タグ:イエロー ( 8 ) タグの人気記事

グラハムと赤い葉の薔薇





今年は暖かい
このセリフを何度書いただろうか、とにかく年が明けてからずっと暖かい年だ
今現在も6月並みの気温が続いている
暖地ではどんどん開花が進んでいるようだが、僕はひっそりと秋の開花を紹介している(笑)

とりあえず今の庭の薔薇の様子
暖かさに任せて植物たちはどんどん活動している
写真は今のブラザーカドフィールER
c0278671_12365010.jpg

昨年の春に紹介してなくて後悔した品種だ
新葉の頃の葉が暫く赤い品種だ
葉のみならず厳しい寒さを越えてきたせいか枝もワインレッドに色ついている
モダンローズは新葉の先が紫色になる事が多いが、ブラザーカドフィールは開いても暫くは全ての葉が色付いている
今年は妙に暖かいせいか赤よりも橙色に色ついている
昨年の芽出しの時期は平年並で今年よりもずっと寒かったのでもっと葉が赤く美しかった
他にもデュセスドゥブラバンの新葉の色も美しいと思っていたが、やはりブラザーカドフィールが色では一番美しい

c0278671_12370076.jpg

ルージュピエールの新葉、通常モダンローズに多い新葉の色の付き方だ
実は早いものは蕾が出来始めている
何!?今年は早すぎるのではないか!と思って昨年の記事を見直してみたが
5月5日に蕾の報告をしていた(笑)本当記憶なんか当てにならない、いやそれは自分自身の問題か?(汗)
c0278671_12371451.jpg


昨年ボンクラだったバロン男爵、株は大きいのに少ししか花を咲かせなかった
まだ極小の蕾なので判らないが、見たところ万遍なく蕾が付いているように見える
ORの新葉から既にライトグリーンの葉もまた美しい

c0278671_12372278.jpg
で、今年の問題はこの薔薇
毎年何だかんだ有るものだ・・・
先日お伝えしたマダムイサーク
どうしたものか、新葉が萎縮している
芽出しは皆一斉だったので気がつかなかったが、その後この薔薇だけ成長が遅れている事に気がついた
c0278671_12370738.jpg

昨年までとても元気でなんの問題もない品種のはずだったが、全体に葉がこんな感じだ
無事に越冬して枝を多く残せた事を嬉しく思っていたがこの有様、期待し過ぎてプレッシャーに弱かったとか?(汗)
施肥は少なめだし特に変わった管理をしてないので全く理由が判らない
地面よりも上にはキャンカーなどの問題は見当たらないので、根に問題を抱えたのだろうと思っている
もしかしたらネキリムシが大量発生しているとか、通常地植えではネキリムシは居てもそれ程問題にはならないが
大量発生すると猛烈に弱る事が有る、昔薔薇以外の植物で経験した事が有る
まあそれ以外は癌・・いやそれは考えないでおこう。

毎日何度も何度もこのバラを見ている、やれるだけの事はやってみている
それもあまり構い過ぎると逆効果になってしまうので程々に
今日は太い枝を握ってみた、自分のパワーが送られれば良いのに、なんて考えながら
本当に僕がヨボヨボになってしまったら笑えるが・・・いや笑えない(汗)
後は時が解決してくれるだろう、この待つ時間がとても長く感じるのだが・・・



では昨年2014年秋のグラハム・トーマスの紹介
ちなみに昨年は秋までに柔かい枝を残さず充実した枝を残すために元肥以降は無施肥
ツルやシュラブのみならず全ての薔薇を実験的に無施肥にした
結果やはり花は少ないが一定の効果は得られたと思っている
ちなみに今年は追肥有りで行く予定

c0278671_17061750.jpg

秋、それなりに花を付けたグラハムトーマス
色が濃くなる感じは特にしないが、春同様にとても美しい山吹色から始まる美しい花を咲かせている
ちなみに手前に見える小さな花は宿根アスター(原種系)

