カテゴリ: レディ オブ シャーロット( 5 )

呪われたシャーロット







レディオブシャーロット2014年秋の花
c0278671_22294483.jpg

呪われたシャーロット、嫌な題の記事にしてしまったが
この薔薇はイギリスの詩人アルフレッド・テニスンの詩に由来する

※D・A社のレディ オブ シャーロットの紹介より

デビッド・オースチンのイングリッシュローズコレクションの中で、最も頼れる品種のひとつです。
病気にとても強く、バラは初めてという方にもお勧めです。
若いつぼみは、深みのあるオレンジレッドで、徐々に花びらが緩やかに並んだゴブレット型になります。
花びらの一枚一枚は、表側がサーモンピンクに対して、裏側はコントラストの美しいゴールデンイエロー。
あっという間に大きくよく茂る、アーチ状のシュラブになります。
若葉はブロンズの色調で、スパイスの効いたリンゴのさわやかなティー系の香りがします。
イギリスの詩人、アルフレッド・テニスンの詩に由来します。
アーサー王が所有するキャメロット城の近くに住んだシャーロットは、
鏡に映ったランスロット卿の姿を見て、呪いにかけられていました

これだけ見るとシャーロットは呪いにかけられてどうなった?と思ってしまうが
こちらの記事が解りやすかったのでよろしければご覧ください

THE RADY OF SHAROTT

この記事で紹介されている詩は全文では無いようだが、下の方にも解りやすく解説した文章があり
それによると鏡を見て呪われたのではなく、呪いで孤城で一人外に出る事もその目で外を見ることも叶わず
織物を続ける日々を送り、外界の事は鏡越しにしか見ることが出来なかった
そこへ勇者ランスロットが近くを通りかかり、シャーロットは彼が気になって仕方がなくなり
鏡越しではなくその目で実際に彼の姿を見る、呪いがシャーロットの行く手を阻もうとするが
シャーロットは城を出てランスロットの姿を追うものの途中で呪いにより命が尽きてしまうという話だ

元気な色合いの薔薇という印象だったが、その名前にはこんな悲しい物語が有った
そしてこの詩を元にして画家達の手によって多くの絵画も残されているようだ
呪いという言葉を魔法に変えたらロマンチックなのにと思ってしまうが・・・

それにしてもD・A社の紹介文は解りにくい(笑)
良く言えば想像力を掻き立てるとでも言えば良いのだろうか、ぼかした方が色々と都合が良いのかもしれない
確かに強健で初心者にもオススメの薔薇というのは解る
しかしもう一度D・A社のシャーロットの説明を見て欲しい

緩やかに並んだゴブレット型 
 ああ、いつもの例のやつか!とはならないだろう
そう、皆さんが洗面台に置いていつも歯磨きに使っているコップの事です
というのは嘘で、主に金属やガラスで出来ていて把手(持ち手)の無い酒杯の事のようだ
おそらく説明では聖杯を指しているのだろうと思う
それ以前に聖杯が並んだ様子を花弁に見立てるのもかなり難しい・・・

蕾のうちは確かに赤い蕾をしている
しかしこの薔薇はどう見てもオレンジなのにイエローと言い張る強引さ
それに花弁の表裏と言われるとどちらが基準なのか判らない(汗)
僕は開いた状態で花弁の内側と外側として区別している
説明書きを見るとD・A社の花弁の表とは開いた状態で外側の事を指すようだ

僕はこんなお洒落な説明は出来ないので
蕾のうちは赤く、開くと花弁全体はオレンジ色
花弁の基部は黄色であり、花弁の外側にはうっすら赤みが乗る
花弁の一番外側には蕾の時の赤みが強めに残る
という感じだろうか・・これも解りにくいかな(笑)
香りは僕には感じられない、中香以下だと思う
しかし頼もしくとても美しい薔薇だと思っている。

