<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

シャリファ・アスマ 未公開写真とその後

シャリファ アスマ、イングリッシュローズ名花、昨年の一番花の頃の写真
c0278671_22115996.jpg
美しい容姿のブッシュ型の薔薇、完全四季咲き性の薔薇で伸びる枝にほぼ必ず蕾を付ける
春の一斉開花は見事でイングリッシュローズを栽培していて本当に良かったと思えるほど素晴らしく美しい花
そしてフルーツ香の強香、しかし甘いだけではなくオールドローズによくある酸味の強い香りがすると思う。
c0278671_22131129.jpg
大小の刺で覆われた枝は掴みどころが無く扱うのが大変だが、そろそろ刺にも慣れてきて
様々な薔薇の刺を見るうちにこの薔薇の大小の刺はなんとも扱いにくいが、とても愛らしく思えるようになった
規則正しく大きな刺が生えているよりも僕は好きだ、規則正しく生えている刺はトゲをかわせば掴むことが出来るが
何故かこの大小様々な刺がたくさん有る枝の品種が好きなことが多い。
例えばムンステッドウッド、フォールスタッフ、バロンジロードラン、そう特に赤バラに多い刺のつき方だと思う。
確かハンドブックにはオールドローズのようにと書かれていたのを見たので
もしかしたら僕の所有するオールドよりも更に古いオールドにはこの刺のつき方の薔薇が多いのかも知れない
c0278671_22123722.jpg
ブッシュローズなので最終的な樹高は1.2m強で細い枝にも花を付けるが
やはり勢いの良いシュートに付ける花は紹介している写真のように大輪の豪華な房咲きで見応えがある。
この薔薇は自身をしっかりと主張する薔薇だと思う

c0278671_22121929.jpg
この薔薇は中心がピンクで外側の花弁が淡いピンク~白で咲くバラだが
純粋なピンクでは無く二枚目の写真を見ると判るようにアプリコットがかっているピンクで咲き出す事が多い
上の写真を見ると花弁の奥に薄ら黄色が入っているのが見えるだろう、きっとその時の黄色の色素の出方で花色が左右されているのだろう
下の写真は純粋なピンク色で外側が白い花、朝露を纏ってとても綺麗に咲いている
c0278671_22125968.jpg

上の房が開ききった状態、奥の薔薇はラ ローズ ドゥ モリナール

c0278671_22124866.jpg
残念なことに昨年の春の一番花の前に鉄の管を株の真ん中に倒して枝を失った為、一番花から株を麻紐で寄せる事になったが
本来なら自立できるのでそんな必要はないはずだ。

さて、昨年のシャリファアスマは毎年だが順調に生育して少しずつ株を太らせている
四季咲き性の高いブッシュローズは一年でそれ程極端な成長を見せないが、この薔薇は毎年安定している
耐病性はそれなりなようだが、家は場所のせいか全く病気にはなっていない
(もちろんの事ある程度薬剤散布しての話です。)
次のシーズンにまた会えるのが楽しみの薔薇だ。

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプすることなく観覧を続けることが出来ます)
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
                                  にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-31 09:00 |  シャリファ アスマ | Comments(4)

薔薇の香りの強さについて

前回の記事でお伝えしたように自分の所有している品種で
芳香を確認出来ている物を芳香の強さを分けて紹介したいと思う。
カタログや販売店でも香りの強さは紹介されているが
紹介する場合は強香と書いて売り出した方が
中香や微香と記載するより売れることは間違い無いだろう

記載が間違いでは無いだろうが、強香と記載されているのに香らない
香りが思ったより薄いなどと感じる方は多く居ることだろう
そんな僕も開花を楽しみに待っていた強香と記載の有った薔薇の芳香の弱さ
もしくは香らない状態にアレ?と首を傾げてしまう事はよくある。

前回の記事でも述べたようにそこに香る条件という物も入ってくるだろうとは思うが
家の条件下での薔薇の芳香の強さを記載しておきたいと思う。

まず、概ね開花する度いつも強香で一輪でもかなり強く香っている物、超強香種と呼ばれる薔薇。

ガートルードジェキル ER
  ジュードジオブスキュア ER
       フランシスデュブリュイ OR T

見た目の印象とはうらはらに濃厚で複雑な素晴らしい香りを放つジュードジオブスキュア
c0278671_18395740.jpg
おそらくここにコンテドシャンボール OR Pも入るだろう

意外にも超強香と言える品種は少ない・・・

続いて強香種だと言っても良いと思える品種、咲く度に香りがしっかりと確認できるもの。
                        アンブリッジローズ ER
                        アブラハムダービー ER
                        ジェネラスガーデナー ER
                        ジェントルハーマイオニー ER
                        シャリファアスマ ER
                        ジュビリーセレブレーション ER
                        ストロベリーヒル ER
                        セプタードアイル ER
                         フェアビアンカ ER
                                 プリンセスアレキサンドラオブケント ER
                           ブラザーカドフィール ER
                             イングリッシュヘリテージ ER
                                            ヤングリシダス ER
                            レディエマハミルトン ER
                         マダムイサークプレール OR B
                           ブールドネージュ OR B
                         ナエマ Del
                         ローズポンパドゥール Del
                         シャンテロゼミサト Del
                         ブリーズ Del
                         ラローズドゥモリナール Del
                         ソニアリキエル Guillot