c0278671_17063077.jpg



我が家にはこのグラハム・トーマス以外に黄色の薔薇は無い
実は以前黄色やオレンジ色の薔薇は苦手だったがERの黄色やオレンジ色の薔薇は嫌味が無く非常に美しく
特にオレンジ色の薔薇レディエマハミルトンやレディオブシャーロットの美しさには驚いた
黄色も一本は取り入れたいと思って迎えたのがこのグラハムトーマスだった
北海道と言う土地のせいか今のところツルとして扱うにはちょっと難しい感じだが
今現在は大きめのシュラブとして木に添わせながら使っている

c0278671_17062301.jpg

朝日を浴びるグラハム
この頃は朝日でも夕日のように色付く

c0278671_17055156.jpg


宿根アスターは真下ではなく横に植えてある
このタイプはランナーを伸ばして這って増えるので株元には生えないようにしている
実はこのアスターは高性で1mくらいある、グラハムの背が伸びたので下の方の花としか上手くコラボ出来なくなってしまった

c0278671_17073170.jpg

c0278671_17053958.jpg

非常に美しい花だ
条件が良ければ純粋なティー香、茶葉の香りがする

c0278671_17052869.jpg

ガーデンローズとして一本だけ迎える黄色い薔薇として考えるのなら
ある程度の背丈が欲しかった事と、中輪のこのグラハムを迎えて正解だったと今となって思う
しかしゴールデンセレブレーションやシャーロットオースチンなどなどERには魅力高い黄系の薔薇が多数ある
場所さえ許せば色々植えてみたいのだが・・・

c0278671_17051732.jpg

開花はゆっくりで咲いては散り、次の花が咲くという感じなのでさらに花数が少なく見える
グラハムは夏剪定が有効な品種と見た、そのままでもよく咲く品種もあるが
所有している中でグラハム、ウィリアムモリス・セプタードアイルなどは夏剪定により秋の花が増えるようだ
ただどの薔薇も今のところ成長を優先しているので、昨年は伸ばせるだけ伸ばしていた
よってこのパラパラな花付きだが、今年辺りからそれも取り入れて行けそうな気がしている

c0278671_17045387.jpg
c0278671_17040893.jpg
c0278671_17035801.jpg

開花前半は花弁の縁が丸くスっとしていたが、後半になると花弁の淵がギザギザになっている

c0278671_17005474.jpg

この開花後半の写真を見ると美しいがどうもグラハムと違うバラのように感じる(笑)

c0278671_17004547.jpg


昨年秋のバラの写真を記事を紹介するにあたって見直してみると
自分が思っている程病気には侵されてないようだ(笑)
むしろ下葉はハダニでかなり落としている

c0278671_17003856.jpg
c0278671_17003115.jpg


秋には宿根アスターとコラボしているグラハムだが、春にはバイカウツギとコラボしている
場所的に結構無理させているが、そのせいも有ってグラハムのチョイスだったのだ

c0278671_17475813.jpg

やはり春の開花は花弁が多く元気な感じが伝わってくる

c0278671_17471407.jpg


また秋のグラハム
褪色が進んでくる


c0278671_17002267.jpg

この散る寸前のグラハムも美しい
この透明感をなかなか写真では表現できないのが残念だ

c0278671_17001220.jpg

さて、今年のグラハムは越冬後多少の凍害が出たものの元気に成長している
今年はどんな開花を、そして成長を見せてくれるか楽しみにしている。

さて、皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?
我が家は異常な人ごみが苦手でGWはDIYしたり近場に出かける程度でだいたいまったりと過ごしています(笑)


残すところあと一つか二つ記事を書けばこのブログは終了です
いつも見てくださっている皆さんよろしくお願いいたします。



ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好みなどの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします




[PR]
by tukiiro2613 | 2015-05-04 14:54 |  グラハムトーマス

Graham Thomas(グラハム トーマス)2014

Graham Thomas 作出1983年 ER

Graham Thomas(グラハム・トーマス) 黄色で伸長力がありツル薔薇としても使える大型のシュラブ
故グラハム・トーマス氏(1909-2003)は秀でた園芸家であり、著名なオールドローズ研究科
そしてデヴィッド・オースチン氏の友人でもあった彼の名を命名したのがこの薔薇である
彼は「ガーデニングをアートに高める美的センスと技術を兼ね備えた偉人の一人」と言われている
そしてこの薔薇は2009年ERで初めてのバラの栄誉の殿堂入りを果たした薔薇である

