カテゴリ: アイスバーグcl( 1 )

収納式の薔薇 Iceberg Climmbing 2014(つるアイスバーグ)

つるアイスバーグ 作出1968年 作出 B R Cants(イギリス)

僕はずっとこの薔薇はドイツはR.Kordesの薔薇だとばかり思っていた。
しかし調べてみると1958年に作出された名花FLアイスバーグはコルデス
1968年10年後に枝変わりとして発表されたCLFアイスバーグ(CLF=クライミング フロリバンダ)はイギリスのB R Cants作出となっていた
考えてみれば枝変わりは元品種を作出した所で発表されるとは限らない
優良品種は世界中で愛され育種家、愛好家の手によって栽培され
枝変わりが発見されたり、交配が進められてゆくのは植物の世界では珍しいことでは無いだろう
しかしこのB Rカントと言うのは全く聞いた事の無い作出者だ。汗

c0278671_17542123.jpg
非常に花付き、連続開花性の優秀なFLアイスバーグの血を引いているCLFアイスバーグ
残念ながら連続開花性は引き継がれず、香りももちろんFLと同じく微香、でも僕には感じられない香り
我が家ではほぼ一季咲きだが花付きはFLアイスバーグ同様非常に良く
いや、FLアイスバーグよりも春に爆発的に咲くのでブーケのようにギッシリ咲いている。
下の写真は丁度10輪の房

c0278671_17552996.jpg


このCLFアイスバーグ、迎えたのは薔薇にハマり出した頃
薔薇がゴージャスに咲き乱れる庭は何故あんなに凄い景観が作れるのかと不思議に思っていた
その頃は木立のバラしかイメージに無かった
そしてツルバラなんか引っかかって絡まってとても管理できる代物では無いと思っていた(笑)

しかしその後ゴージャスな景観を作り出している薔薇の大部分がクライマーやランブラーローズである事に気がついた。
その頃バラ本を買うまでバラに興味の無かった僕は子供と図書館に向かい、バラの本を数冊借りてきた
その中のツル薔薇の本にオススメNo.1がアイスバーグと紹介されていたのを見て迎えるのを決めたバラだった

・・・がしかし、その後すぐに薔薇にハマりだし、魅力的な品種を多数知ることになる。汗
アイスバーグは一度植栽したが、取り敢えず鉢上げして植え場所を考えることにした
迎えてから二年後に今の場所に植栽したのだが、そこはお隣さんのガレージの横
我が家から見るとガレージが庭の背景になってしまうので
耐陰性の有るCLFアイスバーグ、それと更に耐陰性に定評のあるニュードーンを格子に絡ませ覆ってしまおうと考えついた

今は地植え後二年目で昨年は恥ずかしいくらいの花の数しか咲かなかった。汗
今年は極端な日陰部分はあまり花が付かないものの、ガレージが目立たなくなった
しかしガレージの高さを超えた部分などに沢山の花をつけ始めた

しかし今の場所では日差しが僕が見ている側から差さないので、どうしても反対側に花が向いてしまう
何か良い方法は無いか考えた結果、試験的によく伸びた枝をこちらに引っ張って
マダムピエールが巻いてあるポールに誘引
マダムピエールは早咲きなのでアイスバーグの開花とは被らない、一時的にマダムピエールの上に誘引しておく
そのままではマダムピエールが全くの日陰になってしまう
アイスバーグの開花後は元の格子に戻って自由に伸びてもらうことにした
よって、出し入れ可能な収納式の薔薇なのである(笑)







マダムピエールの開花が終わる頃CLFのアイスバーグの開花が始まってくる
c0278671_17552069.jpg

手前の太いポールにマダムピエールとアイスバーグが絡んでいる
アイスバーグは結構奥に植えてあるので、今年はまだ枝の長さが足りてない。汗
でもこれからポールの上部を網羅出来るようになると素晴しい景観を作り出してくれると思う。
c0278671_17551312.jpg


花弁数は少ないが純白の花で黄色いシベが愛らしい薔薇だ。
c0278671_17552483.jpg




枕木の間から見た様子
手前で細いポールに絡まっているクレマチスを堺に左側
手前にジュビリー、奥にのピンクがモーティマーサックラーその左が今回紹介したCLFアイスバーグ
アイスバーグはずっと奥に植えてあるが、実際ポールの元に植えてあるのはマダムピエールオジェ
ちなみにモーティマーサックラーの後ろに先日お伝えしたローズシネルジックが植えてある・・かなりの日陰だ。汗

c0278671_17550868.jpg


格子の上部で咲いているアイスバーグ、てんで見えない。大汗

c0278671_17544947.jpg




手前に一本持ってきた枝の開花が進んでいる
c0278671_17542977.jpg

先日お伝えしたローズシネルジックと一緒に
c0278671_17544422.jpg


開花が進むとギュッと詰まってブーケのように咲いて非常に美しい。

c0278671_17542123.jpg

またまた格子側、てんで見えない、反対側では結構咲いている、けど反対側もガレージでよく見えない。(笑)
c0278671_17541550.jpg


柔らかく咲いてまるで上空の雲のようだ。
c0278671_17534069.jpg

アイスバーグはほぼ満開、この咲き方でポールを登ってくれたらどんなに素晴しいだろうと想像してしまう
まだまだこれからの成長を待っている薔薇だ。
c0278671_17534627.jpg

周りの薔薇も開花が進んできた様子
CLFアイスバーグは日当たりのせいなのか、FLアイスバーグよりも開花が遅い
遅咲き種のジュビリー、モーティマーと開花が同じくらいだ
今後も遅咲きで開花期の同じここの一角のバラを紹介していこうと思っている。
c0278671_17540573.jpg





ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします

c0278671_19353148.png にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へにほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-11-21 21:05 |  アイスバーグcl | Comments(4)