この中でもシャリファアスマ、レディエマハミルトン、ラローズドゥモリナールは条件によってはかなり強く香り
超強香種にせまる強い香りを放つ。


イングリッシュローズ屈指の素晴らしいフルーツ香を放つレディ エマ ハミルトン
香りのブレンドは素晴らしく、おそらく一番万人受けする香りではないかと思う
家ではダマスク香はちょっとキツイとかミルラ香は変な匂いとか言ってくれる贅沢な家族がいるが(怒)
フルーツ香は家で一番人気、僕もこのレディエマハミルトンとラローズドゥモリナールの放つフルーツ香は特に好きだ。
 
c0278671_13554056.jpg
イングリッシュヘリテージ、花は短命で有名だが一輪の一瞬の美しさでは花もちの良い品種に勝っても劣ることは無い
そしてミルラを基調としたフルーツ香が素晴らしく、貝を並べたような花びらは見ていると吸い込まれるようだ
c0278671_13533912.jpg




ある程度香る薔薇、良い香りがする、花が多く咲き乱れると辺りが香りに包まれるように香ってくれるであろう僕には中香~強香の間の品種
しかしここに記載した品種は条件によっては強く香る事もあるだろう。
                       アランティッチマーシュ ER
                       モーティマーサックラー ER
                       ウィリアムモリス ER
                                グラハムトーマス ER
                       ナエマ Del
                       デュセスドゥブラバン OR T
                       マダムピエールオジェ OR B
                       レーヌヴィクトリア OR B
                       バロンジロードラン OR HP
                       ソフィーズパーペチュアル OR Ch
                       ルイーズオディエ OR B
              

       モーティマー サックラー、この中では香りは強い方だろう
一輪一輪が強く香っているわけでは無いが香りは確認でき、一斉に咲き誇ると辺りを薔薇の香りで包む
         
c0278671_13561128.jpg



強香種のはずだが条件が合ってないと全く香らなく、条件が合えば時々しっかり香っている品種
                         フォールスタッフ ER
                         ムンステッドウッド ER
                         ロイヤルジュビリー ER
                         エモーションブルー(ローズシネルジック)Del

ムンステッドウッド、この写真を見るだけでウットリするくらいお気に入りの品種。
ビロードのような花弁を持ち、赤~紫色に退色し色がとても深く黒っぽく咲く薔薇
見るからに濃厚な香りがしそうだが、常に香っているわけではない、気まぐれに強く香っている
それでもお気に入り
c0278671_13565265.jpg

わずかに香りを感じる事が出来る品種
                             グラミスキャッスル ER
                             パレード E S Boerner
                             ニュードーン Somerset Rose Nurser
                             ルージュピエールドロンサール Meilland

ニュードーン、白い紙にピンクの水彩絵の具を垂らしたようなパールピンクの優しい色合い
柔らかに咲く容姿とはうらはらに超強健種として知られる
ほんのり香っている程度だがリンゴのとても良い香りがした、リンゴの香りを強く放つ品種が有ればほしい
c0278671_13572091.jpg


全く香ってないと感じる品種、この辺の品種の香りを識別出来る人はかなり鼻が良いと言えるだろう。
                           グレイス ER
                           クイーンオブスウェーデン ER
                           クレアオースチン ER
                           ジェフハミルトン ER
                           チャールズレニーマッキントッシュ ER
                           レディーオブシャーロット ER
                           ブラッシュノアゼット OR N(バラの香りとは思えない)
                           アイスバーグ Kordes
                           ピエールドロンサール Meilland

チャールズレニーマッキントッシュ、昨年迎えたばかりの品種なので香りの評価をするのもどうかと思うが
おそらくずっと香ってくれないと思ったので記載した
香りのない品種は花付きが良い事が多い
この薔薇も見てわかるようにとても細い枝にも花を咲かせる花付きが優秀な薔薇、次の一番花が楽しみだ
c0278671_21172635.jpg

フロリバンダのアイスバーグ
香りは無いが、花付きの良さと群を抜く連続開花性の良さで
庭の目立つ位置に植栽しているので庭をいつも華やかな印象にしてくれる。
c0278671_14072486.jpg


栽培環境や気候、株の充実具合などで香ってないと記載があっても
香ってくる事も充分考えられる、もしくは大げさに強香と記載されていて実際にはたいして香らない薔薇の場合もあるだろう
ここに記載したことはあくまで家の栽培環境で僕が感じた印象を記載したので、目安として見ていただきたいと思う。
尚、カテゴリに有ってもここに記載の無い品種はまだ香りを評価する段階にも至っていない品種です。

僕の感じた香りの強さの分類、きっと実際に栽培されている方で家の薔薇はもっと香るよ!とか家では全然香らないのに・・・
なんて思われる方も居るだろう、毎年しっかり香っているのに香りが弱いと記載されていると思った方は
ご意見を寄せてくださると今後の栽培の励みになりますので宜しくお願いいたします


バラの香りは薔薇の魅力の大きな部分を占めていると思うが、香らないからと言ってダメと言いたいわけではなく
香らなくても非常に美しい品種は多数存在している、僕自身香らなくてもお気に入りの品種は沢山ある
しかしそんなお気に入りの品種に、もしも素晴らしい香りが備わっていたのなら
どんなに素晴らしいかと、殆どのバラ好きの方がそう思っている事だろう。

補足・僕のPCでは大丈夫ですが、違うディスプレイで見ると文字列が乱れていました
原因は判りませんが拝見してくださった方で読み難かった方申し訳ありません。

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
     にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
        にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-29 09:00 | 雑記 | Comments(18)

