<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バラの小さな蕾

ここ最近は暖かい日が続いているのでとうとう地植えのバラに小さな、本当に小さな蕾が姿を見せ始めた。
スヴニール ドゥ ラ マルメゾン
c0278671_20581847.jpg

ルイーズ オディエ
c0278671_210312.jpg

ソニア リキエル
c0278671_2104266.jpg

バロン ジロー ド ラン
c0278671_2112289.jpg

マダム イサーク プレール
c0278671_2115623.jpg

デュセス ドゥ ブラバン
c0278671_213489.jpg

ムンステッド ウッド
c0278671_214353.jpg


後で画像だけで蕾を見るとどれがどれだか判断するのが難しかった。汗
でもこれで合っているはず。
こうやって見ると蕾を早く付けたのはオールドローズが殆どだ、あとギヨーのソニアリキエルとERのムンステッドウッドが早かった。
何故かピエールドロンサールも蕾が見えていた・・・今年は早いのかな。

今年迎えたバラは蕾からもう花弁が見えてきている。
ソフィーズ パーペチュアル
c0278671_219271.jpg

ローズ ポンパドゥール
c0278671_21101438.jpg

傷んでいた苗だがその後回復し、蕾も多数上がってきた。
c0278671_2111787.jpg

開花が待ち遠しい、開花の頃もこのくらいの気温だったら嬉しいんだけどな。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-31 17:36 | 雑記 | Comments(10)

タイツリソウ(ケマンソウ)

タイツリソウが愛らしい花を吊り下げている。

c0278671_209311.jpg

c0278671_19144230.jpg

その名の通り鯛が釣られているようだからタイツリソウらしい・・・マンボウじゃないの?
ハートのようにも見える花が愛らしい。
草丈は30-60と有るが実際はかなり大型の宿根草で大株になるとシャクヤクのように大きくなる。

c0278671_20103865.jpg


c0278671_20115422.jpg


園芸店でマダムがこの花は三年くらいすると消えるから駄目なのよね~、と言っていたのを大きな声だったので聞こえてしまったが、そんな事はない、寿命の長く強い宿根草だ
きっと環境が合わなかったのだろう、かなり耐陰性があり強い宿根草である山の中の木漏れ日程度でも充分に花を付ける。
耐陰性が強いという事は逆に言うと強い日差しや暑さが苦手である。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-30 16:58 | 草花4月~5月 | Comments(8)

オールドローズ?

c0278671_20265125.jpg

c0278671_19115694.jpg

淡く優しいピンク色、少し絞りの入った綺麗な中輪のオールドローズ、ではなくチューリップが開花した。
c0278671_2040118.jpg

植えた覚えの無いスノーフレークが開花した。汗
c0278671_19125820.jpg


このチューリップの品種名は忘れてしまった、チューリップ独特の花の香りに癒される。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-29 17:22 | 草花4月~5月 | Comments(13)

木漏れ日で満開

前に紹介した一輪草が満開になり見頃を迎えた。

c0278671_201862.jpg

中心の花弁がクリーム色だったのが全て開き純白になった。
c0278671_19564763.jpg


c0278671_19572711.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-28 16:54 | 草花4月~5月 | Comments(6)

椿

家で唯一の椿が開花した。
c0278671_19432853.jpg

品種は不明
薔薇は八重が好きだが、椿は一重が好きだ、けれども家に有るのは八重の椿、なかなか上手く行かないものだ。
でもこの椿は八重でもそれなりに綺麗だ。
この椿の樹高は60センチ程度で小さいがそれなりに古い株で毎年花をちゃんと付けてくれる優秀な椿だ。

椿は道南を除く北海道では越冬が難しく、ムシロなどを巻いて冬囲いをするがそれでも越冬できる品種はあまり多くない、雪に埋まっている樹高のときはいいが、背丈ほどになると寒風に当り急に枯れこむ事が多い北海道では低木の扱い。


c0278671_19495096.jpg

この木とはもう結構古い付き合いなので、この花が咲くと過ごしやすい暖かな季節になったんだと実感できる。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-27 15:05 | 草花4月~5月 | Comments(4)