c0278671_22295784.jpg

雨にしっとりと咲くレディオブシャーロット

c0278671_22291828.jpg


ゴブレットが緩やかに並んでいるかは分からないが
非常に整った花弁で、複雑に色が混ざり合っているのが判る

c0278671_22293009.jpg


この薔薇は迎えた当初は秋にはあまり咲かなかったが
今は秋にも二番花と同じくらいの数の花を咲かせている
元気なイメージの薔薇だったが命名された名前の背景を知るとイメージが少し変わってくる

c0278671_22293864.jpg


もう一つ、クイーンオブスウェーデンの写真もあったので一緒に紹介しようと思う

c0278671_22303999.jpg

この薔薇は二番花まではよく咲くが、秋にはあまり咲かない薔薇だ
秋でも綺麗な薔薇だが春ほどの個性は感じられない
ただこの薔薇もシャーロットと同じように非常に強健で安心感のある薔薇だ
しかしシャーロットはシュラブでツル薔薇程長くはならないもののしなやかでツル性が強いが
このクイーンオブスウェーデンは勢いのあるシュートは長く伸びるが超が付く程真っ直ぐに伸びる

c0278671_22302043.jpg

さて僕の住む土地でも桜の開花宣言が出されました
例年に比べ非常に早い開花です、史上二番目だとか・・
異常な暖かさで植物は気温に任せて一気に伸びてくるものもあれば
まだ準備が出来ずに気温の高さに追いつかないものも有り
今年は例年の順番、伸び方とは違う事が伝わってくる
例年通り順を追って成長するからこそ良い事も有り、異様な暖かさを喜んで良いのか考えてしまう


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好みなどの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2015-04-23 22:46 |  レディ オブ シャーロット | Comments(16)

レディーオブシャーロット 2014 


レディ オブ シャーロット Lady of Shalott
作出2009年 
c0278671_20544679.jpg
レディーオブシャーロットは比較的新しいER
ER特有と言える美しいオレンジ色の花が目を惹く
ERには三つのオレンジ色の薔薇が存在し、一つはこのレディオブシャーロット、二つ目はレディエマハミルトン三つ目はパットオースチン
我が家にはその中のレディオブシャーロットとレディエマハミルトンを植栽している
この三種はよく似ていて特にレディオブシャーロットとレディエマハミルトンはよく似ている
咲き始めの花は特に似ていてよく見ないと見分けが付かない程だ
しかし性質は似ていて非なりレディオブシャーロットは強健で樹勢が強く、香りこそ無いものの(僕は無いと思っている)
低めのつるバラとしても扱える薔薇である
レディエマハミルトンは低めのブッシュで銅葉を持ち、強いフルーツ香りを持っている
パットオースチンは高性のブッシュでどちらかと言うとハイブリッドティーローズのような直立性の樹形で先端が分かれる感じだろう
香りはティー系の強香で、花の内側と外側で色合いが違う事が他の二種とは違う所だろう、他に花の形もパットは少し特徴が有るようだ
この性質の違うオレンジ色の薔薇三種、性質を考え何処にどのバラを合わせるかを考えるのも楽しいだろう。


さて、レディオブシャーロット早咲き種である
今年の一番花の開花の様子をご覧頂こう
蕾は赤く、蕾がほどけるにつれてオレンジ色の花弁が広がってゆく

c0278671_20540133.jpg
一番花の頃は長雨だったがこの薔薇も例外なく雨に打たれっぱなしだった
c0278671_20533127.jpg

色合いが非常に美しい

c0278671_20534164.jpg
c0278671_20535256.jpg

一番花は概ね一輪咲きで大輪だ、ハンドブックで見た綺麗に花弁を重ねたカップの杯状咲きにはならずそれは二番花で見ることができる
一番花はディープカップ咲きといった感じだろう

c0278671_20540905.jpg



雨の中だがなんとか咲き揃ってきた

c0278671_20543673.jpg



全体の様子
周りの薔薇があまり咲いていないことから早咲き種である事が判る
ちなみに小道を挟んで左の樹高の低いオレンジがレディエマ
レディオズシャーロットは昨年からポール仕立てにした
昨年までは一番花が終わるとすぐに元気の良いベイサルシュートを上げたが、今年はツルを伸ばしたせいかベイサルは上がってこない