紹介する写真は2014年の一番花
c0278671_17484294.jpg

咲き始めは黄色と言うよりも山吹色、最近では同じような色合いの薔薇が作出されているがこの薔薇が出るまでは
この色合いの薔薇は珍しかったのではないかと思う、非常に素晴らしい色合いだ
黄色のバラに惹かれる事はあまり無かったが、このバラの美しさにERの黄色い薔薇は他にも植栽できたらと思うようになった
c0278671_18373818.jpg

咲き進むに連れてレモンイエローになり、更に白っぽく退色し散ってゆく
この薔薇はあまり甘い香りのしない紅茶の茶葉の香りがする、正直このバラの香りには驚いた

c0278671_17515997.jpg
c0278671_17514468.jpg
開花は株の下の方からだった

c0278671_17510692.jpg

ERの中に優秀な性質を持ったアイスバーグを交配親に持つ品種がいくつか存在するが
この薔薇もアイスバーグを交配親に持つ品種(アイスバーグ×実生)
c0278671_17505376.jpg


後ろに見える白い花はバイカウツギ、樹高は2m強だろう
今は春のグラハムも同じくらいの樹高
c0278671_17493454.jpg

この薔薇も雨に打たれたが花の少なめの下の方からちょっとずつ開花していたので最盛期にはあまり影響が無かった。
c0278671_17492069.jpg

ERの黄色いバラは好きで他にゴールデンセレブレーションやシャルロットオースチンなども育ててみたいが
さすがにもう向かい入れる場所がない。涙
c0278671_17491072.jpg


かなり白っぽく退色したところ、葉は明るいグリーンで印象が良い
c0278671_17485911.jpg

終わる頃には少し赤みが差す事が多い
c0278671_17483186.jpg

この状態の時をなかなか美しく写真に残せないが、実際はもっと美しい
c0278671_17481118.jpg
c0278671_17484294.jpg
良い・・
c0278671_17475813.jpg
本当に良い・・しか書けない。(笑)
c0278671_17474936.jpg

上の方の房が咲いた頃

c0278671_17471407.jpg


そして退色してゆく

c0278671_17465149.jpg

この色合いも良い
c0278671_22534327.jpg

グラハムの最盛期が過ぎる頃、後ろのバイカウツギももう終わりなようだ
この二種は競い合うように一緒に咲き誇っていた
開花期は昨年まで遅咲きだったが今年は早咲きと遅咲きとの中間期、樹高が低く大きく育つ宿根草の中で育っていたため
宿根草が被らないように気をつけて育てていた、そして昨年やっと宿根草の背丈を超え陽の光がしっかりと届くようになった
真っ直ぐに伸ばしてまだ巻き付けてるわけでもない、枝数もまだまだ少ない
しかし陽の光を浴びられるようになったので枝の伸びと花付きがかなり良くなった
ちなみにここは庭の裏側で、正面からは殆どグラハムは見えない。汗
今年はグラハムにかなり楽しませてもらった、来年はさらに充実してくれると嬉しい


c0278671_19353148.png にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-10-04 23:01 |  グラハムトーマス

日陰の薔薇 グラハムトーマス未公開写真とその後

暫くブログをお休みする予定でしたが、書けそうなので引き続き昨年の一番花の未公開写真の紹介の続きをしたいと思います


グラハムトーマス、イングリッシュローズで初めて薔薇の殿堂入りを果たした品種
黄色と一口に言ってもレモン色では無く、山吹色の温かみの有る色相の薔薇だ。

c0278671_13500505.jpg


上の写真とは違う花だが退色すると淡くなりレモン色になる
ティー香を有しており、その香りは甘味があまり無く本当の紅茶の茶葉のような香りに驚いたことを覚えている
ティー香の品種は元々強い香りでは無いが、家ではあまり香ってくれる事が少ない
c0278671_13501437.jpg

