カテゴリ: ヴァリエガタ ディ( 3 )

Variegata di Bologna 2014

9月4日、天候は雨
大気が不安定で強風が吹き荒れている
そろそろ早咲種の秋バラの開花が始まってきた
開花が始まると強風になるという今年はなんとも天候が恨めしい年だ・・明日の朝どうなってることやらハァ~…


さて気を取り直して
ヴァリエガータ ディ ボローニャ 1904年 イタリア 
ブルボン系のOR
中間期咲きの薔薇といった感じだろう、しかし半日陰なので開花は少し遅めかも


よく有る絞り咲の柄が反転したような珍しい白勝ちの絞り咲きの薔薇
ちなみにヴァリエガータとは斑入り(絞り咲き)の事
この薔薇は白勝ちで絞り咲きでも全然嫌味が無く、清潔感が有りとても気に入っている
この白勝ち柄は薔薇としては非常に珍しいと思う、返り咲きとの記載も有るが1季咲きで間違いなさそうだ(笑)
毎年開花を楽しみにしていて咲くたびに感動を覚える薔薇でもある

c0278671_21172556.jpg


蕾はまん丸でチュッパチャプスのようだ
c0278671_21193506.jpg


少し花弁が解けてくる、アンパンマンが空を飛ぶポーズにも似ている(笑)

c0278671_21192747.jpg


かなり花弁が開いたところ、花弁の内側と外側とでは絞り柄の濃さが違うことが判るだろうか
c0278671_21191898.jpg

下の方の花が咲いたところ、今年はよく伸びたつるの上部と下の方にしか花が付いてなく
前庭に植えてある事もあって余計なものが沢山写るので全景が移せない。汗

c0278671_21191090.jpg


この薔薇も必ずうどんこ病になるが重症にはならず樹勢が勝つ薔薇
写真では判りにくいかも知れないが、ライトグリーンの葉で細長く珍しい葉の形をしている
葉の色は落ち着くと濃くなっていくが、伸び出した時は本当に黄緑色で美しい


c0278671_21190146.jpg


花もちは悪くないがとても良いとも言えない、数日程度だろう
c0278671_21185017.jpg

花は中輪だが7~8cm程度
ローズ香がする

c0278671_21184063.jpg

花の形は厚みが有り、良い形をしている
とても好きな咲き方だ、丸い花から花弁が少しずつ反り返り開いてゆく
c0278671_21182869.jpg

ちなみに絞りは赤紫とピンクを合わせたような色あいだが、時間の経過と共に紫色が増してくる

c0278671_21181906.jpg
c0278671_21181133.jpg
c0278671_21180372.jpg

房になるものは5輪程度だったと記憶しているが華奢な枝にも花が付きそれは概ね一輪咲き
ORでも耐寒性はまちまちだが、この薔薇は非常に耐寒性に優れていると思う。

c0278671_21175453.jpg


花の中にも白が強い物や赤紫が強い物、それぞれで柄は見ていて飽きない

c0278671_21174683.jpg
c0278671_21173850.jpg

ヴァリエガータディボローニャは夏の間にもグングン成長し、今もサイドシュートを伸ばしている最中だ
昨年も結構大きくなったと思ったが、今年の開花を見てみるとまだまだだった
来年はもっと茂って他の物を隠してくれれば広範囲に写すことが出来るだろう(笑)

c0278671_21173218.jpg


これだけ見ごたえのある花を咲かせてくれれば1季咲きでも十分に楽しめる

c0278671_21201587.jpg


この房を見れば咲きだした色あいと退色した色あいの違いを見ることが出来る
ヴァリエガータディボローニャ、一本手元に置いておくと楽しめる薔薇だと思う、オススメ。

c0278671_21170619.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします

c0278671_19353148.png
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-09-05 00:29 |  ヴァリエガタ ディ | Comments(10)

