カテゴリ: アンブリッジローズ( 4 )

Ambridge Rose2014(アンブリッジ ローズ)


Ambridge Rose
1990年 ER 

引き続き2014年一番花の紹介
アンブリッジローズはERの名花で人気品種だろう
交配はワイフオブバスの実生とチャールズオースチンとER同士の掛け合わせ となっているが
どちらの品種も僕は実際に見たことがない、両者の性質は判らないが
優秀な四季咲き性と素晴らしいミルラ香が備わっており

よく出来た薔薇という印象である

c0278671_11194474.jpg

花色はアプリコット~アプリコットピンク~ごく淡い白っぽいパールピンクへと移り変わる
上の写真は花色の変化がよく判る一枚だろう

我が家は農薬を使っているが、病気になる品種はなる、この薔薇は特別病気で困ったことは無いので耐病性もそこそこ良いのだろう

c0278671_11192005.jpg

上下共に開き始めの色合い、この薔薇は早すぎず遅くもない中間期咲き
人気品種だけあって美しい写真が一杯アップロードされており
自分も一度育てたかった品種だ

c0278671_11191286.jpg

昨年たまたま見つけた苗を迎えて鉢で育てている
今年も引き続き鉢で育てている、土は春に入れ替えたが前々から書いているように
今年の鉢薔薇の土は失敗、写真を見ても判るように株の成長がダメダメだ。大汗
花は一輪咲きが多く、手前の枝はブラインドになっている
c0278671_11185380.jpg
一番花の頃は雨が続いたので外側の花弁の傷みが痛々しい
ちなみに花弁は極端に弱いわけではない
樹高は鉢植えなので、夏~秋でも1m未満
c0278671_11184537.jpg
とても雰囲気の有る開花を見せてくれる ERらしい品種だと思う
c0278671_11183739.jpg

四季咲き性が高く、素晴らしい香りを有しているアンブリッジローズ
鉢植え、庭植えどちらにも使える優秀な品種だと思う、おすすめ。

我が家にはもう一本アプリコットでブッシュのグレイスが有るが
この二種はどうしても比べてしまう、どちらも一応完全四季咲き性の薔薇
アンブリッジローズはERらしい花とミルラの香りを楽しめる

グレイスは珍しいダリアのような開き方をするバラで
バラにはあまり感じられない開ききった姿、色合いが非常に美しいと思える品種でこういう薔薇は稀だと思っている
残念ながら香りは僕には感じられない
グレイス1 グレイス2(←からグレイスのダリア咲きの様子が見れますのでどうぞ)


グレイスはまだ樹勢が付いてきてない事も有って、アンブリッジローズ贔屓になってしまっていたが
やはりグレイスもとても魅力の高い品種であると感じている
両者ともに別の魅力を持っているので、迷っている方はとても難しい選択だと思う。
僕としては・・どちらかを迎えても両方の魅力を手に入れることは出来ないので
どっちも迎えてしまえばいいじゃないかと思っている(悪魔の囁き)




ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします
c0278671_19353148.png
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2015-01-10 12:00 |  アンブリッジローズ

アンブリッジローズ 夏の花

アンブリッジローズ夏の花、このバラも先日紹介したシャリファアスマと同じお盆ころの花。
このバラも夏にどの時期でもしっかりとした花を咲かせてくれる非常に優秀な薔薇だと思う。
昨年は鉢で育てていた為置き場所を選ぶことができ西日が当たることは無く、花弁が日差しで傷む事は無かった
c0278671_10495977.jpg
夏場は概ねひと枝に一輪から二輪咲いていた。
心地よいミルラ香を放ちアプリコットピンクの花を咲かせる。
c0278671_10493210.jpg
鉢でも樹勢が良く、しっかりとした花を咲かせ
大した管理をしなくても秋までに大きくなり過ぎず、秋の樹高は7・80センチ程度に経過し
秋にも多くの蕾を付けてくれた、とても鉢栽培に向いている品種だと言えるだろう。
シーズン途中ほんの少しだけうどん粉が付いたが防除出来るレベルで耐病性も良い方だと思う。
夏のアンブリッジローズはアプリコットピンクから始まり下の画像のように
白っぽく退色して終わる
c0278671_10494587.jpg
正月の間に雪が降り続き外の雪もどんどん増えてきました。
雪国の皆さん、大変なのはあと2ヶ月くらいでしょうか、頑張りましょう。

