カテゴリ: アブラハムダービー( 5 )

ニュアンスカラーで咲くAbraham Darby 

昨日アプリコット系で咲くアブラハム・ダービーをお伝えした
そして今日はピンク系の微妙な色味ニュアンスカラーで咲くアブラハムダービーをお届けしたいと思う

そもそもニュアンスカラーとはどんな色か?という所だが
ニュアンスカラーとは美容やファッションでは色彩が柔らかく微妙な感じの色、自然な感じの色味を言うらしい
肌の色とよく調和する色味のことのようだ

nuance(ニュアンス)とは微妙な違いや感覚の僅かな差異を意味し
ニュアンスカラーと言えばビビットカラーのようなハッキリした色味とは違い
何色とハッキリと断言する事のできない微妙な色合いの事を指すようだ
これから紹介するアブラハムダービーはニュアンスカラーの薔薇として紹介するのにピッタリな品種だと思う


これがピンク系の微妙な色合いで咲くアブラハムダービー、人気品種なので
知っている方も多いと思うが、気が付くといきなり違うバラに変身している(笑)

c0278671_19565779.jpg
昨日の記事も合わせて見ていただくとよく判るだろう⇒9/18の記事
ウィリアムモリスの冷めた色合いも好きだが、この薔薇も独特の色合いを醸し出す
ウィリアムモリスは色が混ざり合う事無く退色するが、この薔薇は色々な色が複雑に絡み合っている
c0278671_19585785.jpg

アプリコットピンクのような色合いで咲くアブラハムダービー
c0278671_19544345.jpg


手前の蕾はアブラハムダービーの物、まるでレディオブシャーロットの蕾のようだ
しかし開いた花は暫くするとこんな花色に


c0278671_19584602.jpg

時にはこんな色合いで咲くことも、これって何色なんだろう。汗

c0278671_19551865.jpg
c0278671_19561799.jpg


c0278671_19583813.jpg

c0278671_19552986.jpg


周りには写せない物が沢山あるので株を写せるのはこのくらいが限界だろう。汗
まだ若い株で真っ直ぐ伸ばしている、成長途中な感じだがこの時点で1.5m程度だろう
大きく育てたいので切り詰めず育てている、今は2mを超えてきた
この薔薇は樹勢が有るが急に大きくならない、何故ならよく咲くから
本当によく咲く、二番花はすぐに咲いたが僕としては成長して欲しい、三番の蕾もすぐに上げだしたがさすがに摘み取った
しかし今現在は四番目(秋薔薇)の蕾が上がり蕾が出来るのと一緒に丈が伸びた感じだ
力強さがあり信頼できる品種だと思うが僕としてはもっと強烈に伸びても構わない(笑)


c0278671_19564009.jpg



非常に美しく完璧な容姿を持った薔薇だと思う
僕が変な拘りを持っていなければ絶対主庭で活躍してくれたことだろう

c0278671_19565179.jpg


様々な色のピンク色にアプリコットが入って微妙な色合いを出している
色が混ざっていても全く嫌味が無い

c0278671_19563472.jpg

うどん粉が花茎についているが春以降は広がっていない
c0278671_19553806.jpg


暖色系の色合いからこの冷めた感じの色合いに変わるのが不思議だ
ピンク系の色が紫を含んでいるようなので、それも手伝ってこの独特の色合いを出しているのだろう

c0278671_19572604.jpg

非常に魅力あふれる薔薇、オススメ。

c0278671_19562630.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします



c0278671_19353148.png

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-09-19 21:20 |  アブラハムダービー | Comments(11)

Abraham Darby yellow~apricot~orange 

アブラハム・ダービー 作出1985年 
ER シュラブ
僕の所有しているERの中では古い方だが、1960年代から始まったERの歴史の中では中期の薔薇と言って良いと思う

容姿はオールドの花のようだがモダンローズ同士の交配から生まれた薔薇のようで
性質は他のERとはちょっと違う印象を受ける
強香で花もちが良く耐病性、樹勢も良い、その上連続開花性にも優れる非の打ち所の無い薔薇だろう
大輪なので花付きに関してはそれなりなようだ


この薔薇の大きな特徴として花色の変化が上げられる
数あるERの中でも一番と言っても良い程花色が変わる薔薇である
バラの性質や花の美しさはとても優れているが、この花色の変化のおかげで庭の中の植栽場所に迷い
主庭ではなく前庭に移植してしまった経緯がある。汗

今回の紹介ではイエロー、アプリコット、オレンジの色合いで咲くアブラハムダービーを紹介したいと思う


c0278671_19573639.jpg

この薔薇の印象はカタログや販売店でも紹介される花のようにアプリコット~オレンジの印象が強い
しかしよく見ると黄色やピンク色も微妙に混ざっていて複雑な花色をしている

c0278671_19574575.jpg

紹介しているのは全て一番花の様子、前庭は全景で写すと撮らなくて良いものも写ってしまうので写せない。汗
葉が傷んでいるのはこの場所は風が吹き抜ける場所で、強風で刺に引っかかり傷んでしまった為。
c0278671_19594282.jpg