ツルとして扱えるシュラブローズで樹勢が良く半日陰にも耐え伸びてくれる・・・
はずだったが

自分はやはり初心者だなと思い知らされる結果となった
上から覆うほどでは無くても樹木の側で、更に宿根草が周りに生い茂る中に半日陰でも成長できると信じ植えていた
実はこの品種は前々から気になっていたものの黄色い薔薇を庭に入れるつもりが無く、迎えるつもりは無かった
しかし割引されて売っているのを見てつい連れ帰ってしまったのだった。汗

しかし咲くとさすが殿堂入り品種、とても美しい
僕は黄色の薔薇が嫌いな訳ではなく、庭全体の雰囲気からあまり黄色を増やさないようにしていただけで
黄色の薔薇自体は好きでまだ欲しい品種は有る。

普段は草花や薔薇の配置は日当たりをよく考えているが突然迎えた経緯もあって空いていた場所に植えてしまった
さすがに日陰にある程度強くても一日木漏れ日では元気に育たない。
特にグラハムの植えてあるのは庭の奥手なので樹木や高性の宿根草に覆われているのだった。汗
ツル性が強いようなのでちょっとシュートをニューんと伸ばしてくれれば日が当たるので大丈夫だと思ったがそれが誤算だった

クライマーのようにはツルを伸ばしてくれない。汗

c0278671_13502273.jpg
一昨々年の夏に迎え昨年で二年目のグラハムトーマス(今年は3年目)
隣の宿根草は肥料をあげると2mほどにも伸び、その他のグラハムの周りの宿根草殆どグラハムよりも大きい。
更にグラハムの上が空いているのでどんどんグラハムの上に覆いかぶさるように伸びてくるのだった。汗
なので昨年は周りの草花の施肥を中止し近寄ってきた草花を間引き引き寄せ、そして手前で大きく覆っていた草花は知人に譲った。

そうして二年目の秋になってやっと長いシュートを伸ばしてくれた・・・でもちょっと伸びる時期が遅い・・
長く伸びれば日当たりに出るので、最初は鉢で育てて伸びてから植え付ければ良かっただけの話だった、反省。
でもこの伸びたシュートが冬を越せればこれを大事に育てればきっともっと樹勢がついてくれるはずだ。
来年からの成長に期待。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプすることなく観覧を続けることが出来ます)
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
      にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-02-05 14:44 |  グラハムトーマス

ジュード ジ オブスキュア 未公開写真とその後

ジュード ジ オブスキュア2013年の未公開だった写真と昨年の成長。
この薔薇はブログの名前に使うほど気に入っている薔薇だ

この薔薇の写真を初めて見たとき、このバラは本当に薔薇なのか目を疑った。
その頃薔薇の事など殆ど知らなかった上にバラといえば高芯咲きのバラというイメージだった

このディープカップのコロンとして咲き方、そしてこの何色とも言えない花の絶妙な色合い。
黄色とアプリコット、時にはピンクも合わせたような色合い
昔で言うクレヨンの肌色のような色合いで咲く事もあり非常に珍しい色合いだと思う。

バラ以外の草花でもこの色合いは珍しいだろう
その色が退色した白っぽい色合いの花と一緒に咲く写真が美しく迎えることを決めた。

昨年の秋に紹介したすべてのバラにタグ付けを完了させたが
この薔薇は何色に入れてよいのか凄く迷った、結局黄色の薔薇に入れてしまったが
僕の中ではこのバラは黄色でもアプリコットでもなくジュード色だ。笑

確かこの薔薇はERではモーティマーサックラーに続いて二番目に迎えた品種で三年目
元々花付きや四季咲き性が特に良いと言える品種では無いせいか
初年度の春は数輪しか花を見ることが出来なかった