香る薔薇


これまで2013年度の一番花の未公開写真を紹介してきたが
マンネリ化してきたので、ここでまた一息入れて今日はバラの芳香について書こうと思う


フランシス・デュブリュイ
ダマスククラシックの濃厚な香りの薔薇
一輪だけでも部屋に生ければ部屋が薔薇の香りに包まれるほど素晴らしい芳香を持つ

c0278671_15542265.jpg

僕が最初に薔薇の持つ芳香に魅了された品種はパパメイアン、メイアン社の有名な品種
フランシス・デュブリュイはメイアン社の創設者の名前を付けた薔薇。
パパメイアンとフランシスデュブリュイは黒薔薇に分類され、色合いもとても素晴らしい(上の写真は赤が強く出ている花)
パパメイアンの濃厚なダマスクモダンの芳香は素晴らしく、前に住んでいた土地で無意識に栽培していたパパメイアン
当たり前に傍に有ったパパメイアンから離れたことで、その香りをもう一度堪能したいと思った事から今現在の僕がある


薔薇に備わった芳香は薔薇を栽培する上で薔薇の魅力の大きな部分を占めている事だろう。
よく見る記述では、香りの無い薔薇は笑わない美女と一緒、と書かれるように
多くの植物の中で薔薇の香りは薔薇のみにしか存在しておらず
その香りは古代から人々を魅了し、その素晴らしさからこれほどまでに愛されるようになったのだろう
もちろん花の容姿も薔薇は類い稀な美しい容姿をしている、その容姿に相応しい香りが備わっている事で
その魅力が最大限に引き出されているのだろう、僕もそんな薔薇の容姿と香りに魅了された一人だ。

下は離れていても判る程の強い芳香を持つガートルードジェキル
c0278671_15550963.jpg


もちろん香りの無い薔薇も美しく魅力的な品種は多く存在するが
もしも薔薇に香りが備わっていなかったら、これほどまでに薔薇に夢中になることは無かっただろうと思う。

下の写真は香りが無くても花付きが良く美しく理想的な容姿で咲き、世界の多くの人を魅了しているピエールドゥロンサール
c0278671_15331952.jpg

香らない薔薇にも魅力的な品種は多く存在するが、古くから芳香性の薔薇が特に愛されてきたように
香る薔薇が有ってこそ香らない薔薇も素晴らしいと思えるのだと思う。



薔薇の香る条件と言うのは未だ理解出来てないが
一番花の頃は概ね午前中朝日が昇り、花に陽が当たり温められると花弁から香りが発散され
陽が高くなる昼ころには発散するのを止めてしまっているようだ。
しかしこれ以外にも香る条件は有るようで一様には言い切れない。

次回は自分の所有している薔薇で香りを確認できた品種を強さ分けで紹介しようと思う。
・・・こちらをメインで書こうと思っていたが前置きの方が長くなってしまったので今日はここまで。汗

これは余談だが、僕は香水の香りが苦手で強い香水は頭が痛くなる
自然の花の香りは頭が痛くなる事は無くとても良い香りだと思う、特に薔薇の香りには癒される
バラの香りは香る花の中の芳香の強さとしては超強香と言われていても百合やラベンダーなどの香料を取る花の香りの強さと比べると
かなり弱い、よって精油を作るのにも大量のバラの花が必要になり精油を使った香水はそれ故に非常に高価になってしまうわけだ。

バラの香りがする商品は多く売り出されていて、たまに香ってみるがどれもこれもバラの香りとは程遠く
何を意図してバラの香りを名乗っているのだろう?と不思議に思う
冬の間は薔薇の香りを楽しむことは出来ないので、精油以外で本物の薔薇の香りに近い香水について調べて見たことがある。

そこで一番名前が上がっていたのが
[パフューマーズ ワークショップの TEA ROSE]というオードトワレ
もう作ってないらしいがAmazonや楽天のネットショップでは簡単に手に入る。
意外にもとても安価だったため試しに妻にプレゼントしてみたが、この香水(オードトワレ)は本当に本物の薔薇にかなり近い香りがする
植物特有の青臭さまで表現されているのには驚く、慣れてくるとやはり少し作った香りがするがかなり近い香りだ。
ダイアナ妃が長きに渡り愛用していたことや、ニコール・キッドマンがシャネルの香水のプロモーションで
このTEA ROSEを愛用していると言ってしまった事も有名なようだ
女性は香水に詳しいので紹介するまでも無いだろうが、知らなかった方はこれは試す価値があると思う。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
      にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-27 09:00 | 雑記 | Comments(8)

クレア オースチン 未公開写真とその後

クレア・オースチン一番花の未公開写真とその後
この薔薇は当初迎える気が無かったが、H・Cでアブラハムダービーだと思って連れ帰った苗が
実はアブラハムダービーではなく、このクレアオースチンだった。

イングリッシュローズの角鉢に入って売られていた事からイングリッシュローズの白薔薇である事
そして花の容姿と樹形からクレアオースチンだと断定した、その他にもクレアオースチンで間違いないとコメントも頂きました。
迎える気が無かったとしても話題になっていたイングリッシュローズの白バラと言う事も有って
気になる薔薇だったので迎えることが出来て結果オーライだった。
c0278671_13261176.jpg

