カテゴリ: バロン ジロード ラン( 3 )

バロン ジロー ドゥ ラン 2014

品種名   バロン ジロー ドゥ ラン Baron Girod de l'Ain    1897年 フランス
HP ハイブリットパーペチュアル

バロンジロードゥランの春の花、この薔薇は早咲き
切れ込みのある花弁、そして白い縁取りが花弁の先に入る珍しいオールドローズだ
c0278671_12475558.jpg

紫系のバラのように感じるが、この薔薇は鮮明な赤のバラだ

c0278671_12471551.jpg

かなりビビットな色で動脈の血の色のように明るい赤だ・・・例えが変かな?汗

c0278671_12472355.jpg



この薔薇もすぐさま雨に打たれた、花弁が汚いのは強風に晒され葉が擦れたため

c0278671_12470853.jpg

雨に濡れる姿が美しい

c0278671_12470004.jpg


この薔薇は紫色に退色し、赤い咲き始めの花と紫色の退職した花の対比
そして殆どが紫色の花になる時がとても良い

少し退色して紫がかっている

c0278671_12465270.jpg

色が淡くなり紫色が強くなってくる

c0278671_12464495.jpg


雨が酷く当たるので完全に退色するまえにダメになる花が多かったが
この写真だと少しだけ色の違いがわかるだろう

c0278671_12463670.jpg

花弁数はあまり多い方ではない、長いこと上から雨が乗って支えきれずに花弁が歪む

c0278671_12462863.jpg

渋く退色した花

c0278671_12461938.jpg

たっぷりと花の中に水を含んでいる、これは最後の花

c0278671_12461323.jpg



最後の花が退色したところ、最後は開く事なく終わってしまった
全般にこの花は花弁の外側がシルバーがかっている

c0278671_12460649.jpg

と残念ながらここまでで、全景は無い
何故ならかなりのブラインドだったからだ。涙
この薔薇は耐寒性、樹勢ともにかなり良い、昨年中は大きく伸び、3m以上有るかとも思えるシュートも出した
かなりツルっ気の強いシュラブだと思う
春先、バラの様子を見て回っている時、このバラの前で足が止まった
この薔薇とソフィーズパーペチュアルは我が家ではかなりの早咲きで他のバラの最盛期には花が終わり頃
もう既に蕾を形成しても良いくらいなのに、いつまでたっても蕾が上がらない・・・
・・・もしかして、これってブラインドか?と思い始め見守る
生育期のように勢い良く伸びるステム・・で蕾は?汗
ステムの頂点の成長が止まっている物も出現しだした、殆ど返り咲きしない品種だがブライドだと思われるステムは全てピンチした
よって株はかなり大きくなったにも関わらず、20輪程しか花が咲かなかったのである。大汗

ピンチが功を奏したかちょこちょこ返り咲いているが、それ程花数は多くはなく暑さの為見れたもんじゃない。
ブラインドに関して色々考えたが、まだ寒い時期にも関わらずこの薔薇は芽出しが早く
壁面に誘引している事から壁に当たる太陽光の反射熱で更に芽出しが早くなり霜害に遭ったか
頂芽が縮れていた物も有り薬剤散布による薬害か
花時期に強いステムが出ていた事から多肥なんかも考えられるかと思った
バロンの元になっているユーゲンフルストも春の花がブラインドだった、しかし全く違った環境に植えてあるので
なにが関係していたのかは不明である
何はともあれ、ORが春にブライドを起こすと泣ける。(笑)

今現在も大きく伸び続けているが、このジロー男爵とてもうどん粉病になりやすい
でもよく伸びる。汗
僕が思うにはジロー男爵は男の薔薇、うどん粉病など全然気にしてない、ちょっとカッコつけただけ
男爵が煙草や酒を楽しんでいるだけ、体には悪いが男のたしなみなのだろう、それが男のかっこよさなのだ。(笑)

が、はた迷惑、他の薔薇にうどん粉病が感染る、そして株の見た目が汚い。大汗
でも全然気にせず伸びるジロー男爵なのであった
しかし男爵さん、うどん粉はまだいいがせめて花は付けてくださいな~!涙

うどん粉に弱い大型のシュラブ、昨年は華奢な枝に多数蕾を付け花付きは良いようだ
品種の紹介でも花付きは良いと記載されている
来年は期待したいと思う




ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします



c0278671_19353148.png
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-07-27 14:02 |  バロン ジロード ラン

