カテゴリ: ローズデュロワフルールプルプレ( 1 )

Rose de Roi a Fleurs Pourpres 不本意の薔薇


Rose de Roi a Fleurs Pourpres

ローズ デュ ロワ フルール プルプレ  作出1819年
オールドのポートランド系の薔薇
Rose de Roi(王の薔薇) Fleurs Pourpres(紫がかった赤い花)となるようですが合ってますか?

では実際の花の写真を
c0278671_22013443.jpg
とても美しい何とも言えない色合いで咲く薔薇だ。
オールドに良くある?感じの色合いのように感じるが
この品種は退色してこの色になったのではなく、最初からこの色合いで咲いていた
赤いバラは数あるが、僕は特に深い色合いの赤いバラが退色して紫になるのが好きだ

この薔薇は退色して紫になったわけではなく、ある程度最初からこのように赤紫色で咲き進むにつれて更に紫色になるようだ
c0278671_19265010.jpg

c0278671_22011371.jpg
ゴージャスでは無いが、この色合いの品種としては妙に艶っぽく独特の魅力を放っている

この薔薇はORの中でも特に情報の少ないバラで、これから育てていかなければ詳細が判らないバラである
c0278671_22010752.jpg

で、何が不本意なのかと言うと、この薔薇は自分で咲かせたバラではないからだ。汗
春に頼んだ苗は時期的には完全に休眠期なので自分自身では休眠苗が来るのだと思い込んでいた
その為まだ最低気温がマイナスになる四月初頭に頼んでいた
しかし実際に届いた苗は加温管理されていたのか、すっかり葉が展開し始めている水分たっぷりの苗だった。大汗
養生できる場所も無かったのでそのまま屋外で管理していた為、潤いたっぷりの株は何度も霜害に遭ってしまい
このローズ・ドゥ・ロア・フルール・プルプレとツルデトロイターはすっかり弱り、このプルプレは完全に再起不能と判断した為
再度注文して送ってもらった苗が開花が始まっている苗だったからである。
ちなみに他の薔薇は全て元気でツルデトロイターは復活、今回のことは苗の時期や霜害についてかなり勉強になった
他にも思い当たる節はあるが、一番の原因は霜害だろう。

しかしなすすべも無く弱り行く薔薇を見るのはかなり切ないものが有った
他にも20mを超す台風並みの強風で、風の通り道に植栽してある薔薇は
新葉が展開したばかりなのに、長い時間強風に晒されすっかり葉が傷んで汚くなってしまったり
予想外のブラインドの株がいくつか有ったりで自分自身すっかり気分が萎えてしまっていた。汗

もちろん大多数の薔薇は順調でそんな薔薇はわずかだ
知人に庭を見せてこれとこれが駄目でがっかりだ、と話すと
え?ほんのちょっとですよね?(汗)
これだけ殆どの薔薇が順調に育っていれば全然気にならないんですけど?と言われてしまった。
が、自分が思っていたよりも結果が出ていなかったので結構へこんでいた
調子が悪い株を見ると心配で気になってしまって・・
しかし純粋に楽しめていなかった事に知人の言葉で気がついた(自分自身気が付いていなかった)
もっと気を楽にもって楽しまなければ、早い段階で結果を出すことを目標としていたためそう言う思いになったのだろう

まあ何はともあれ、まいっか!とちょっと思うことにした(笑)
時間をかけて育てて行けば良い
c0278671_22015458.jpg

この後早めにカットして養生する事にした。

c0278671_22014627.jpg

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします

c0278671_19353148.png
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-06-03 19:51 |  ローズデュロワフルールプルプレ