ヴァリエガータ ディ ボローニャ 未公開写真とその後

最近になってやっと薔薇の一番花の画像の整理を始めた(遅すぎる。汗)
夏バラや秋バラはそれ程沢山の写真を撮っていない為公開していない画像は殆ど無いが、一番花は日の長さと開花の嬉しさも有ってか
沢山の写真を撮っていた、ある程度開花が進んでから紹介するようにしていたが
どんどん開花が進んでいくので記事にするのが追いつけず、最後まで紹介出来なかった写真が多数残ってしまった。汗
来シーズンに昨年のバラの画像をアップする事はまず無いので御蔵入りになること間違い無しなので、冬の間の目の保養に紹介してしまおうと思う。

最初はイタリアの薔薇ヴァリエガータディボローニャ。
家には珍しい絞り咲きの薔薇で、絞り咲きはどうしてもクドく感じてしまい苦手だが
この品種は白地に赤紫が入るとても珍しい品種、花弁の重ね具合も上品で派手な絞り咲きだが清潔感すら感じとても気に入っている。
返り咲きとの紹介も有るが残念ながらほぼ一季咲き、そう割り切って育てたほうが良いだろう。

まず良い感じの開き加減の写真
少し赤紫が多めだがとても良い形をしている。

c0278671_23025485.jpg

ここからは公開してない写真、春の記事でも十分だったが開ききった花の最後の方の様子。
この薔薇は主庭になく東側の前庭に植えているので、あまり庭の紹介でも目にすることは無いが
存在感たっぷりに咲いている。
c0278671_23031368.jpg

葉はオールドローズらしいマットな葉で細長く尖っている、新葉は黄緑色
あまり日当たりは良くない場所に植えているがちゃんと咲いてくれた。
c0278671_23030421.jpg

開ききっても大きく花の形を崩すことなく咲いている
花は7センチ程の中輪、うどんこ病にあまり強くないようだが昨年少しだけ発症したが
病気で困ることも無かった。

c0278671_23032707.jpg
1.5m-2.0mのシュラブと紹介されている事が多く、家でもツル薔薇のようには伸びないが
一季咲きのシュラブという事もあって半日陰でも樹勢は良く、伸びるツルは2mを越すくらいに伸びてくれた。
来シーズンはどんな咲き方をしてくれるか楽しみな品種。
c0278671_16385361.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好みなどの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
c0278671_01530838.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by tukiiro2613 | 2014-01-08 09:00 |  ヴァリエガタ ディ | Comments(4)

ヴァリエガタ ディ ボローニャ

ヴァリエガタ ディ ボローニャ Variegata di Bologna    
系 統Bourbon. 1909年イタリア

珍しいイタリアのバラ。
絞り咲きのバラだが、とても鮮烈な柄のバラである。
昨年迎え入れた苗だが、返り咲きと記載のある事もあるが残念ながら一季咲きのようで、開花を見るのは今季が始めて。

独特の真ん丸で白と濃いピンクのマーブルの蕾。
c0278671_21271590.jpg


開くと白地に赤紫の絞り咲き
c0278671_21292780.jpg

c0278671_21303249.jpg

僕は絞り咲きが苦手だ、でもこのバラは珍しい白地の絞り咲きで派手だが嫌味が無く、自然な色とは決して言えないけれど見るものを惹きつける魅力を持った素晴らしいバラだと思う
c0278671_21321561.jpg


ツルのように伸ばす事も可能で房咲きになり、通常7cm弱くらいの花径らしいが、まだブッシュで株が小さいせいか枝の先に一輪で咲いているのが多い、房になっているのも少しだけある
房にならなかった分花は大きく10cmはある。
c0278671_21324080.jpg


赤紫は咲き進むと青味がかってくるようだ。

c0278671_21332751.jpg


このバラはあまり日当たりが良い場所に植えなかったが、大きくなって花を沢山見たいと思える品種である。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-07-05 17:45 | ヴァリエガタ ディ | Comments(2)