グラハムと赤い葉の薔薇





今年は暖かい
このセリフを何度書いただろうか、とにかく年が明けてからずっと暖かい年だ
今現在も6月並みの気温が続いている
暖地ではどんどん開花が進んでいるようだが、僕はひっそりと秋の開花を紹介している(笑)

とりあえず今の庭の薔薇の様子
暖かさに任せて植物たちはどんどん活動している
写真は今のブラザーカドフィールER
c0278671_12365010.jpg

昨年の春に紹介してなくて後悔した品種だ
新葉の頃の葉が暫く赤い品種だ
葉のみならず厳しい寒さを越えてきたせいか枝もワインレッドに色ついている
モダンローズは新葉の先が紫色になる事が多いが、ブラザーカドフィールは開いても暫くは全ての葉が色付いている
今年は妙に暖かいせいか赤よりも橙色に色ついている
昨年の芽出しの時期は平年並で今年よりもずっと寒かったのでもっと葉が赤く美しかった
他にもデュセスドゥブラバンの新葉の色も美しいと思っていたが、やはりブラザーカドフィールが色では一番美しい

c0278671_12370076.jpg

ルージュピエールの新葉、通常モダンローズに多い新葉の色の付き方だ
実は早いものは蕾が出来始めている
何!?今年は早すぎるのではないか!と思って昨年の記事を見直してみたが
5月5日に蕾の報告をしていた(笑)本当記憶なんか当てにならない、いやそれは自分自身の問題か?(汗)
c0278671_12371451.jpg


昨年ボンクラだったバロン男爵、株は大きいのに少ししか花を咲かせなかった
まだ極小の蕾なので判らないが、見たところ万遍なく蕾が付いているように見える
ORの新葉から既にライトグリーンの葉もまた美しい

c0278671_12372278.jpg
で、今年の問題はこの薔薇
毎年何だかんだ有るものだ・・・
先日お伝えしたマダムイサーク
どうしたものか、新葉が萎縮している
芽出しは皆一斉だったので気がつかなかったが、その後この薔薇だけ成長が遅れている事に気がついた
c0278671_12370738.jpg

昨年までとても元気でなんの問題もない品種のはずだったが、全体に葉がこんな感じだ
無事に越冬して枝を多く残せた事を嬉しく思っていたがこの有様、期待し過ぎてプレッシャーに弱かったとか?(汗)
施肥は少なめだし特に変わった管理をしてないので全く理由が判らない
地面よりも上にはキャンカーなどの問題は見当たらないので、根に問題を抱えたのだろうと思っている
もしかしたらネキリムシが大量発生しているとか、通常地植えではネキリムシは居てもそれ程問題にはならないが
大量発生すると猛烈に弱る事が有る、昔薔薇以外の植物で経験した事が有る
まあそれ以外は癌・・いやそれは考えないでおこう。

毎日何度も何度もこのバラを見ている、やれるだけの事はやってみている
それもあまり構い過ぎると逆効果になってしまうので程々に
今日は太い枝を握ってみた、自分のパワーが送られれば良いのに、なんて考えながら
本当に僕がヨボヨボになってしまったら笑えるが・・・いや笑えない(汗)
後は時が解決してくれるだろう、この待つ時間がとても長く感じるのだが・・・



では昨年2014年秋のグラハム・トーマスの紹介
ちなみに昨年は秋までに柔かい枝を残さず充実した枝を残すために元肥以降は無施肥
ツルやシュラブのみならず全ての薔薇を実験的に無施肥にした
結果やはり花は少ないが一定の効果は得られたと思っている
ちなみに今年は追肥有りで行く予定

c0278671_17061750.jpg

秋、それなりに花を付けたグラハムトーマス
色が濃くなる感じは特にしないが、春同様にとても美しい山吹色から始まる美しい花を咲かせている
ちなみに手前に見える小さな花は宿根アスター(原種系)

