美しい薔薇の開花




では今日も2014年秋薔薇の紹介

残念ながら1品種毎に紹介するだけの余裕が無くダイジェストでご紹介




まずフェアビアンカ
カタログ落ちしているER
カタログ落ちの訳はやはり育てやすい薔薇ではないことだろう
樹勢は緩慢、特別に病気に弱い印象はないが枝を失うと復活が難しい
c0278671_08354400.jpg



c0278671_08375732.jpg

カタログ落ちはしているがやはりこの薔薇の代わりになるような薔薇は今のところ見当たらない
独特の魅力を持っている品種だと思っている


c0278671_08380606.jpg
ORのマダムアルディと比べられることが多いが、四季咲き性以外にも樹形、微妙な花色や香り
他にも両者に違う点は多く、比べる必要は無く両方育てても個々の魅力を感じられると思っている(マダムアルディは所有してない)


c0278671_08374845.jpg
この薔薇によく似た強健な薔薇が有ればと思う方は結構多いのではと思っている(マダムアルディとは違う意味で)
ちなみに僕はそんな一人(笑)




イングリッシュ・ヘリテージ

c0278671_08373867.jpg

僕は一番花の方が個性が有って好きだが、秋の花も美しく
何より一番花はほぼ一日花なのに対して秋は数日花が楽しめるのが良い

c0278671_08373034.jpg

アイスバーグが交配親に使われ、非常に安定感のある育ち方をする
健康的に茂り、順調に育っているのが手に取って判るような感じと言えば良いだろうか
この薔薇はガーデンローズだろう

c0278671_08394615.jpg

秋の花はこのような透明感のある花も楽しめる
一番花なら、あぁもう摘み取らなければ散ってしまう!!と思う花だが
秋には暫くこの状態が楽しめる

c0278671_08395266.jpg

光に透かすとまるでガラス細工のよう




次はフランシス・デュブリュイ

c0278671_08395719.jpg

なんだか地植えにあまり向いてない気がして鉢上げしてしまった品種
まだ養生期間という感じだが、赤黒い花と濃厚なダマスク香がたまらない

c0278671_08383917.jpg


ヤングリシダス
c0278671_08350209.jpg

一番花は妙な色合いで咲いていたが、秋は本来の花色、咲き方だったと思う

c0278671_08400487.jpg

しかしなにせ枝が細く柔らかいので花が真下を向いてしまう
花は美しく香り高い品種なのでもう少し枝の伸びと硬さが欲しい所




ガートルードジェキル

c0278671_08391372.jpg


この薔薇はよく有りそうで他に無い薔薇だと思っている
開き始めはモダンローズのように非常に整った形で咲き次第にラフなロゼット咲きになる
開いたときの感動を強く感じる薔薇だ


c0278671_08390557.jpg

ERの中でも屈指の強香種で例えは悪いがツンと来るほどの香りを有している
意外にも細い枝にも花を付け花付きが良い
ただ樹勢の強い品種のはずだが我が家のガートルードジェキルの成長はそれ程でもない

c0278671_08383217.jpg


c0278671_08330778.jpg



ミッドナイトブルー(FL)
c0278671_08384843.jpg

昨年の一番花が終わってすぐあたりに迎えた苗
その後夏の花を見て、秋にも開花した
花は中輪だが小さめで5cm程度だろうか、小輪と中輪の間くらいの印象だ
写真を見て判るように蕾のうちは赤黒く開くと濃い紫になる
しっかり開くと金色(黄色)のシベが覗き紫色の花弁との相性が良い
ちなみに香りは無く、花の命は短め


c0278671_08392168.jpg

下の写真は株が二手に分かれておりその片側
花が小さいだけに花付きは良い、昨年訪れた薔薇園ではまだ一番花が咲いている苗が売られており花をみて気に入った
帰りに立ち寄った店で苗と出会い、それは一番花が終わっていたが状態が良かったので迎えた
これだけハッキリとした紫色はさすがにこれまで所有してなかったが、ちょっとした変化を求めて迎えた品種
春の開花はまだ自宅では見てないので楽しみにしている

c0278671_08385616.jpg


ジェントルハーマイオニー
花弁に朝日が差し込む様子、春はハーマイオニー独特のミルラ香りがする
僕は春の香りは好みが別れるだろうなと思っているが、秋にも強く香るが全く違うローズ香が漂う

c0278671_08382401.jpg





ブログの題名にも使わせてもらったジュード
いつも濃厚な香りを振りまいてくれる独特の色合いの愛らしい品種

c0278671_08393111.jpg


香りはローズの香りだけではなく品種紹介で白ワインと記載されているように
濃厚でどこか発酵臭がするような気がする、決して嫌な香りではなく
熟した果実を合わせたような独特の香りだ
沢山咲き乱れるような品種ではないが花が咲くととても嬉しくなる品種だ

c0278671_08362069.jpg


ロイヤルジュビリー
我が家では新しいER
最新品種のオリビアローズオースチンもとても気になるが、国バラで白い薔薇の新品種が発表されるんですってね~楽しみです。

c0278671_08351013.jpg

ロイヤルジュビリー放っておいても沢山じゃないけどよく返り咲く品種だと思う
香りはそれ程強くないが香りが認識出来るレベルだ



デュセスドゥブラバン

c0278671_08363926.jpg

この薔薇も夏秋と一斉開花で返り咲く優秀な品種
花弁は少なめでフワフワと柔らかく咲く薔薇
甘いティー香がする、しかし僕はティー香はかなり強く香ってないと嗅ぎ分ける事が出来ない

c0278671_08353866.jpg



チャールズレニーマッキントッシュ
c0278671_08371348.jpg

やはりこの薔薇も夏と秋にもちゃんと返り咲く品種だ、やはりブッシュは優秀
かなり細い枝にも開花するがよく咲くせいか樹勢は緩慢であまり株は太ってこない
c0278671_08431186.jpg