読んでくださった方、いつも応援してくださる方有難うございます。
ランキング用バナーです、良ければバナーを押して行ってください、押すと蕾が喜びます。
(ctrlキーを押しながらクリックするとジャンプする事なく別ページが立ち上がります)
c0278671_01530838.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-05 09:00 |  アンブリッジローズ

アンブリッジローズ 秋の花

c0278671_22322448.jpg


今年迎えたアンブリッジローズ、素晴らしい秋の花を見せてくれた。
c0278671_2272360.jpg

この苗は北海道では有名なH・Cホーマックの苗。
何と春の大苗で1980円だった、でも4号ロングポットに入っていた。汗
家では珍しい鉢で管理しているバラだ、もちろん輸入苗だったので根が長く鉢の底に付くくらいだったが8号のプラ鉢に入っている。
多くの薔薇が旺盛に芽出しを進める中購入時点からずっと沈黙を続け、ヤバイ苗を連れ帰ってしまったかとヒヤヒヤしたが、一番花から素晴らしい花を見せてくれた。

c0278671_22114572.jpg

今年迎えた苗の割には旺盛に伸び、写真で見ると少なく見えるが沢山の蕾を付けてくれた
鉢バラは水の管理が追いつかないのが苦手であまりやる気になれず、今までかなりテキトーだった
しかし今年ちょっとやり方を変えてこのアンブリッジローズを育てたことで鉢バラが楽しくなってきた。
結局の所根も殆ど出ていない裸苗に近い状態だった裸の大苗、特に輸入苗は地植えしかした事が無かったが、土は全て取り替え裸苗を自分で鉢に植え付けた結果になった訳だが、鉢苗を購入して鉢増ししたりするよりよっぽど良かった。

アンブリッジローズの持つ形質は素晴らしく、完全四季咲き性で春夏秋と三回返り咲いたがジュビリーと同じくらいどの季節のバラも綺麗に咲いていた。
数少ない鉢のバラなので、他の薔薇と独立して育てる事が出来たり、高い位置で育てることが出来るので病気に陥る事は無かった。

花一輪も素晴らしく花弁数の多い花はアプリコットから始まりやがてピンク色になり淡く退色して終わる。
アプリコット系のイングリッシュローズは非常に多い、ピンクの紹介のバラでもアプリコットを帯びる薔薇が多くアプリコットはもういいやと思っていた矢先、前から気になっていたアンブリッジローズの特価苗と出会ってしまい苗を迎えてしまった
このバラの形質は素晴らしくやはり迎えて良かったと思えるバラだった。
c0278671_22241670.jpg


c0278671_22251136.jpg

ミルラの香りを有しているが、その香りは優しくとても良い香りがする。

c0278671_22443164.jpg

朝の木漏れ日が差すこんな写真も撮ってみた。
c0278671_2238207.jpg


c0278671_22392172.jpg


淡く美しくなり花の命を終える、この段階が非常に美しい薔薇

c0278671_2241542.jpg

(この写真だけカメラが違います)
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-11-02 13:00 |  アンブリッジローズ

アンブリッジローズ

アンブリッジローズ Ambridge Rose
作出  1990年 ER ブッシュ

アンブリッジローズ、イングリッシュローズの人気品種だが
このバラはD・オースチンローズのアプリコット色のバラの中では非常に美しく
樹勢と返り咲き性、耐病性もよく非常に優れたバラだと思う。

一番最初に咲いた花はカタログに載っている花に最も近かった
c0278671_21415471.jpg

が、D・オースチンのカタログは嘘つきな事が多く、どうあがいてもそんな花色に咲くはずがない写真も結構載っている。汗
アンブリッジローズもそうだが、カタログのジュビリーセレブレーションを見て欲しい、全く別のバラである
嘘は辞めなさい嘘は、と言いたくなるような色の違いだ。汗

c0278671_21423977.jpg


c0278671_21432341.jpg


最初に咲き始めた花よりも後に咲いた花は概ねディープカップ咲きになり、アプリコットも淡く退色すると白に近い色合いで咲き美しかった。
ミルラ香がするが、嫌味がなくとても優しく良い香りがする。

c0278671_21542344.jpg


c0278671_21544384.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-08-31 15:33 |  アンブリッジローズ