蕾の状態
c0278671_13223462.jpg
色付いた蕾はレモン色で強く発色する、咲いた花も真っ白ではなく
黄色がかった白、もしくはクリーム色の薔薇といった感じ
退色すると真っ白になる、一番花が終わる頃に咲く花も真っ白で咲く。
c0278671_13224722.jpg

淡い色で咲いたシャルロットか?と思うほど全体に黄色味が強く出た花。
c0278671_13232517.jpg
この薔薇は遅咲きの分類に入るだろう
咲き始めはどのバラもゆっくりで最初の一輪が開くのには時間がかかる
今にも開きそうに順番を待っている多くの蕾達が早く開いてくれないかと心弾むひと時。

ここからは最初の一輪が開ききるまで追って記録していたもの
・・・左の蕾にアブラムシが・・
c0278671_13234125.jpg

アブラムシは撃退した。

c0278671_13222140.jpg
c0278671_13225502.jpg
またアブラムシが・・・
c0278671_13220999.jpg

アブラムシは撃退し、花は全開、蕾が色ついてきた

c0278671_13231460.jpg
クレアオースチンはオールドローズの容姿でもモダンローズのオールド風でもなく
イングリッシュローズの白薔薇の中でもっともイングリッシュローズらしい花の容姿の薔薇だと僕は思う
コロンと丸くカップ&ソーサーで咲くその容姿
柔らかなシュラブ樹形に中輪より大きい花、素晴らしい花を咲かせる


一番花の終わり頃、真っ白に咲くクレアオースチン
c0278671_13240416.jpg
とても美しい白薔薇だ、出回った頃は評判は高かったようだ
しかし株の中で最初に咲き出した花こそゆっくりだったが、咲き進むと花の命は短くあっという間に花が終ってしまった。汗
花が早く散ってしまうので花数の多さでカバーすると言った品種だろう、イングリッシュヘリテージのような品種だが
イングリッシュヘリテージのような存在感は無い、あまり印象に残らずあっという間に終わっていた・・・
北海道と言えども一番花のしかも遅咲き品種が咲く頃には、日中の最高気温は30度くらいになる
そして僕の住む札幌の一番花の時期は丁度夏至の頃、暑い日差しが長々と照りつける
よって強い日差しに弱い品種はちょっと辛い、クレアオースチンは日差しにはそれほど弱くないが
花の短命さからこういう品種は年中涼しいイギリスのような気候が本当は合っているのだろうと思う。

それとこのバラには独特のミルラを貴重とした香りが備わっているはずだが
何度も香りを確認したが残念ながら一度も香った事がない。汗

この薔薇は春の一番花の花付きはとても良く秋にも結構返り咲く
しかし夏花は咲いたとしても一番花の花の短命さを知っていたら咲かせる意味もないだろう。

美しい花の容姿とはうらはらに強い樹勢と耐病性を兼ね備えており非常に安心感のある薔薇だ
病気で弱って枯れてしまうような事は殆ど無いだろう
実際に育てていても長いシュートも伸ばしてくるので、D・A社のハンドブックにも載っているようにショートクライマーとしても使えそうだ。
強い日差しの当たる条件が良くないのかと、この薔薇は一番花が終わってから
その強い性質に頼り南側の主庭から東側に時期はずれの移植をしてしまった
しかしその目論見は当たっていて、夏の暑さで弱ったが持ち前の強健さで秋までには回復し花を見せてくれた。

移植をしたので大きさは殆ど変わらずだが、上手くいけば来年も同じくらいの花数は見られるだろう。


もうここには無いが記念に、遅咲きのバラと一緒に咲くクレアオースチン(手前白)
c0278671_13245322.jpg
ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプすることなく観覧を続けることが出来ます)
  にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
      にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-25 09:00 |  クレア オースチン | Comments(6)

薔薇の中で泳ぎたい クイーンオブスウェーデン未公開写真とその後

薔薇の中で泳ぎたい
何故この題名かと言うとこの写真のせい。

c0278671_17525555.jpg
クィーンオブスウェーデンは真上を向いて咲くカップ咲きの花
故に雨が降るともろに雫が花の中に入る
そしてそれをタップリと花弁の中に包み込みプールのようになる
花が傷んでしまうので困りものだが
このひと時がとても美しく暫し見入ってしまう。

少しこの姿を楽しんだ後はブンブンブンと枝を振り少しでも傷まないように水を振り払う。

下はクィーンオブスウェーデンの全体像、左右に分かれているがどちらも同じ株
花枝を切り取った跡が結構見られるので一番花の最後の方の花だろう
見ると判るように真っ直ぐに伸びとても行儀が良い薔薇だ
左後ろはクレアオースチン
クレアオースチンは自然樹形のように見えるが長く伸びたシュートを左側の枝にも括りつけてある
c0278671_17530808.jpg
クイーンオブスウェーデンは直立性のブッシュ、では無くて分類は直立性のシュラブだ
何故シュラブに分類されるのかよく解らないが、この薔薇は僕の中ではブッシュの薔薇

ハイブリッドティーローズやフロリバンダだと直立性で上を向いて咲くのは
当たり前で特に珍しい事では無い
しかしイングリッシュローズでしかもシュラブローズでこの樹形と咲き方は稀だろう

はっきり言ってこの薔薇はフロリバンダだと思って良いと思う
何がフロリバンダと違うかと言うと四季咲き性が弱い。汗
その上見た目によらず凄い伸長力が有り、そこがシュラブと呼ばれる所以だろう
しかし伸ばしても花が俯くことはおそらく無いので
放置状態のクィーンエリザベスのようになってしまうと想像できる
でも枝は剛直にはならないのでそのまま立っていられるかは分からない。

