カテゴリ: レーヌデヴィオレット( 1 )

スミレ色の女王は衣替えがお好き

レーヌ デ ヴィオレット  Reine des Violettes
1860年 フランス HP
最終的な樹高は不明だが、一応低めのシュラブで良いと思う
早咲き種

昨年たまたま寄ったお店で新苗を見つけて、名前に惹かれ面白そうだと連れ帰った品種

c0278671_20423307.jpg
新苗で迎えた時は4号のビニポットに入っていた、しかもロングではなく普通の深さ
すぐに6号のスリット鉢に植え替えた、その時点で蕾が数個有ったが、一輪咲かせたがあまりのチンチクリン具合に驚き
蕾を全て摘み取り、一本ピューっと伸びた枝もブツっと半分位に切り取った
その後一ヶ月くらい経った7月2日の画像が残っている
c0278671_13192636.jpg
枝が分岐してあっという間にデカくなった
風でどんどん倒れるのでこのままではいけないと、その後地植えにする事にした
しかし地植えにするとその後はあまり大きくならなかった。大汗
やっぱり初年度は鉢がよろしいようで
その後も少し蕾を付け開花したが、どうもどれもチンチクリンで来年の花は大丈夫かと不安がよぎっていた
そもそも情報のあまり出回ってないバラだったので迎えたのは遊び心のようなものだった、もしかして失敗だったかと・・・
これから紹介する画像はこれが更に少し伸びて、それぞれの枝を扇型に開いて誘引しておいたものである



今年度は蕾を多数つけて紹介できるようになったが
一斉開花はせずに数輪ずつ咲いている感じだった、更に大株になればそれは解消できるだろう

さて蕾から紹介、え?すみれ色じゃなかったの?汗
と思ってしまう蕾の色
紫がかった赤とごく淡いピンクのグラデーションの蕾から始まった、これはこれでとても綺麗だった
c0278671_20420229.jpg



この女王は紫系がお好きなようだが、どうも衣替えが激しい(笑)
開いた様子、紫がかったピンクと赤のドレス
c0278671_20421353.jpg


咲き進むと淡くなる
c0278671_20424230.jpg


綺麗なロゼット咲きだ
c0278671_20425102.jpg


!?女王!ちょっとスカートが短いのでは?
と言いたくなるような平咲き、とても薄い、せんべいのように薄いシャローカップ。汗
c0278671_20430040.jpg

花経は7~8cm程度の中輪
上見は綺麗だ
c0278671_20431078.jpg
更に紫がかる
c0278671_20432382.jpg


開き加減は厚みが有って良い、このくらいの感じが好きだが長くこの状態では居ない。
c0278671_20433286.jpg


香りの記憶はあまり残っていない、後で記事を書くとこれが困る
しかし超強香ならば脳裏に焼き付く、良い香りはしていたと思ったが強い香りでは無かったと言うことだろう
もっと沢山咲くようになると印象は変わるのかも知れない。
c0278671_20440544.jpg


葉色は明るいグリーン黄緑まではいかないがオールドローズ特有のツヤのないマットな葉をしている
c0278671_20435728.jpg


更に淡くパステルカラーに、本当に同じバラなのか疑いたくなるような色の変化だ
c0278671_20443114.jpg



下の写真を上から見ていくと一番上はこれまでのような色だが
下の行くにつれて色合いが全く違う
c0278671_20441408.jpg


時折ビックリするような微妙な色合いを見せることも
この薔薇は退色もするが、退色の色の変化以外の別の色の変化のあるバラだ
まるでアブラハムダービーやウィリアムモリスのように、しかしこの薔薇の基本色は紫だ
c0278671_20443972.jpg


そしてこれからがこの薔薇の真骨頂だろう
とても深い色合いで咲き出し、カップも厚みが出てきている
これからは深い赤紫から少し淡い紫色で終わっている
c0278671_20444852.jpg


花が終わりに近づき妖艶に、夜の装いになったのだろうか(笑)
c0278671_20445736.jpg


花もちは数日、それほど良くはないが悪くもない感じだ・・・どっち?汗
大きな株では無いが、ほぼまる一ヶ月咲いていたので花は長く楽しめるだろう
c0278671_20450862.jpg

実は咲き始めの頃はあまり好みではなく、この薔薇は今年で最後に
貴重な地植えの場所なので他の薔薇にしようかとも考えていた、しかし中盤から評価が変わった
この薔薇、沢山咲くと凄く良いかも知れない!と思うようになった
c0278671_20451731.jpg

花色は安定しないが、それがこの薔薇の魅力なのかもしれない
とても良い色合いだ
c0278671_20455446.jpg

もちろんこの薔薇も長雨に当たっているが、花が腐るわけでもなく
日差しで駄目になる事も少ししか無かった
c0278671_20452728.jpg


いかにもうどん粉病に弱そうな葉をしているが今のところうどん粉病にはなっていない
昨年もうどん粉になってないと思った
葉が少しよれているのは薬剤のせいだろう。汗
c0278671_20453637.jpg

枝は細くしなやか
誘引するとちゃんと側芽からステムが出たのでオベリスク仕立てでも良さそうだと思う
c0278671_20454525.jpg

いつもその薔薇の一番良い所を記録に残そうと思って写真を撮っている
あまりに花色が変化するので気が付くとかなり沢山の写真を撮っていた。(笑)

c0278671_20460582.jpg


あまり画像検索で沢山の画像にヒットしない薔薇だが
僕がアップしたことでこの薔薇で迷っている方の判断材料になってくれたらと思う
c0278671_20461340.jpg



・・・これは夕方かな・・ちょっと色が変だ。汗

c0278671_20462979.jpg


そして最後に咲いた花、紫色、花弁が反り返ることは殆どないが、最後の花は反り返って咲いていた。

c0278671_20464014.jpg
四季咲き性や香りに付いてはまだ書き綴ることが出来ないので、成長を追って紹介したい
今後が楽しみな薔薇、これからもスミレ色の女王の気まぐれに付き合っていこうと思う(笑)

最後の薔薇の色合いを見て、また最初に戻る
もしくはダーっとスクロールしてくださると花色の変化が判りやすいと思います(笑)


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.png
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-07-13 14:08 |  レーヌデヴィオレット