しかしこの独特の色合いとそこに備わった非常に濃厚な香り、それを実際に堪能できた初年度は
とても感動し、それと共にイングリッシュローズに夢中になってしまった。

c0278671_16213634.jpg

開き始めは黄色味が強く出る事が多いようだ

c0278671_16223872.jpg

しかし暫くすると淡いなんとも言えない色合いに変わって行く。

c0278671_16225113.jpg

写真だけではこの薔薇にまさかあの濃厚な香りを有しいるだなんて想像もつかない

甘いだけはなく、熟したフルーツのような香りにワインの香りを混ぜたような・・

とても濃厚な香りだ、きっとこの薔薇の香りを嗅いだことのある方は
この写真を見ただけで香ってくるような気がするくらい記憶に残る香りだろう。

c0278671_16231955.jpg


昨年は非常に黄色味が強く出た年だった、それまではこれほど強く黄色が出たことが無かった
左上に見えるピンク色はブラザーカドフィール、日差しで花弁がくっついてしまっている
しかしジュードは全然平気だ、雨や強い日差しにも強い品種である事が判る。

c0278671_16233770.jpg

家だけなのかはわからないが、この品種は花の高さがなかなか揃えられない品種だ
シュラブローズだが昨年の一番花まではブッシュローズとして育てていた

しかし毎年強く長く伸びるシュートが出てくる
昨年も秋までに強く長く伸びるシュートが出た。

一番花の高さが揃わない事、それとシュラブ系統に見合った強く長いシュートが出る事
そしてもっと花が見たいのでポール(丸太)仕立てにしてみることにした。
次の一番花がどうなるのか楽しみな品種だ。
c0278671_16250664.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-17 09:00 |  ジュード ジ オブスキュア

ジュード ジ オブスキュア秋の花。

ジュードが秋の花を咲かせてくれた
このバラは春の花も秋の花もそれほど変わりの無いバラだと思う・・・と思って春の画像を見たらずっと花色が淡かった、人の記憶は当てにならない物だ。笑
しかし春も秋もコロンとしたディープカップに濃厚な香りが楽しめる、香りの面では期待を裏切らない信頼できるバラだ。
c0278671_1838294.jpg


樹勢も良く毎年ベイサルシュートを上げてくれる、耐病性も良く申し分無いが、返り咲き性と春以降の花付きはそれほど良くない。

黄色とクリーム色を混ぜたような色合いの蕾から始まる。
c0278671_1839158.jpg

夏にポチポチっと返り咲いたと思ったらその頃ぶっといベイサルシュートを上げる、そのシュートには秋に蕾を付けないので花は少ない。

c0278671_1839351.jpg


最近の雨、そして強い風の日で写真の花たちはポキっと折れて下を向いてしまった。涙
そのままにしておくと萎れてしまうので、折れた枝は切り取って生ける事にした、これにて今年のジュード花は強制終了。
でもまた来年、変わらずに濃厚な香りを振りまいてくれるだろう。
c0278671_18395740.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-10-14 14:59 |  ジュード ジ オブスキュア

秋の黄色

昨年は夏までしか返り咲きしなかったグラハムトーマスが美しい秋花を見せてくれた。
c0278671_1831175.jpg

黄色のバラはあまり好きではないが、このバラの黄色は好きだ
D・オースチンの黄色のバラはとても良い黄色の薔薇が多いと思う。

春の山吹色とはまた違った色合いで咲き出したグラハムトーマス。
c0278671_18281737.jpg



c0278671_1894859.jpg




白っぽく退色し透き通るような黄色がとても美しい。
c0278671_1811172.jpg


c0278671_18105933.jpg

花数は20輪弱と少ない、がそんな事よりもずっとブッシュローズのように伸びなかったグラハムが今年やっとシュートを伸ばしてくれた事が嬉しい、今まではこのバラは本当にツルなのか?と疑っていた
旺盛な樹勢だと思ってあまり日当たりの良くない場所に植えていた、夏を過ぎると草花の影になってしまいどうしたものかと思っていたが、これでやっと草花の上で日に当たることが出来るので樹勢も良くなってくるだろう。

何故か家では春よりも秋の方が花弁数が多く、花経も大きいようだ。
c0278671_18103653.jpg


そして更に退色が進む、秋のグラハムは長く楽しめる、そして言葉では言い表せないほど美しい。
c0278671_18302114.jpg


c0278671_18304650.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-09-25 15:08 |  グラハムトーマス