春には多くの花を房で咲かせるが、夏にそれなりに返り咲きそれ以降はポチポチ咲く程度で
一斉開花は望めない
中香らしいが僕にとって中香は無香と同じで全く香らない。

c0278671_17531668.jpg

だからと言っても良いところも沢山有る。
この薔薇は見た目によらず非常に強健かつ耐病性が良い
生垣にしてトリマーで刈込む程強い薔薇なようだ。
樹勢が良く、通年して安定しているので毎年春には約束された美しい花の房咲きが楽しめるだろう

そして直立性の花は中輪で7~8cm程度、切花にするにはもってこいの品種だ
花もちが良いと記載が有るが、イングリッシュローズの中では良い方なのかも知れないが
僕はそれ程花持ちが良かった記憶が無い。汗
それに本当にこの形のままバサっと花が散るのでちょっとビックリする。

枝が細く俯いてばかりいるイングリッシュローズを切花にして飾るのにちょっと困っている方には
イングリッシュローズらしい花の容姿を持つこの品種は特にオススメだ。

さてクイーンオブスウェーデンは昨年で三年
とても安定している、ベイサルシュートも毎年出すし株は年々太ってきている
四季咲き性は先に書いたように春の一斉開花以降は夏はそれなり秋にポツリポツリと咲くくらい
秋に咲いたのは昨年が初めてだった
次の一番花のシーズンも房咲きで花を沢山見せてくれるだろう。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
    にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
        にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-23 09:00 |  クィーン オブ スウェーデン | Comments(10)

夜明けのジェントル ハーマイオニー 未公開写真とその後


前回に引き続き一番花の公開してなかった写真をご覧頂きたいと思う。
今日はジェントル ハーマイオニー 。



一番花の頃は日が高く、気候の良さと日の長さ、一番花が咲き出すと言うの気持ちの高揚も有ってか
毎年早く目が覚める、寒く日の短い今となっては朝はめっきり起きられない。
下の写真は夜明けの時間のジェントルハーマイオニー
日の昇る少し前の辺りがほんの少し明るくなってきた頃の写真

c0278671_12100443.jpg
たまに聞こえる鳥のさえずり、それと自分自身の出す音くらいしか聞こえない静寂に包まれた世界。
そして散歩するお爺さんの足音・・・これはいらなかった。汗
この時間に見る薔薇はなんとも美しく いつもとは違った表情の花を見ることが出来る。
c0278671_12092625.jpg

c0278671_12091778.jpg

c0278671_12094526.jpg


ちょっと花弁の枚数が少ないがとても柔らかな雰囲気を持った薔薇だ。

c0278671_12101126.jpg

下の写真からは少し明るい時間帯の様子
この薔薇は淡いアプリコットからピンク色になり、最後は白くなって花を終わらせる
咲き出し以降はかなり色が淡く白薔薇のようにも見える薔薇だ。
c0278671_12090939.jpg

c0278671_15514710.jpg

咲き方や色に派手さは無く自らをあまり主張しない品種だが美しい花を咲かせ、マットで中間的な明るさのグリーンの葉がとても良い
花もオールドローズ的な柔らかい色合いと質を持っているが
花の形がやはりイングリッシュローズ的で中輪だが10センチくらいある。
c0278671_12085985.jpg


ジェントルハーマイオニーはミルラを含むオールドローズの香りと記載が有ったが
一番花は強く香ったがその香りは独特で好みが別れる所だろう
秋の花も強く香っていてが、秋の花の香りはとても素晴らしいローズ香を漂わせていた。
樹形はシュラブで枝は柔らかく自立しにくい為、短くして育てるか何かに括りつけて育てた方が良いと思う。

c0278671_12093697.jpg
昨年のジェントルハーマイオニーは一番花こそ綺麗に沢山咲いてくれた
しかし夏の花は貧弱で別の品種なのかと思うくらいだった、よって一輪以外は咲かせていない。

僕の住む辺りでは6月~7月一杯くらいまで乾季と言って良いほど土を湿らせてくれるまともな雨が降らない。
庭土でも深くまで乾燥してしまう事が多く、時間をかけてタップリ水遣りを行うがそれでも追いつかないくらいだ
ジェントルハーマイオニーは非常に耐病性が高く、殆ど病気に陥ることは無い
しかしハダニには弱かったようで、昨年の夏はかなりダメージを受け葉を殆ど落としてしまったので株は思うほど伸びていない。涙
秋には持ち直したがダメージが酷く蕾が持てなかったせいか数輪咲いた程度だった。
来年は何よりハダニ対策が必要だろう・・・


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプする事なく別ページが立ち上がります)
     ブログランキング・にほんブログ村へ
               にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-21 09:00 |  ジェントル ハーマイオニー | Comments(11)

ウィリアム モリス 未公開写真とその後


ウィリアムモリス、この薔薇も非常に気に入っているイングリッシュローズの一つ。
アブラハムダービーを交配親に使っている事で花の咲く過程で多彩な色彩に変化する形質を受け継いだようだ
季節の気温の色の変化だけではなく、一番花の時期のみでも多彩な色彩の変化を見せる。