c0278671_17063077.jpg



我が家にはこのグラハム・トーマス以外に黄色の薔薇は無い
実は以前黄色やオレンジ色の薔薇は苦手だったがERの黄色やオレンジ色の薔薇は嫌味が無く非常に美しく
特にオレンジ色の薔薇レディエマハミルトンやレディオブシャーロットの美しさには驚いた
黄色も一本は取り入れたいと思って迎えたのがこのグラハムトーマスだった
北海道と言う土地のせいか今のところツルとして扱うにはちょっと難しい感じだが
今現在は大きめのシュラブとして木に添わせながら使っている

c0278671_17062301.jpg

朝日を浴びるグラハム
この頃は朝日でも夕日のように色付く

c0278671_17055156.jpg


宿根アスターは真下ではなく横に植えてある
このタイプはランナーを伸ばして這って増えるので株元には生えないようにしている
実はこのアスターは高性で1mくらいある、グラハムの背が伸びたので下の方の花としか上手くコラボ出来なくなってしまった

c0278671_17073170.jpg

c0278671_17053958.jpg

非常に美しい花だ
条件が良ければ純粋なティー香、茶葉の香りがする

c0278671_17052869.jpg

ガーデンローズとして一本だけ迎える黄色い薔薇として考えるのなら
ある程度の背丈が欲しかった事と、中輪のこのグラハムを迎えて正解だったと今となって思う
しかしゴールデンセレブレーションやシャーロットオースチンなどなどERには魅力高い黄系の薔薇が多数ある
場所さえ許せば色々植えてみたいのだが・・・

c0278671_17051732.jpg

開花はゆっくりで咲いては散り、次の花が咲くという感じなのでさらに花数が少なく見える
グラハムは夏剪定が有効な品種と見た、そのままでもよく咲く品種もあるが
所有している中でグラハム、ウィリアムモリス・セプタードアイルなどは夏剪定により秋の花が増えるようだ
ただどの薔薇も今のところ成長を優先しているので、昨年は伸ばせるだけ伸ばしていた
よってこのパラパラな花付きだが、今年辺りからそれも取り入れて行けそうな気がしている

c0278671_17045387.jpg
c0278671_17040893.jpg
c0278671_17035801.jpg

開花前半は花弁の縁が丸くスっとしていたが、後半になると花弁の淵がギザギザになっている

c0278671_17005474.jpg

この開花後半の写真を見ると美しいがどうもグラハムと違うバラのように感じる(笑)

c0278671_17004547.jpg


昨年秋のバラの写真を記事を紹介するにあたって見直してみると
自分が思っている程病気には侵されてないようだ(笑)
むしろ下葉はハダニでかなり落としている

c0278671_17003856.jpg
c0278671_17003115.jpg


秋には宿根アスターとコラボしているグラハムだが、春にはバイカウツギとコラボしている
場所的に結構無理させているが、そのせいも有ってグラハムのチョイスだったのだ

c0278671_17475813.jpg

やはり春の開花は花弁が多く元気な感じが伝わってくる

c0278671_17471407.jpg


また秋のグラハム
褪色が進んでくる


c0278671_17002267.jpg

この散る寸前のグラハムも美しい
この透明感をなかなか写真では表現できないのが残念だ

c0278671_17001220.jpg

さて、今年のグラハムは越冬後多少の凍害が出たものの元気に成長している
今年はどんな開花を、そして成長を見せてくれるか楽しみにしている。

さて、皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?
我が家は異常な人ごみが苦手でGWはDIYしたり近場に出かける程度でだいたいまったりと過ごしています(笑)


残すところあと一つか二つ記事を書けばこのブログは終了です
いつも見てくださっている皆さんよろしくお願いいたします。



ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好みなどの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします




