夏に咲く薔薇たち


宿根草の紹介が夏に咲くものになってきたので、今回は夏に咲く薔薇の紹介をしたいと思う


昨年は綺麗に咲いたものを品種別に少し紹介したが、今年は写真で残していたものを一気に紹介しようと思う
北海道と言えども夏になると薔薇の花の命は短く、すぐに虫が入るので綺麗に咲く薔薇は少ない
殆どの薔薇は無理に咲かずに休んでいて欲しいくらいだ(汗)
北海道は生育期間が短いので、四季咲き品種でも概ね春夏秋と三回の開花しか見れない事が多い
そうなると一番花以降、変に早く摘蕾してもまたすぐに蕾を付けてしまう事で秋に上手く咲かない事もあるだろう
開花調整も兼ねて夏にも開花させている事が多い
全ての品種の写真は無いものの、このままだとお蔵入りになってしまうので紹介していきたいと思う。


c0278671_20310606.jpg


まずはレディオブシャーロット
このバラは夏でも美しく咲く、もちろん花持ちは良くないがよく咲く。
一番花が終わってから二番花が咲くまでの期間が一番短い
c0278671_20152799.jpg

春の花と比べてもそれほど遜色ない綺麗な開花を見せる

c0278671_20154492.jpg

花が咲き始めるものと終わるものが入れ替わりながら咲いている感じだ

c0278671_20162785.jpg


春より開花は少ないがまあまあ咲いている方だと思う
c0278671_20161466.jpg

レディエマハミルトンと見分けがつかない方も居るかと思うが
見慣れてくると全然違うのが判るだろう、写真を見ただけで判断が付く
c0278671_20160357.jpg
c0278671_20155243.jpg


イングリッシュヘリテージ
このバラもよく咲くバラだ、花が短命で有名だが更に花の命は短くなる。汗
でも秋に期待できるバラなので夏はそれでも良い
c0278671_20164288.jpg


こちらはナエマ、ナエマはヘリテージを交配に使っているので少し似ているが
このバラも見慣れてくるとヘリテージとの違いがわかってくるだろう

c0278671_20165051.jpg





c0278671_20171062.jpg


こちらはナエマと同じデルバールのシャンテロゼミサト
少し紫がかっているが春の花ほどの雰囲気は無い
c0278671_20171909.jpg

このバラはシーズン中ちょこちょこ咲いている、纏まって咲いてはくれない
我が家は秋もあまり多くは咲かない
最近伸ばしていたので切り戻すようになると開花を促せるだろうか・・
夏はやはり花持ちが悪くすぐに花弁の先が傷んでいる

c0278671_20173075.jpg



プリンセス アレキサンドラ オブ ケント・・長い。汗
このバラは完全四季咲き性のバラだが、房咲きにならないもののシーズン中はよく返り咲きしている

c0278671_20174875.jpg

春や秋の花に比べるとやや小さく全般的に色あせた感じだ
c0278671_20175765.jpg

一番花は出来るだけ一気に切り取っているが、花が咲き出すので終わるのが一定なはずもなく、二番花はまばらに咲き出してしまう・・・

c0278671_20180894.jpg

上の写真ではあまり感じないだろうが、夏でも意外にボリュームの有る花を咲かせている

c0278671_20173915.jpg


次はアブラハムダービー
c0278671_20182080.jpg


このバラもよく咲くバラだ、その上暑い時期でも花が大きく綺麗だ
c0278671_20183867.jpg

このバラは総合的によく出来たバラと言う印象が強い

c0278671_20184778.jpg
c0278671_20185537.jpg
やはりどの時期でも花色は安定せず、色々な表情を見せるバラだ

c0278671_20192383.jpg
c0278671_20193313.jpg

ソフィーズパーペチュアル、夏の花は4~5cmくらいかな?かなり小さい
でもなかなか愛らしく咲いたので撮っておいたもの
c0278671_20195153.jpg

真っ白に咲くジェネラスガーデナー
一番花以降はあまり咲かない、しかし一応夏も秋も咲く
プロの方は返り咲きの花は多くないので、一番花以降は切り取らず秋にローズヒップを楽しむのも良いのではと提案している
僕は今のところ花が見たいので切り取っている、夏は白っぽい花が多いが秋は色が濃くなる
元々花持ちは良くないので夏花はあっという間の出来事。

c0278671_20195913.jpg

フェアビアンカ
残念ながらちょっと調子を落としてしまったが
調子が良ければ夏もよく咲く、花径は一回り小さくなるが
夏の花もなかなか良いと思う
c0278671_20201323.jpg