バロン ジロー ド ラン 退色の様子

バロンジロードランが見頃を迎えている。

品種名   バロン ジロー ドゥ ラン Baron Girod de l'Ain    
系 統HP ハイブリットパーペチュアル
作出年1897年 フランス
シュラブ、健康的によく伸びる品種、返り咲きとあるが春のみしか咲かない事が多いらしい。


バロンジロードランを植えたのは出窓と出窓の間のデッドスペース。
深さ50センチくらいと幅50センチくらい土を入れてある、ここの土は良い土を入れた事と朝早くから昼過ぎくらいまでの日照ととても条件の良い場所、これだけしか植えられないのが悔しいくらい。
条件が良いのでここのバラは通常より更に早咲きでまだ他のバラが咲き始めたばかりなのにもう少しで満開を迎えようとしている。

c0278671_18502421.jpg

思い立って植え込みを作ったが、最初ここにバラを植えるつもりは無かった、何故なら上手く育たないと思ったから
しかしここのバラはかなり順調な成長を見せている。
なんとなくバラを植えだしたら全てバラになり、フェンスまで作ってしまった。汗
バラには狭いのでここで上手く育てばいいかなくらいに考え、あまり深く考えないで植えてしまったのでバラは変な組み合わせ
ここにはバロンジロードランとソニアリキエル、そして親株が駄目になってしまったルージュピエールの挿し木をとりあえず植えて根付いてしまったというなんとも訳の解らないチョイスになっている。汗
c0278671_18505195.jpg

壁に穴を開けたくなかったので2.5m程度かな?のフェンスを作った。
株は二年目なのでまだ小さいが横に誘引したので高さはまた1m強、今年は上まで行ってくれそうな気がする。

このバラは赤い花弁に白い縁取りが特徴的で、退色する様がとても素晴らしい品種。

咲き始めはビックリするような鮮明な赤色で咲き出す。
c0278671_1851564.jpg


少し赤色が治まり
c0278671_18512761.jpg


紫色が差して来る
c0278671_18514969.jpg


完全に深い紫色に花弁の外側はシルバーがかる。
c0278671_18521120.jpg


咲き始めた花と退色した花、この赤と紫の対比が素晴らしく何とも言えない景観を作ってくれる。
c0278671_23535032.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-06-24 17:48 |  バロン ジロード ラン

第一号 バロン ジロー ド ラン

芍薬の花が満開を向かえている。
c0278671_19451298.jpg

c0278671_19454847.jpg


そんな中開花したのが

Baron Girod de l'Ain バロン ジロー ド ラン (HP ハイブリッド パーペチュアル)

作出1897 France (フランス)
c0278671_19415059.jpg

う、粉剤の後が汚い。汗
c0278671_1941011.jpg

c0278671_19422077.jpg



今日本当の意味で家の庭の中で一番最初に咲いた薔薇、バロンジロードラン。
苗で迎え入れた物はもう開花が始まっているが、家に来たときにはもう葉が出ていたり蕾が付いていたので来年度は開花の順番は変わってしまうだろう。

バロンジロードランは日中開き夕暮れにはキュっと花弁を閉じてしまうみたいだ、残念。
この薔薇は昨年開花後のバージンロードランと書かれた意味不明のタグが付いていたバラ、タグの写真はロジャーランベリンのような花弁数の少ない物が付けられていた。汗
何を信じていいか解らなかったが、これはバロンジロードランに違いないと自分を信じた(笑)
良い株だったので昨年はそれなりに良い成長を見せた、そして待ちに待ったこの開花である。
庭で最初の開花な上に初対面の薔薇。

でもとても鮮明な赤と縁取りの白が素晴らしい、とても目を惹くバラだ、まだ二輪しか咲いていないがこれから退色していくのが楽しみ。

ルイーズオディエが一番最初に蕾から花弁が見え出したが、まだ花弁はほどけてこない
家はほぼ正確に家の角が東西南北を向いており、このバロンジロードランは東の角から南の角に向かって昇る太陽の日差しを浴びる、細長いスペースに植えてあるので壁面誘引のような形になっており薔薇の後ろは壁、ここの朝早くから昼頃まで当る日差しが開花を促進させるのか、このバロンジロードランとソニアリキエルは蕾が色付くのが特に早かった。

良い香りがしていたが、どんな香りか識別できる程には香っていなかった、この辺は休みの日に期待である
ああ、これからは毎日家に居たい。(笑)
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-06-19 20:00 |  バロン ジロード ラン