僕自身は驚くような花色の変化は有るものの、その変化の仕方は交配親のアブラハムダービー程激しくはなく
概ねピンク色の薔薇の印象を持っているのでタグもピンク色に入れている。
ぱっと見の印象この薔薇はピンク色のバラ、そしてアブラハムダービーは濃い(オレンジに近い)アプリコットのバラの印象を持つ。

一番花の未公開だった写真。

ウィリアムモリスの僕の一番好きな表情で咲いているのが下の写真。
整った花の形に透き通るような花弁、そして淡く寒色系のピンク色を出している

c0278671_10591424.jpg



イングリッシュローズなのでシュラブで自然樹形でも育てられるのかも知れないが
ツル紹介に載せられているようにツル性が強く、家ではアーチに誘引している
最近は短めのつるバラとして紹介されているが、家のアーチはバラ園のような大きな物では無いので十分だろう

ピンク色で咲き出した写真。
c0278671_10594758.jpg

ピンクで咲き出した、と思ったら淡いアプリコットになり白っぽく退色している。
しかし最初に咲き出した花以外はまたピンク色で終わる事が多い不思議なバラだ。
c0278671_11001337.jpg


c0278671_11002364.jpg

春と秋は非常に沢山の蕾を持つ房咲きになる、花経は7センチ~10センチ程度の中輪
香るときは甘いティー香を放つ
c0278671_10593653.jpg
まるでアブラハムダービーのような色合いで咲く事があり驚く、概ね咲き始めの頃にアプリコットが強く出て
その後はピンク色の花が多く出て落ち着くと思う。
c0278671_11204563.jpg
極端な日差しや雨で傷むことが無ければそのほぼ全ての花が整った形で咲いてくれる
花がらを切り取っている程度で春と秋には沢山の花を付けてくれる優秀な品種。
夏にも花は咲いているが特に記憶に無く、咲いたらすぐに摘み取るもしくは摘蕾している
c0278671_10592595.jpg
全体に淡くなったウィリアムモリス、この感じも雰囲気が有って良い。
c0278671_10595804.jpg
植え付け二年目の昨年秋までのウィリアムモリスは、隣に植えてあるフォールスタッフに樹勢は及ばなかったものの
順調に成長を続けている、2mは超えているが僕としてはもう少し伸びて欲しかった
短めのツル薔薇の紹介になっていたのでこの程度なのだろう

次のシーズンには更に庭の景観を作ることに貢献してくれるだろうと期待している。

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-19 09:00 |  ウィリアム モリス | Comments(8)

ジュード ジ オブスキュア 未公開写真とその後

ジュード ジ オブスキュア2013年の未公開だった写真と昨年の成長。
この薔薇はブログの名前に使うほど気に入っている薔薇だ

この薔薇の写真を初めて見たとき、このバラは本当に薔薇なのか目を疑った。
その頃薔薇の事など殆ど知らなかった上にバラといえば高芯咲きのバラというイメージだった

このディープカップのコロンとして咲き方、そしてこの何色とも言えない花の絶妙な色合い。
黄色とアプリコット、時にはピンクも合わせたような色合い
昔で言うクレヨンの肌色のような色合いで咲く事もあり非常に珍しい色合いだと思う。

バラ以外の草花でもこの色合いは珍しいだろう
その色が退色した白っぽい色合いの花と一緒に咲く写真が美しく迎えることを決めた。

昨年の秋に紹介したすべてのバラにタグ付けを完了させたが
この薔薇は何色に入れてよいのか凄く迷った、結局黄色の薔薇に入れてしまったが
僕の中ではこのバラは黄色でもアプリコットでもなくジュード色だ。笑

確かこの薔薇はERではモーティマーサックラーに続いて二番目に迎えた品種で三年目
元々花付きや四季咲き性が特に良いと言える品種では無いせいか
初年度の春は数輪しか花を見ることが出来なかった

しかしこの独特の色合いとそこに備わった非常に濃厚な香り、それを実際に堪能できた初年度は
とても感動し、それと共にイングリッシュローズに夢中になってしまった。

c0278671_16213634.jpg

開き始めは黄色味が強く出る事が多いようだ

c0278671_16223872.jpg

しかし暫くすると淡いなんとも言えない色合いに変わって行く。

c0278671_16225113.jpg

写真だけではこの薔薇にまさかあの濃厚な香りを有しいるだなんて想像もつかない

甘いだけはなく、熟したフルーツのような香りにワインの香りを混ぜたような・・

とても濃厚な香りだ、きっとこの薔薇の香りを嗅いだことのある方は
この写真を見ただけで香ってくるような気がするくらい記憶に残る香りだろう。

c0278671_16231955.jpg


昨年は非常に黄色味が強く出た年だった、それまではこれほど強く黄色が出たことが無かった
左上に見えるピンク色はブラザーカドフィール、日差しで花弁がくっついてしまっている
しかしジュードは全然平気だ、雨や強い日差しにも強い品種である事が判る。

c0278671_16233770.jpg

家だけなのかはわからないが、この品種は花の高さがなかなか揃えられない品種だ
シュラブローズだが昨年の一番花まではブッシュローズとして育てていた

しかし毎年強く長く伸びるシュートが出てくる
昨年も秋までに強く長く伸びるシュートが出た。

一番花の高さが揃わない事、それとシュラブ系統に見合った強く長いシュートが出る事
そしてもっと花が見たいのでポール(丸太)仕立てにしてみることにした。
次の一番花がどうなるのか楽しみな品種だ。
c0278671_16250664.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-17 09:00 |  ジュード ジ オブスキュア | Comments(4)