c0278671_20541824.jpg

雨がやっと上がりこんな美しい姿を見せることもあった
陽の光がよく似合う薔薇だ
c0278671_20552090.jpg



もう少し咲き進んだ様子、つる性が強いと知らずに迎えた品種だったため、つるを這わせる場所が無かった
しかし昨年ポールに巻きつける事を思いついた。
残念ながらよく見える位置に上手いこと枝を配置出来ず満遍なく花を咲かせられなかったのが残念だ

c0278671_20570781.jpg


完全に開ききることはなく、アプリコット色になって散ってゆく

c0278671_20553683.jpg

レディオブシャーロットの今は二番花が終わりまた少し芽が伸び出してきた
秋はあまり多く咲かない印象だが、二番花は花上がりが早く見応えがある
何より来年の為に枝がもっと伸びてくれると嬉しい。


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.png

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by tukiiro2613 | 2014-08-12 22:24 |  レディ オブ シャーロット | Comments(4)

レディ オブ シャーロット 秋の花

c0278671_20070690.jpg

レディオブシャーロット秋の花
・・・思った通り秋バラで紹介していない品種が出てきてしまった。汗
きっとこの薔薇が最期だろう。

秋の花と言っても咲いたのは9月上旬から中旬くらいまでで秋の薔薇としては早い方だ。
秋の花は9月中旬頃から10月中旬頃までに咲くと理想的だ。



c0278671_20062329.jpg
非常に優秀な薔薇で春から何度も咲く、先終わってから次の花が上がるまでが非常に早いので
いつも咲いている印象を受ける、このゾーンにはFのアイスバーグ、そしてデュセスドゥブラバンも
傍に植えてあり、この三種はどれも繰り返しよく咲く薔薇で、このゾーンは薔薇が絶えず咲いている。
その中でも一番返り咲くのはFのアイスバーグなのは言うまでも無い。
c0278671_20082878.jpg

しかし後になってこのゾーンにレディオブシャーロットを入れたのは失敗だったと気付く。汗
ピンクの薔薇デュセスドゥブラバンの傍に植えてある事、そしてこの時期には咲いてないがシャーロットの後ろには
赤紫色のマダムイサークペレールが居てなんだか妙な組み合わせになってしまっている。汗
実は花の色としてはオレンジや黄色はあまり好みでは無い、しかしイングリッシュローズの
このレディオブシャーロットやレディエマハミルトン、それと黄色のグラハムトーマス
僕の所有しているイングリッシュローズの発するオレンジや黄色の色合いは非常に素晴らしく
迷わず迎え入れる事にした。

c0278671_20064337.jpg

朝日を浴びるレディオブシャーロット、瑞々しく何とも言えない色合いで咲いているレディオブシャーロット
花の形、色合い共にとても美しい薔薇だ。
c0278671_20080904.jpg
こうやって見るとそれ程色合いは気にならないかな・・・
c0278671_20143767.jpg
ちょっと引いて撮った写真
赤茶色のベイサルシュートが見える、このシュートは一度ピンチしているが
この9月の花が先終わる頃には猛烈に伸びてきた
毎年の事だが夏までシュラブだったレディオブシャーロットはこの頃ツル薔薇に豹変する。
いやベイサルをそのままにするともっとニュルニュルと伸びているのかも知れない
発売当初は低めのシュラブとして売り出し、イングリッシュローズのシュラブの多くに
記載されている伸ばしても使える程度の紹介だったが今となればつる薔薇の紹介にも載っている。汗
どうしても伸びたがるのでこの薔薇はこのあとポール仕立てにしてみる事にした。
c0278671_20141873.jpg

とても美しい花だが、残念なのは香りが殆ど無い事。
確か軽いティー香がすると記載されていた・・・しかし僕にはそれは感じ取れない
咲き始めはハッとするようなオレンジだが、咲き進むと色が淡くなり優しい印象に
正直薔薇をあまり知らない人にはレディエマハミルトンとレディオブシャーロットの見分けはつかないだろう。笑
花色は似ているが、花の形、性質は全く別の薔薇。
細い枝にも花を付けるのでもう少し沢山咲いて欲しい薔薇だ、剪定の仕方を変えると良いのかも知れない
来年も楽しみの薔薇だ。

c0278671_20073684.jpg
c0278671_20142787.jpg


[PR]
by tukiiro2613 | 2013-11-29 13:00 | レディ オブ シャーロット | Comments(4)