[PR]
by tukiiro2613 | 2015-05-04 14:54 |  グラハムトーマス | Comments(5)
Commented by Arietta at 2015-05-04 18:02 x
つきいろ様
マダムイサークは凍害ではないでしょうか。写真の下の方の短い枝の先は明らかに凍害ですから。
うちでは大抵寒さで枯れるとそのまま芽が出ないので諦め悪く待ってから,最終的には芽が出ないで茶色く枯れた部分は切る,というパターンなのですが,この春は,一旦元気に芽が出て,それからそのまま動かなくなり,そのうち新芽は枯れ,枝も枯れてしまって先週枝を元から切ったものがありました。特別寒さに弱い品種でもなかったので困惑しましたが,やはり寒さのせいのようでした。イサークはブルボンのなかでは,ルイーズとかボローニャほど寒さに強くはないですよね。特別寒い年でなくても,それぞれになんらかの体調とかあってそういうこともあるのではないでしょうか。しばらく様子を見て持ち直せばいいし,この程度なら写真の部分だけはダメでも先の方は新芽が出るかもしれないし,このまま新芽も先の方も枯れたら泣く泣く切るしかないかもしれません。でもバラは再生力が強いから大丈夫ですよ。
Commented by tukiiro2613 at 2015-05-04 20:44
Ariettaさん こんばんは。
凍害でしょうかね、そうだと良いのですが・・・
凍害は初めてではないのでAriettaさんと同じように経験してきたつもりですが
短い枝の凍害のような様子は通常なら問題なく花を付けられると思って残した短い枝ですが、斜上している枝よりも少し下方に伸びています、斜上している枝すら養分が十分に上げられない状態なので自ずと枯れてきたのだと思います。
ただ、Ariettaさんの仰るようにこの薔薇はブルボンでもそれ程耐寒性が高くないと思います
一昨年は霜焼けのような症状が出てそれよりも上部の枝は同じような萎縮した葉が出てました
仰ることはよく理解出来るのですが、問題なのはこの葉の萎縮は株全体なのです。涙
イサークは毎年凍害が出てましたが、今年のような事は初めてです、今後どうなるのか気が気じゃないです。
Commented by かな at 2015-05-05 09:54 x
つきいろさんこんにちは。
お久しぶりです、旭川のかなです。
我が家は初めての冬でしたが、まだどのバラも小さく、凍害はシャーロットに少し出たくらいでした。
ところで、つきいろさんのブログではあまり登場しないピエールドロンサールはその後どうですか?耐寒性がやや心配ですが、うちの壁に迎えようかと考えていたす。
Commented by かな at 2015-05-05 15:12 x
すみません、ピエールのことは癌腫の記事にありましたね。うちも日当たりの悪いあまり条件の良くない場所なので、上手くいくかわかりませんが、トライしてみたいです。
Commented by tukiiro2613 at 2015-05-06 00:27
かなさん こんばんは。
旭川のかなさんですね、よく覚えていますってリンクもしてますしね忘れません(笑)
過去記事もチェックしてくださったのですね、有難うございます。
さてピエールドロサールですが、耐寒性はあまり良いとは思いません
こちらの薔薇園などをみても2m程度が限界かと思います
積雪地帯の厳寒地で越冬する際に最低限の管理しかしないのならオベリスクやポール仕立てで高性のブッシュのような扱いが手間がかからないように感じます。
(凍害が出た部分を切り捨てそれより下から伸びた枝に開花するの繰り返し)
ピエールなどが耐寒性が低いのは元々メイアンが温暖な土地な事もあるかもしれませんが、ただ育種は色々な品種を掛け合わせるので一概には言えませんね。
そうだとしても越冬の仕方次第だとは思います、横に寝かせて雪に埋まっていればそれ程問題ではないかも知れません
我が家の場合は壁面で雪がかなり乗りますが、壁に日差しを受けると次第に壁と雪山の間が溶けて真冬でも隙間が出来て広がっていき露出してしまいます
これは僕にとって盲点でした、それ以外にも水はけがよろしくないと秋に枝に水分が多いまま越冬してしまうので凍害に遭いやすくなるようです
まあ色々有ってピエールとブランピエールは今は育ててませんが、それ程高さが必要な仕立てではなく横に長くとかならさほど問題無いと思います。
ただ株元は非常にゴツくなる薔薇なので早めに癖付けしないと低く仕立てるのは難しくなると思います。
トライする価値は有る薔薇だと思いますよ(^ω^)
<< 美しい薔薇の開花 秋に咲いたイサーク 今の花達 >>