シャリファアスマ
このバラももちろん夏も咲いてくれる
一番花は出来るだけ最後は一気に切り取るようにしているが
やはり花が終わるのにばらつきがあるせいなのか、一番花以降は一輪咲きが多く一気に咲いてくれず
c0278671_20202710.jpg
花はなかなか良いが、花が傷みやすい、写真に残せる花は稀だ
c0278671_20203579.jpg


ヤングリシダス
まだこのバラは本調子じゃないが
一番花よりはそれらしく咲いたような気がする
ちなみに葉が汚いのは強風のせい
c0278671_20204340.jpg

もっと樹勢が強いとかなり良いバラだと思う

c0278671_20222068.jpg


レイニーブルー二番花
まだ迎えたばかりなので特に書く事は無いが
夏でも良い花を咲かせている、春よりも赤みが強いかな
c0278671_20205661.jpg

プルプレ
春でもそんなに花弁が多くなかったので、夏はこんなものだろう
花はあっという間に終わってしまった。汗
来春に期待

c0278671_20210322.jpg



これは多分ジェフハミルトンの二番花だと思うが
綺麗に咲いていると思う、この花が一番花で傷まずたくさん咲く品種が欲しい(笑)
ハンドブックではウィズリー2008がこの花の印象に一番近かったが・・・

ジェフは一番花すら紹介してないが、今年は二番花もそれなり沢山蕾が上がった
しかし数輪以外はすぐに花弁が傷んでしまった・・・
c0278671_20213630.jpg



次はフォールスタッフ

c0278671_20211383.jpg

このバラは年を追う事に四季咲き性が良くなっている
迎えた当初は返り咲いてもちんちくりんの花しか付けなかったが
昨年は夏でもこのように大きな花を付けた

c0278671_20212190.jpg

一番花以降の蕾も多くなってきた、素晴らしい花を付けるものの花弁の縁が日差しで傷みやすく
開く前にさっさと切り取って飾れば良かったかとちょっと後悔している。汗
アーチに誘引しているバラだが、上の方にばかり花が咲いてろくに写真も撮れてない・・酷い写真だ・・
もう少し低い位置に段を付けて剪定するなど考えていきたい
c0278671_20212623.jpg

続いてムンステッドウッド
このバラもフォールスタッフ同様夏でも良い花を付ける

c0278671_20225859.jpg


夏は白いエキナセアと一緒に咲く
c0278671_20220823.jpg
c0278671_20220209.jpg

一番花のように大きな花ではないが、それなりにボリュームがあり立派だ
この薔薇は挿し木の細い枝から咲いた花でも10センチは有る花を咲かせる
最近咲いた二番目の挿し木の花も同じくらいの花径があり、何処にそんなパワーが有るのかと思ってしまう。
c0278671_20224726.jpg

春よりは赤みが強いものの夏でも渋い色合いで咲いている


c0278671_20223861.jpg

やはり約束された四季咲き性、どの季節にも揃って満開を見られるのはこのバラだろう
c0278671_20232691.jpg


アイスバーグFL
c0278671_20233644.jpg

やはりこのバラは優れたガーデンローズだ
c0278671_20242492.jpg

このアイスバーグとレディオブシャーロットは庭の目立つ位置に植栽して良かったと思っている
c0278671_20240885.jpg
夏までに株が大きく茂り場所が手狭になっている
この後夏剪定をして、秋にはまた同じくらいの大きさになる
c0278671_20235714.jpg
やっぱり優秀なのでバーガンディも入れようかなと思ってしまう(笑)
昨年は良い株に出会ったのに見送ってしまった、今年もかな・・・
c0278671_20234754.jpg



レディエマハミルトン
蕾はそれなりに有りよく咲くが、このバラも花の命は短く、咲いては散りを繰り返し咲き揃わず
夏の印象はあまり強くない


c0278671_20243431.jpg
c0278671_20244365.jpg
セプタードアイル
よく蕾を付け、夏は小さめの愛らしい花を付ける
c0278671_20245363.jpg