花弁はしっかりとしていてORっぽさはあまり感じない
しかし花は美しくフルーツ香にレモンの香りが混ざる素晴らしい香りだ

c0278671_19593053.jpg

蕾はオレンジ開くとアプリコットにピンクが混ざっている
c0278671_19573639.jpg

隣のスヴニールドゥマルメゾンと何やらヒソヒソ話をしているようだ
c0278671_19554670.jpg

朝日を受ける姿が美しい
c0278671_19545568.jpg

直射日光で写すとかなりオレンジが濃く周りの花弁がピンク色に見える
蕾にの茎にうどんこ病が付いているが、近くにうどん粉の薔薇が居るせいで広がることはなく耐病性は良いと思う
c0278671_19560448.jpg
かなり退色してきた花、これからの花の方が僕は好みだ
それはまた次回紹介したいと思う。

c0278671_19591167.jpg



ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.png
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-09-18 23:19 |  アブラハムダービー | Comments(4)

アブラハム ダービー 未公開写真とその後


アブラハムダービー、このバラも紹介していない画像が有った
何故紹介しなかったのか不思議なくらい美しく咲いているのに・・・
よく咲く上に花期が長いのでずっと咲き続けているように感じる
この写真は一番花が咲いている最中に上がってきた蕾が咲いた物だと思う
7月30日なので二番花と言っても良いだろう。

よく考えると夏によくこんなにゴージャスに咲いていたものだ。
c0278671_19294418.jpg

このアブラハムダービーは非常に複雑な色合いをもつバラとしても有名な品種だろう
開く過程で退色するので色合いは変わっていくがこの角度から見ると花自体が
いくつもの色が合わさって複雑な色合いを出しているのが判る。

c0278671_19302037.jpg
開く花の殆どはオレンジやアプリコット寄りの元気色で咲き出す。
フルーツ香の強香で素晴らしい芳香を持つ。

c0278671_19301017.jpg

時が経つにつれ落ち着いた色合いに

c0278671_19294418.jpg
咲き出した頃とは別のバラのような大人っぽい雰囲気で咲くアブラハムダービー
全てがこの色で終わるわけでは無いが、この花の終わりはニュアンスカラーのようだ。

c0278671_19300191.jpg

シーズン中よく咲いてくれたが株を充実することに力を使わなかったアブラハムダービー
本来なら伸長力の有るバラのはずである、途中で花を終わらせて成長させようとしたが
こちらの思いをよそに気を抜くと蕾が上がってきてしまい、僕も途中で蕾を摘むのを諦めてしまった。汗
秋の蕾が咲ききれないであろう寒い時期に上がってきた、その頃になってやっとシュートを出してきた
しかし伸びるのが遅く水分量の多いこのシュートは厳しい冬を越せるか判らない。
耐病性も良くシーズン中は病気で困ることは無かった。

結局今年は株はあまり充実しなかったが、樹勢が悪いわけでも無いので次のシーズンは期待している。

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
c0278671_01530838.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-10 09:00 |  アブラハムダービー | Comments(6)

伸びて欲しいアブラハムダービー

アブラハムダービー、春からずっと咲き続け、咲き続けるが成長してくれないので途中で強制終了させたが結局また蕾が上がってきて見逃して咲かせてしまった9月中頃の花。

三つ並んで一緒に咲き進んだ蕾。
c0278671_21565333.jpg

翌日にはいきなりこんな色になっていた。
それ以降は留守にしていたうちに花が終わってしまっていた。汗
c0278671_21571483.jpg

この花以降はやっと蕾を出すのを辞めて長めのシュートが伸びてきた、ちょっと遅かったが・・・
まだ蕾を上げそうだがこれからはもう咲けないだろう、来年が更に楽しみのバラ。
c0278671_21573742.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-10-10 15:14 | アブラハムダービー | Comments(4)

咲き続けるバラ アブラハム ダービー

アブラハム ダービー Abraham Darby
作出  1985年 ER

このばら、非常に優秀なバラである。
このバラは6月の下旬に咲き始めたが、開花したバラの中で唯一その頃から今の今まで咲き続けているバラである。
株は昨年定植したが場所が気に入らず移植してしまったので小さいまま
しかしとにかくよく咲くし花持ちは非常に良い、あれからかれこれ一ヶ月半、いつまで経っても花が咲き続ける優秀さを見せてくれた。

何故定植出来なかったかと言うと、僕はこのバラはアプリコットで始まるピンク系なのかと思っていたが、どうした事か花色が定まらず同じ株の花とは思えない色んな顔を持っているバラだった。
その為、どうもイメージが固まらずやむなく植え替えてしまったバラである。

花色の変化を見ていただきたい、全て同じバラである。
c0278671_18553379.jpg


c0278671_18574992.jpg


c0278671_18555324.jpg


c0278671_18585827.jpg


c0278671_1913275.jpg


c0278671_192425.jpg

とても美しい容姿を持ったバラである
そしてこの他にも淡いピンクで終わる事もあり、このバラは何色と言ったら良いのかまったく判らない。



c0278671_1943981.jpg


c0278671_197432.jpg

そろそろこのバラは縦に伸びて欲しいので蕾と花を全て切り取ることにした。

このバラはERでは珍しくオールドの血が入っておらず、モダンローズ同士の交配で生まれたバラなようだ
香りはフルーツ系の強香、耐病性も申し分ないイングリッシュローズの傑作だと思う。
がしかし、花色が定まらないので何処に配置していいのかとても迷うバラである。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-08-13 18:29 | アブラハムダービー | Comments(6)