姫スィートピー

姫スィートピーが開花した。
切花種で有名なスィートピーと性質は違うと思うがマメ科の花の形だ。
強い花で耐寒性も充分に有り、毎年きちんと出てくれる。

c0278671_21261246.jpg


c0278671_21264841.jpg


詳細は不明だがなかなか綺麗な花で気に入っている。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-25 14:22 | 草花4月~5月 | Comments(6)

蕾と地植え

前にも書いたが鉢で購入した薔薇は蕾が上がっている。

ソフィーズパーペチュアルは房前になるよう。

そしてローズポンパドゥールは・・・
思い立って鉢薔薇をお迎えしたのはいいが、既に葉が傷んでいた。汗
葉は萎縮し、葉は所々茶褐色になっていた。
それを購入する自分も自分だが、株自体には問題が無いだろうと思い連れ帰った。
c0278671_2135714.jpg

連れ帰ってすぐに萎縮した葉は毟ってしまったがまだ痛んだ所は残っている。
c0278671_214274.jpg

二店舗廻ってみたがどちらも傷んでいた、特に一軒目は酷い傷みようだった・・・しかもデルバールだけ。
酷く痛んだようで、シュートはすべて蕾もろとも途中で切られており痛んだ下葉だけが残されていた・・・これが売り物なのか?と目を疑った、しかも値段はそのまま。

c0278671_2103673.jpg

二件目は無事だったが、ローズポンパドゥールだけが何故だか葉が萎縮していた。
台木が太く力強い株だったものを選んだ、この萎縮のしかたは薬害とふんでいる、傷んでいたのは新葉と小さく柔らかい蕾だけだったからだ。
薬の濃度が高すぎたり、展着剤の濃度及び種類が合わないと萎縮する事がある
デルバールだけだったので店舗側の過失ではないのかもしれない

しかしそれだけでもなさそうだった。
水遣りをしたが水がなかなか抜けない。汗
まだ葉が出たばかりの鉢薔薇は水遣りをするとすぐにスっと水が下に抜けてしまうが、水をやってもやや暫くの間水が鉢上部のウォータースペースに溜まったまま・・・これでは長く持たないと思った
根が充分に張っていない場合は一番花が終わるまでは鉢から抜いたりしないけど、これでは抜かなければ根グサレしてしまってどうにもならない。
鉢増しも考えたが、地植えするのに場所を空けておいたのでそもまま地植えする事にした。




その後すぐに回復、大き目の花芽は助かったし新たに伸びた芽の先の殆どに蕾が見えてきている。
[#IMAGE|c0278671_20592428.jpg|201305/24/71/|mid|700|465#
c0278671_20595199.jpg
]

なんどか無事に開花してくれますように。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-25 13:50 |  ローズポンパドゥール | Comments(4)

一人静

一人静(ヒトリシズカ)
c0278671_20265019.jpg
c0278671_20261388.jpg

まだ葉が開いてないが、平らに四枚並んだ輪正状の葉を開き
真ん中から糸のように白く細いブラシのような花を密集してつける面白い山野草である。

耐寒性が強く、育てやすい。
ティアレアが一緒に写っているが、ヒトリシズカの葉が開き花穂が全部見えた頃にティアレアも開花して一緒に花を見せてくれる。

他に二人静(フタリシズカ)と言う種類も有るが、そちらは花穂が二本で花はスズランのような形をしている。

暖かくなりもうクリスマスローズの花も終り、花が緑がかってきていたので切り取って水に生けた。


c0278671_2035711.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-24 17:44 | 草花4月~5月 | Comments(4)

タツタソウ

タツタソウ、薄紫色の1cm強の小花を咲かせる山野草。
c0278671_2134185.jpg

c0278671_1853268.jpg

5月10日前後に咲いたが非常にゆっくりと開花を続けている。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-23 17:44 | 草花4月~5月 | Comments(4)

雫ツリー

c0278671_18384469.jpg

日曜の朝早くに近所に桜を見に行った際に朝露を付けたスギナを見つけた。

c0278671_18393924.jpg

庭では厄介者のスギナもここでは水玉を付けたクリスマスツリーのように輝いていた。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-22 16:35 | 雑記 | Comments(4)