外側の花弁でギュッと中の花弁を包み込んでいる、中の花弁は不規則な並びをしているが
それがまたこの品種の特徴でありチャームポイントだと思う

c0278671_08353026.jpg



レディエマハミルトン

c0278671_08362712.jpg


誰にでも愛される非常に強いフルーツ香を有している品種
このバラを初めて見たときはこれ程までに嫌味の無いオレンジ色があるのかと感動して迎えたのだった
その後調子に乗ってレディオブシャーロットも迎えるがちょっと庭の中のオレンジの比率が多すぎる気がしている
しかしシャーロットも違う用途の素晴らしい品種なので満足している
庭の様子、宿根草と綺麗に咲いているが追肥しなかった影響が出ているようだ
蕾は万遍なく付いたが勢いのあるシュートは無くポツリポツリと咲いている
c0278671_08432365.jpg



シャリファアスマ

c0278671_08361182.jpg

秋も美しくこの薔薇もまた強い香りを有している


c0278671_08355631.jpg

日差しの関係も有って咲き方が非常に雰囲気がある
この薔薇も夏も秋も咲くが秋は雨が多く、花弁が傷んでなかなか写真が写せなかった

c0278671_08394089.jpg



アランティッチマーシュ
この薔薇は充実した花が好きだが、まだ株が勢いが足りない切り詰めるか伸ばすか迷う品種だ
c0278671_08364787.jpg


ザ ジェネラスガーデナー
秋にはあまり咲かないが秋の花は春とは違う色付きで美しい
香りもとても良い
所有するERの中では一番の強健種
c0278671_19544087.jpg





ローズポンパドゥール
美しい花を咲かせている
他にももちろん咲いていたが寒さで上手く開けずに終わった
c0278671_08365668.jpg



セプタードアイル

非常に愛らしい品種で伸ばしてもよく返り咲くが夏剪定を行った方がよく咲くらしい
伸ばすだけ伸ばしたのでベロンベロンになってその先に花がついているので写真が上手く写せなかった
今年は夏に剪定を行って上手く写真を写せたらと思っている

c0278671_08370356.jpg






モーティマーサックラー

意外に秋にもよく咲いていた

c0278671_08372163.jpg



プリンセスアレキサンドラオブケント

大輪種だがよく返り咲く品種だ
強香で蕾から開き始めがオレンジを含んだ赤、朱色のような色合いをしているのが特徴
一輪の美しさでは秀でた物があるだろう

c0278671_08381595.jpg


ジュビリーセレブレーション
夏剪定を早めに行ったが冬の寒さが早く来てしまい
遅咲き種でやっと咲いたのにすぐに寒さで開けなくなってしまった
ジュビリーは夏の花を見ない方向で行かなければ秋にまともな花が見れないのかも知れない
なんとかこの薔薇の秋の花をまともに見るのが今後の目標だ
ここに訪れている方は知っていると思うがお気に入りの品種だ
香り容姿ともに素晴しい、ただ花弁が多いのでうな垂れ安いのが難点だろう

c0278671_08351919.jpg
秋の薔薇全てではないがピックアップしてご紹介しました、お付き合い有難うございます
先に限度までアップしておいたので次の記事で最後です




帰る前にこちら↓にポチッとしてくださると光栄です。


c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

[PR]
by tukiiro2613 | 2015-05-06 00:34 | Comments(4)
Commented by れいこ at 2015-05-06 14:57 x
こんにちはなんだかんだと忙しく久しぶりにお邪魔したらブログ終了とのこと。非常に残念でなりません。(T_T)勝手にマダムイザック〜のブログの冒頭を読んで何かあったのでしょうか?勝手に心配してます。(;>_<;)またいつか出会えることを願っています。どうぞお身体を大切にしていってくださいね。追伸GW前半は大阪京都に家族で車中泊で行きました。バラが満開でした。埼玉の西武ドーム近くの我が家周辺はモッコウバラが満開です。来週からは国際バラショーですね。その時はドームはむせ返るくらいのバラの香りです。いつか、ぜひ遊びに来てくださいね。
Commented at 2015-05-07 08:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tukiiro2613 at 2015-05-18 22:14
れいこさん 
そうなんです、一応予告はしておりましたが画像の容量が一杯で辞める事になりました
ご心配有難うございます、体調不良はその例のマダムイサークでした、徐々に復活してきていますのでどうぞご心配なさらずに、有難うございます(^ω^)

なんとGWに車中泊で京都に!?僕も一度家族で車中泊した事があります、周りに雷がたくさん落ちる大雨の中でしたがなんだかとても楽しい夜でした(笑)
京都では薔薇が満開だったのですね、国バラは毎年行きたいですが、もう終わりましたね。涙
でもいつかれいこさんの地に遊びに行きたいと思っています、いつかな~、でも必ず行きたいです!(笑)
Commented by tukiiro2613 at 2015-05-18 22:18
鍵コメント様

いつも見てくださって有難うございます、新たにブログを開設しましたのでよろしければまたご覧になってくださいね。
コメントですが、そんなに気にする事は無いですよ(^ω^)
ネットで動いている方は僕も含め始めたばかりの人間が多いですし、僕はいつでも歓迎いたします。
<< Raindrop グラハムと赤い葉の薔薇 >>