カテゴリ: ブールドネージュ( 2 )

雪の玉 ブール ド ネージュ

ブール ド ネージュ
ブルボンOR 1867年
中輪 四季咲き

Boule de Neige 雪の玉という意味
咲き進むに連れて外側の花弁を反り返させ、まさに雪の玉のように咲く薔薇
c0278671_20464525.jpg

ほんのり赤みを帯びた小さな蕾
c0278671_20435923.jpg

残念ながらこのバラもずっと雨に打たれていた薔薇の一つ、早咲きの部類に入るだろう

c0278671_20440749.jpg

暗緑色の葉を持ち、白い花がより白く美しく見える

c0278671_20441840.jpg

この薔薇はシュラブで伸びると2mくらいになるらしい
しかしどうやら耐寒性はそれほどよろしくなく、冬は越せたものの春先になってから上部から枯れが進んで小さくなってしまった

c0278671_20442739.jpg

しかし昨年は冬囲いに失敗して根元からボッキリと折れてしまったブールドネージュ
やはり伸びるのも遅く、房で蕾を上げたが薄い花弁は日差しに弱く
花はチンチクリンで日差しで傷み散々だった。汗
半日陰の方が美しく咲くと言われているこの薔薇
実はここにローズポンパドゥールを入れていたがローズポンパドゥールには日差しが足りない
よって場所を入れ替えることにした
どちらも今の場所が合っているようだ

c0278671_20443568.jpg

なんとグリーンアイにボタンアイ(笑)
ダマスクのマダムアルディも気になる薔薇だが、この薔薇が有るので気になるバラ、で留めておこう
c0278671_20444471.jpg

開き始めは中心がほんのりクリームがかっている事が有るが
ほんの一瞬で真っ白な雪のような薔薇だ
香りは典型的な酸味のあるローズ香

c0278671_20450447.jpg

殆どがステムに1輪、しかし昨年を思うとやっと本来の咲き方をしてくれたので満足している

花経は概ね6~8cm程度だと思う
花弁が大きく反り返るので小さくは感じない

c0278671_20451164.jpg

そう言えば先日札幌市で6月に雨の日が15日続いたと報道していた
とうとうこれまでの最長記録を更新してしまったようだ
ただ雨がよく降ったと記憶しているのは10日程度、それでも充分だ
ここ数日は曇りだが一時弱い雨が有ったのでそれも含めての記録らしい
今日は晴れの予報だったが何故だか朝から霧雨が降っていた。(怒)

c0278671_20452276.jpg
そんな中このブールドネージュ、雨に弱いと言われているが健気に咲いていた

c0278671_20454288.jpg

ご覧のようにとても細いステムにコロンと咲く、反り返った花弁に雨が溜まってさらに俯いて咲く

c0278671_20455019.jpg

雨で開けないかと思ったがちゃんと玉になってくれた
白いバラは他の色が乗ることが多いがとても白い薔薇だ
やはり白い薔薇はこのくらい白い方が好みだ

c0278671_20460627.jpg

初年度はしっかり咲いたが、昨年は枝折れ
そして今年は凍害に雨続きとなかなか報われない薔薇だが
長い目で見て育てていこうと思う

c0278671_20455984.jpg

雨をどんどん含み更に下を向く

c0278671_20461345.jpg

デュブリュイも一緒に濡れている、デュブリュイは途中で開けなかったがブールドネージュは雨の中でも開いていた

c0278671_20462103.jpg

雪の玉のように

c0278671_20463758.jpg

ブールドネージュ実は七姉妹(兄妹)だそうだ
詳しくは知らないがおそらく交配親が一緒なので七姉妹と言われているのだろう
他にルイズダルザン、ノアゼットシンデレラ、コケットデブランシェなどなど
パパメイアン三兄弟のようなものだろう、パパメイアンは他にオクラホマ、ミスターリンカーンと交配親が同じ
しかしそれぞれに特徴が異なり、交配の奥ぶかさを感じる
ブールドネージュ姉妹に興味のある方、ブールドネージュが好きな方は集めるのも面白いかも知れない
僕はルイズダルザンとノアゼットシンデレラは綺麗だと思う


c0278671_20462905.jpg

繊細な花弁を雨で濡らしながら

c0278671_20464525.jpg

そして雨が上がった
この頃にはこれだけ花が残った
・・・う~んでもひょろっこい

c0278671_20465421.jpg

これらもそろそろ散ってしまうだろう

c0278671_20470165.jpg

マダムアルディが最も美しい白い薔薇の一つと言われるように
このブールドネージュも勝らずとも劣らない美しい薔薇の一つと言えるだろう
今後はここで少しずつ株を充実させてくれる事だろう。

c0278671_20471829.jpg

雨の影響は受けたものの早咲き種と中間咲き種が見頃になっている、明日は庭の様子をお届けしようと思う。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします



c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-06-21 20:04 |  ブールドネージュ

ブール ド ネージュ 忘れたフリをしていた写真。

ブール ド ネージュ OR ブルボン 1867年
シュラブローズで伸ばせば2mくらいにはなるらしい。
日本語で雪の玉の事を意味し、花弁が開くにつれて反り返り横から見たその姿はまさに雪の玉のようで
ポンポン咲きとはまた違った魅力のある美しい品種
花系は6~8cm程度の中輪花で返り咲き性。

・・・だったはずだった、写真は一番花の物。
株を迎えて二年目、昨年の春先に冬囲いに失敗したと伝えたが
根元から雪の重みで囲いごと押しつぶされ根元から折れてしまった薔薇だ。
ゲンコツ剪定などを施行して成功している例も有るが、二年目で株に力が付くのもまだこれからというこの株には
それを挽回するだけの力が無かったようで、すっかり本来とは違った花を咲かせた。
c0278671_13160200.jpg
ある程度丸いのは判って頂けるだろうが、花は夏のように小さくすぐに傷んでしまった。
本来の花ではない為紹介したくなかったが、自分自身への戒めと記録にアップする事にした。

花弁の質は薄く繊細で、とても良いローズ香を放つ。
迎えた初年度の一昨年は春、秋共に良花を咲かせて楽しませてくれたのだが昨年は
春はこのような花を咲かせ、夏にも同じような花を咲かせたくらいだった。

c0278671_13161216.jpg
昨年ブログを初めてまもなくアップロードした一昨年の秋のブールドネージュ
携帯のカメラなので繊細さまで伝わらないかもしれないが、本来は真っ白の薔薇だが淡いピンク色に色付いた花、参考までに。
c0278671_1753538.jpg

シュラブローズで真っ直ぐ伸びるが枝は柔らかく、ブッシュローズのようにも育てられると見たことがあったが
この薔薇は何かに括ってもたれさせながら育てるのが好ましいと思う
うどん粉にはあまり強くないようだが、それ程困った事もなかった。
とても繊細な美しさを持った品種なので、気になる方はどうか画像検索で確認してみてください。
次のシーズンは本当のブールドネージュに会いたい、どうかちゃんと冬を越せてますように。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプすることなく観覧を続けることが出来ます)
                 ブログランキング・にほんブログ村へ                
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-03-01 09:00 |  ブールドネージュ