グラハム トーマス

グラハム トーマス Graham Thomas
作出  1983年 ER ツルにも出来るシュラブ

故グラハム・トーマス、オールドローズの収集家、モダンローズがもてはやされた時代に忘れされらたオールドローズを少しずつ集め自身でローズガーデンを作り、美しきオールドローズの存在を世に広めたバラ好きにとっては偉人である。

このバラはイングリッシュローズで初めてバラの殿堂入りを果たしている品種である
グラハムトーマスと共にオールドローズ好きで友人であったデヴィッド・オースチンにより友人でイングリッシュローズの誕生に貢献したグラハムトーマスの名前を付けたバラである。


咲き始めはピュアな山吹色をしている、今では似たようなバラが存在するがこのバラの山吹色は非常に美しく引き込まれるような色に目を奪われる。
c0278671_20404773.jpg

c0278671_2041776.jpg

開くとシベを覗かせる
c0278671_20413079.jpg

c0278671_20414781.jpg

一輪咲きから多くの蕾を付けた房まで様々だが春は花付きが良い、花持ちは二日、持っても三日程度だろう。
退色すると淡いレモン色になる。
c0278671_20422638.jpg

c0278671_20435862.jpg

家で唯一の黄色いバラであるこのグラハムトーマス、四季咲き性はあまり良く無いが耐病性もそこそこ良く香る時ははっきりとしたティーの茶葉の香りがする、これには正直びっくりした。
つるバラとしての利用が多い、だが何故か家のグラハムトーマスは伸びない。汗
まるでブッシュ、後ろの草花の方が大きいのが分かるだろうか、なんとか大きくなってくれなければ夏までに草花に埋もれてしまう。涙
今年も大きく伸びる事なく、また草花の影に隠れてきている、秋には挽回しれくれるといいのだけど・・・
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-08-15 16:37 |  グラハムトーマス

極上の香り ジュード ジ オブスキュア

ジュード ジ オブスキュア Jude the Obscure
作出  1995年 ER 中型のシュラブ

c0278671_2014849.jpg


c0278671_2043026.jpg


c0278671_205256.jpg

ジュードジオブスキュア、このバラはブログの題名に使っている程のお気に入りの品種だ。
黄色っぽい蕾から始まるディープカップ咲き、咲き進むと何とも言えない色に退色して行く。
ベージュでもない、アプリコットでもピンクでもない、昔のクレヨンで言う肌色のような色にほんのりピンクと白を合わせたような色だ。
高芯咲きしか知らなかった僕にはとても衝撃的な出会いのバラだった
c0278671_206210.jpg

何より凄いのはこのバラに備わっている濃厚な香りだ、強烈なシトラス香の混じったグアバと、甘口の白ワインを思わせる香り、とあるが・・・難しい香りの判別はよくわからない。汗
とにかく熟したフルーツのような濃厚なとても良い香りで、香りを嗅いだ後にはため息を漏らさずにはいられない。
c0278671_2063439.jpg

今年は花は沢山咲いてくれたがサイドシュートが株の手前で勢い良く伸び、そのシュートの処理を怠っていたら手前が高くシュートで株を遮ってしまって失敗だった。
c0278671_2074522.jpg

花一輪がどのくらい花持ちが良かったかは覚えていないが、花期は割と長かったと思う。
c0278671_2010153.jpg

耐病性が高く株が落ち着けば樹勢も良くなる、
c0278671_20121762.jpg

このバラは開くまでは黄色が強いが、意外にも黄色いバラのイメージも無ければ僕の中では黄色いバラのカテゴリーにも入れていない、ジュードジオブスキュアは独特の魅力を持ったバラ、ジュードはジュードなのだ。
c0278671_2013049.jpg

c0278671_20203584.jpg

バラであって、バラとはまた違った魅力の世界へ誘ってくれるような特別な雰囲気を持ったバラだと僕は思う。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-07-18 17:47 |  ジュード ジ オブスキュア