開花した部分を写したが、半分くらいは摘み取って終わった
c0278671_20311557.jpg



ソニアリキエル
この写真はフェンネルと写っていたのでソニアリキエルだと判ったが
そうでなければ判らなかった(汗)
しかしこの薔薇は夏の花が特徴が無い訳でもない


c0278671_20250303.jpg
ロイヤルジュビリー
纏まっては咲いてなかったが、この薔薇は意外によく返り咲きしていたと思う
ただ春以降は花弁が傷みやすく綺麗な写真が撮れなかった

c0278671_20252530.jpg

モーティマーサックラー
枝が延びて株全体はまばらに咲いているようにしか見えないが
c0278671_20253137.jpg


切り取るとまあまあ咲いていた、でも花弁が傷んでいる
c0278671_20295270.jpg
c0278671_20301059.jpg
クイーンオブスウェーデン
夏までは蕾が上がるが、秋の花は少ない
c0278671_20253838.jpg
c0278671_20254642.jpg
ジュビリーセレブレーション
昨年は一番花の後お疲れだったので、お礼肥をあげればよかったとちょっと後悔
昨年は実験的に春の施肥以降はどのバラも肥料をまったく施してない

c0278671_20262631.jpg

おそらく昨年の8月10日前の夏剪定前の写真だろう
この薔薇は夏に咲ききる前に夏剪定になる

c0278671_20255356.jpg

ジュビリーの横にはピンクのエキナセアがよく咲いている
c0278671_20260813.jpg

チャールズレニーマッキントッシュ
この薔薇はよく咲く薔薇だ、とてもコンパクトだが
かなり細い枝先にも開花し、夏秋共にちゃんと咲く
c0278671_20263725.jpg

ツル薔薇のように大きくなったのをネットで見たことが有ったが、やはりあれは稀なんだろう
大輪だと僕の手には二輪ほどしか収まらない、花の大きさが判るだろうか
c0278671_20305729.jpg


ルージュピエール
この薔薇も夏でも良い花を咲かせる
挿し木株しかないのでまだこれからだが良い薔薇だと思う
ちなみにツルは凍害に遭いやすいので、伸ばす場合は防寒が必要
c0278671_20310606.jpg
この薔薇はブッシュとして育てたとしても使えると思うので、厳寒地に居住している方は
ツルで景観を作ろうと思わずに取り入れるのをオススメしたい
ただ、僕は本家ピエールもそれ程耐寒性の良い薔薇だとは思っていない。

c0278671_20304270.jpg

この時期、夏剪定前で株が間延びしている事と、花が咲いてはすぐに傷むか散ってしまうので纏まって開花している薔薇は少ない
株全体で写している写真は少ないが切り取ってみると意外に花が付いていたりする

もちろんちゃんと咲いている品種も他にもあるが、どうしても夏は薔薇を綺麗に撮ろうと思う気持ちが失せてしまっている
夏にバラの写真を撮ろうと思う気持ちが失せてしまう要因としては
まず花弁が少しでも茶色く傷んでいたりすると写す気がなくなってしまう事、夏場は花焼けしてしまう事が多い。
薔薇の花にたまたま来た虫ではなく、スリップスのような常駐している害虫がうようよしていたり
コガネムシに花を食害されてしまっていたり
夏には別人のようにチンチクリンの花になってしまう品種などなどの理由がある




c0278671_20301934.jpg

夏でもしっかり咲く薔薇は景観を作るのに役に立つが、夏は咲いても部屋に飾る事はまず無い
四季咲き品種は咲かせて夏剪定時期に一気に剪定するか
摘蕾を続けて良い時期になったら辞めて秋に咲かせるか迷っている

昨年は早めに夏剪定したものの、秋になると急に冷え込んで結局開花が間に合ってない薔薇もあった。(汗)
昨年は冬が早く来たかと思えば、冬は異様に暖かく今は例年より春が早く来ている
冬囲いは例年の降雪量を見込んだ高さに設定して行ったが、結局雪が少なく枝は露出しっぱなしだった・・・
天候だけは読めない

一昨年は夏にも施肥していたものの、厳寒地では遅くに肥料が残ると柔らかいシュートが秋に出てしまい凍害に遭うと見たので
昨年は施肥を辞めてみた、秋までに充実したシュートが多く残ったと思ったがやはり秋の開花は少なかった

遅咲きで花弁数の多い大輪種となると今の夏剪定の時期では秋までに上手く咲かない事が解ってきた
夏でも数輪みたら切り取るくらいなのだが、秋も数輪咲くとその後寒さで開かなくなってくる始末だ(涙)

ブッシュローズは元々雪の埋もれるので凍害に遭う事は殆ど無い、施肥で開花を促して咲かせるか
夏バラを摘蕾して咲かせない、場合によっては両方するか、これからも色々と試していこうと思っている
やはり秋バラは9月~遅くても10月初旬の開花をを目指したい
夏でも綺麗に咲くのは嬉しいが、どちらかを選ぶのならやはり夏より秋に出来るだけ多くの花が見たい


ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.pngにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2015-03-19 21:54 | バラの管理
<< 庭で最初の花 三月の庭 アンケート結果発表! >>