レディ オブシャーロット 二番花

この間一番花をアップしたが、この品種はフロリバンダのアイスバーグと張るくらい次の花が早い。
ただしアイスバーグのように一気に返り咲きしてくれたりはしないようだ。
しかし花の時期がほぼ一緒なので隣に植えたは正解だったと思う。


一番花と同じ何とも言えない優しいオレンジ色の花弁に赤味を帯びて咲き始める。
c0278671_14382953.jpg

暫くするとオレンジ色が抜けて淡い色合いになる。
c0278671_14451065.jpg

一番花は大輪で咲いていたが、二番花は中輪で7センチ程度。
c0278671_14395771.jpg

アイスバーグのように一度に返り咲いてくれるともっと見応えがあるのだが
しかし花付きは非常に良い。
c0278671_14393528.jpg

花持ちは今の時期は一日から二日程度だろう。
c0278671_14411689.jpg

甘いティー香がほのかに、いやかすかに香る、非常に優秀なのでこのバラに強い香りが備わっていたらどんなに素晴らしいだろう。
c0278671_14404615.jpg

淡い色合いになったと思っていたら気がつくと散っている。
c0278671_14435223.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-08-03 14:18 |  レディ オブ シャーロット | Comments(0)

レディ オブ シャーロット一番花

レディ・オブ・シャーロット Lady of Shalott
作出2009年 ER シュラブ

僕はレディ エマ ハミルトンが好きだ、その色や形、そしてなんとも芳しい花の香り。
特に好きだったレディエマハミルトンの素晴らしさに気をよくした僕
似たような容姿を持つパットオースチンとレディオブシャーロットのどちらかも欲しいと思うようになり、考えた末レディオブシャーロットを迎え入れた。

パットオースチンはティー香を有した素晴らしいカップ咲きのバラだが、高性のブッシュ
レディオブシャーロットは背の低いシュラブでカタログでは確か1.2m程になるとの記載だったと思う。
アイスバーグの隣に配置したかったためレディーオブシャーロットを入れることにした。

咲き始めはレディエマハミルトンと見分けが付かないような感じで咲き始める、だがレディエマハミルトンよりはかなり花も株もデカイ。
c0278671_18121240.jpg

一番花は家では一輪咲きで全てが大輪で咲く、株が安定するとアイスバーグに追いつくように蕾を上げ、二番花は勢いが落ち着いて房になる事が多く、カタログ通りの中輪で整った聖杯型に咲く。
(後ろのマダムイサークが変な色で写っているがデジカメの特性で紫は色が安定しないのでご了承ください、↑の写真の色の方が近い、何よりレディーオブシャーロットとマダムイサークの色が合ってないような・・・)
c0278671_18125594.jpg

香りはほんのかすかに甘い香りがする程度、素晴らしいのは耐病性と樹勢。
夏を過ぎると黒点病で下葉を落とすことが有るが、樹勢が良いので気にならないうどんこ病にはならないに等しい。
二年目からは物凄く樹勢が強くなり、アナタ誰ですか?聞きたくなるような強烈なシュートを上げてくる。
樹高1.2m程度の小型のバラと思っていたらやはりシュラブ、伸ばせば結構な大きさのツルとしても使えそうなバラだ。
シュートを伸ばさないのでどこまで伸びるのかは不明だが、シュートを切り詰めれば暴れる事もなくちゃんと収まってくれるのもこのバラの良いところだろう。

株の下のほうが落ち着いた感じで杯状に咲いていた。
c0278671_18145415.jpg


c0278671_1816327.jpg


挿し木の花の方が樹勢が弱いので大輪でも綺麗な容姿で咲いていた。
c0278671_18244219.jpg


c0278671_1825837.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-07-16 17:10 | レディ オブ シャーロット | Comments(2)