ジュビリーセレブレーション 未公開写真とその後

さて今日からはまた一番花の画像を整理して出てきた公開していなかった写真の紹介。
非常にお気に入りの薔薇、この薔薇の写真が多くの薔薇の中で一番多かったと思う
それだけ見応え、撮り応えのある薔薇だと言う事だろう。

一番花の頃は同じような写真を沢山紹介してもしょうがないだろうと思っていたので
品種の特徴、美しさを捉えた写真のみ紹介していた
紹介しなかった写真を見ていると日々の変化を捉えた同じような写真がわんさか出てきてしまった。汗
その中でも美しい写真が結構有ったので見ていただけたらと思う。

下の写真はお気に入り。

c0278671_14484655.jpg


大輪だが春には3輪~7輪くらいの房の蕾が付き
蕾を見ているだけでウキウキしてくる。

c0278671_11562795.jpg
ピンク色の薔薇だが、花弁の奥に黄色が乗っていて
お互いの色が咲き進むにつれて退色し交わって行く事で何色とも言えない独特の花色を持った薔薇である。
サーモンピンクと紹介されている事があるが僕はサーモンピンクの薔薇では無いと思っている。
c0278671_11554270.jpg

撮った日の天候や時間帯がバラバラなので色味が写真によって変わってしまうが
それぞれの表情を見るのも良いものだと思う。
そう言えば下の写真は歓喜に満ちた表情で両手を挙げてガッツポーズをしているように見える。笑
・・・いや、そういう表情の話では無い。汗
c0278671_11555845.jpg

ギッシリと詰まった花弁には素晴らしい芳香を有している
僕には開き始めはティー香を感じる、そして酸味を含んだ素晴らしいフルーツ香に変化する

c0278671_11564460.jpg
花弁が多いので多くの花が俯く、一番花は下を向く程にはならない
秋には枝が長くなりステムも華奢になるので真下を向いてしまう
鉢栽培の場合は一番花でも下を向いてしまうかも知れないので冬選定は短く切り詰めるのが良いだろう。
c0278671_11571383.jpg

確かこのジュビリーセレブレーションの株はバラの家さんから迎えた家には珍しい国産苗だったと思う。
このバラを迎えた当時どうしても欲しくなり時期外れに頼んだが、道産子には送料を含めると最新品種並の価格に
なってしまうので注意が必要。笑
しかしどの時期に頼んでも素晴らしいバラが届くバラの家さんには感心してしまう。

c0278671_11573760.jpg
残念ながらジギタリスの花は終わっている・・・種とのコラボ。汗
c0278671_11572523.jpg
アストランティアとのコラボはバッチリ決まっている、まるで夢の中。
c0278671_11570110.jpg
やはり白のアストランティアとのコラボもとても良い感じだ。
アストランティアは年々幅をきかせてきているのでそろそろ調整が必要なようだ
黄色いのは主庭で唯一黄色オレンジゾーン以外に植えてあるアルケミラモリス
わりと大きなタイプなので薔薇との相性が良い。

c0278671_11553048.jpg
ジュビリーセレブレーションは薔薇の中でも主役と言っても良い存在感の有るバラだが
柔らかな印象の宿根草と合わせるとその魅力は更に高まってくれる事だろう。
c0278671_11551341.jpg
c0278671_11550044.jpg
中輪花のように最初に開花した花以降の蕾が一気に咲くことは無いが
沢山の蕾が上がってくれるので長いこと楽しめる。
c0278671_11545066.jpg
ジュビリーセレブレーション、最終的な樹高は1.2m程
家ではうどんこ病には強く、黒点病は夏以降に出るという印象だ
昨年はバラに黒点病が殆ど出なかったので、このバラも秋になってからほんの少しだけ下葉が黒点病になったくらいだった。
c0278671_11543979.jpg
昨年の印象は三年目を迎えたこの薔薇は株はゆっくり大きくなってきているものの
初年度や二年目のような勢いは無く、ベイサルシュートは出なくなった、サイドシュートは出ている。
元々樹勢が旺盛な方では無い、しかし緩慢な成長なわけでもなく普通の伸び方だ・・・わかりにくい。汗
花は非常に美しいが、多くのORやオールドの血を引いたERは葉も美しい品種が多いが
この薔薇はそれ程葉は美しくはなくモダンローズ的な葉を持っている。
しかし総合的に非常に優れたまさに主役と言って良い薔薇、バラに求めるものの多くを手に入れることの出来る薔薇だと僕は思う。



ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-15 19:29 |  ジュビリーセレブレーション | Comments(10)

英国ネイラー社 テラコッタ鉢



ここ最近バラの一番花の未公開だった画像をアップしている途中だが
ここで一息入れて違った話を。

テラコッタの鉢は少し所有しているがバラの栽培鉢としてはあまり使っていなかった
やはりバラの成長にはプラのスリット鉢が一番適していると思う。

しかしプラ鉢は庭の中には入れたくない、そして庭の景観は庭の植物のサイクルのみで作りたいと思っていたので
鉢を庭の中に置く発想すら浮かんでこなかった(頭が固い)
置いても養生している鉢を半日陰に入れたいなどの理由で置いていた。汗
基本鉢植えは鉢植え置き場に集約して楽しんでいた。

庭の中に入れるならテラコッタがやはり見栄えが良い、しかしテラコッタは気に入ったデザインの物が少ない
なかなか好きなデザインでバラ栽培に適した形の物を見つけられない
しかしちょっとお洒落なテラコッタが有れば庭のちょっとしたアクセントになるかな・・・と思うように。
ウィッチフォードのような高価な物じゃなくても庭の景観に合うような物が有ればいいんだけど・・・
それに妙に装飾が沢山施された鉢はあまり好みじゃないし・・・


積極的にテラコッタを探すことはしてなかったが、ある時立ち寄ったH・Cで
なんだか妙に気になるテラコッタを発見、イギリスの国旗がプリントされたタグが貼られていた。
・・・コラコラ椅子が邪魔じゃないか。汗

c0278671_15070141.jpg

テラコッタに何か刻字されていた、 YORKSHIRE FLOWERPOTS?

c0278671_15070851.jpg
それにしてもこの鉢・・・・何処かで見たような・・・・・・・・・
なんだか妙に気になるんだよな~・・・・・と思ったら

c0278671_15071448.jpg

これだった!
DAVID AUSTIN ROSESのバラのハンドブック第5版の表紙!!
これにそっくり。
まあこの鉢の刻字はDAVID AUSTIN ROSESと入っているんですけどね・・・
しかも写真だと判断しにくいが、このハンドブックの鉢はかなりデカく、バラの株が3~4本入って寄せ植えになっている。
きっと内寸でも60センチくらいは有るだろう。
見た感じのデザインや重厚感がそっくりでとても欲しくなってしまった。
・・・しかしそう思ったのは昨年の秋ころの事だったと思う。


c0278671_15073107.jpg
ちなみにこの鉢について調べたら
イギリスのネイラー社製のテラコッタ鉢のようで


※以下販売されていた業者さんより抜粋

ネイラー社は、ヨークシャー地方で粘土が発見されてから1890年に設立され、
当初は現在の経営者、エドワードネイラーの祖父によって立ち上げられました。
もともと、非常に頑丈な地下の排水管を作る会社として始まった会社です。
現在も排水管を作っていて、その技術が今では、とても強く丈夫なフラワーポットを作るのに活かされています。
 100年以上粘土を扱ってきた歴史と、熟練の職人と独自の焼成方法とともに歩んできた経験が、
完全耐霜性のヨークシャーフラワーポットのメーカーとして、イギリス国内でNO1の座を築きあげました。

ヨークシャーフラワーポットは、全て北イングランドのヨークシャー地方で作られています。
ヨークシャー地方の赤い粘土のみを原料として作られ、
ビトラフィケイション(ガラス化)として知られる方法で焼き上げられます。
焼成される間、鉢は1050℃の以上の温度で5日間焼かれます。
この製作過程の中で、鉢の中心となる部分は頑丈になり、強度が加わり、耐霜性が備わるのです。

だそうで、薄い素焼きの鉢では北海道のような寒冷地では土が凍って膨張して割れてしまうが
この鉢は-15℃まで大丈夫なんだそうです、どうりでかなり肉厚で重い。汗

昨年良い鉢だな~と思っていたが、その後すっかり存在を忘れていたテラコッタ鉢だった
たまたままた同じ店に立ち寄ったときフと思い出し植木鉢売り場に行ってみることにした
するとシーズンオフで安くなっているではないか!3割引くらいだったかな。
それもそのはず、北海道でこんな雪深い時期にテラコッタ買うヤツは僕くらいしか居ないだろう。汗
サイズは外径42cmで内径が37cm程の12号鉢くらいのサイズと
外径が33.5cmの内径が27cm程の9号鉢くらいのサイズの二つ。
本当は大きな方だけで良かったが現実的に考えて9号くらいの方がすぐに使えるだろう
12号の方にはまだ入れられるバラがない。汗
という訳で二つ買ってしまった、このサイズのテラコッタ鉢にしては普通の値段だったし
庭の中に入れられるような鉢が無かったから良いかな(またしても冬に無駄使いをする自分自身を説得)
これで庭の中に少しテラコッタを入れることが出来る。



c0278671_15072331.jpg

しかし問題が。汗
テラコッタは植え替えが面倒だ、冒頭で述べたように僕はプラのスリット鉢が鉢栽培には適していると思う
植え替えの際バラの株を鉢からそのまま引っこ抜く人はまず居ないだろう
プラ鉢であったとしても植え替えの時までに鉢の側面に根が圧着して鉢から根が抜けにくくなっている
プラ鉢の場合多くの方が植え替えの際にされているように、側面をバンバン叩き根を引き離して
それでも抜けない場合は逆さにしてヨイショ!とやると大体出てくる。笑
植え替えだけでなくシーズン途中の鉢増しなんかにはプラ鉢は大変重宝する。

しかしテラコッタの場合はそうはいかない。汗
今回購入したテラコッタはわりとスベスベしているが、多くのテラコッタは表面がガサガサしていて
そのおうとつに根が張り付いて剥がれなくなっている事が多い、ある程度無理をかけないと抜けない
その上逆さに出来るわけもなく、植え替えの際はちょっと大変な思いをする・・・
テラコッタの場合は計画的に植え込み、シーズン途中の鉢増しを考えずに植え替えのみを視野に入れて管理するのが良いだろう。

植え替え時に根が張り付いて抜けなかったらどうしようか・・・
植え替えの時、鉢と根を剥がす長いヘラでも用意しようかな・・

ま、その時考えよう。笑

春の植え付けが楽しみになってきた。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-14 09:00 | 雑記 | Comments(9)