「ほっ」と。キャンペーン

日陰者ジュード Jude the Obscure2014

ジュード ジ オブスキュア 作出1995年 ER

ジュード ジ オブスキュアはトマス・ハーディが1897年に発表した小説「日陰者ジュード」にちなむ
ヴィクトリア朝社会のキリスト教の世界観や結婚制度に疑問を呈し、それに代わるべき男女の
結びつきを模索した小説である、今となればなんなく受けいられる内容であっても
当時は問題小説として酷評され、この小説を最後にトマス・ハーディは小説を発表する事は無かったそうだ

デヴィッド・オースチン氏がこの小説の主人公の名前をつけた薔薇
とても気に入っている薔薇で、ジュードジオブスキュアを目の当たりにしても
小説を読んでないのでイメージは湧いてこないが、きっと小説を読んだとしても解らない気もする。(笑)

しかし独特の雰囲気を持った薔薇で、時に哀愁がある顔を見せる薔薇なので何となくだが理解できる気もする。

c0278671_23471799.jpg


さて2014年一番花の開花の様子の紹介


蕾が膨らんできた状態、まるで卵のようだ

c0278671_23483382.jpg



ボールのようなディープカップの花が開き始める

c0278671_23475302.jpg



開き始めは黄色っぽい蕾だが、開花が進むとなんとも言えない色合いになってゆく
ニュアンスカラーと言うのが良いのだろうか

c0278671_23484669.jpg


株の下のほうが最初に開花しだした、1輪クナウティアが写っている

c0278671_23482505.jpg


非常に濃厚な香りを有しており、イングリッシュローズの香り高い品種の中でも特に超強香種だろう
ガートルードジェキルやシャリファアスマ、レディエマハミルトンなどもかなり強く香るが
ジュードジオブスキュアの香りは独特でフルーツ香に白ワインを混ぜたような香りがあり、香りを嗅ぐとうっとりとする
デヴィッド・オースチン氏自身もこの香りはかなり好みのようだ

c0278671_23474724.jpg


上部の花も開花している、グラハムトーマスの記事でバイカウツギが写っていたが
ジュードはバイカウツギを隔てて手前に植えてある薔薇、ただ一直線に三本並んでいるわけではない

c0278671_23473812.jpg





日差しを浴びた姿と日陰では表情が全く違う、奥に見える薔薇はブラザーカドフィール

c0278671_23472632.jpg





咲き始め、色は濃い目に出るが柔らかい色合い

c0278671_23465834.jpg




少し日が経つと白っぽく退色しアプリコットが入っている

c0278671_23465173.jpg



完全に開ききる事なくディープカップを維持し続ける、花持ちは長くないが悪くはない

c0278671_23464087.jpg




強健な薔薇で樹勢は普通だが耐病性が良い、薬剤は使っているが病気に侵された事は一度もない

c0278671_23463014.jpg


退色が進んできた

c0278671_23455879.jpg



とても美しい花、迎えて最初の花を見た時の感動を思い出す

c0278671_23454927.jpg


上部は3輪程度の房に蕾をつけたものが多く、第一陣の花がそろそろ終わりそうだ
花数は多くない、しかし毎年開花する姿に出会えた事に感動できる薔薇だ。

c0278671_23453659.jpg


写真は定点観測をしていた位置から少し回り込んで写したもの、早咲きが終わった頃に見頃を迎えている
写真中央のポールに見える黄色っぽい薔薇がジュード
昨年までブッシュ仕立てで育てたが、昨年ポールを立てた
しかし枝が固く細いポールなどのものには誘引しにくい、ツルのように多くの面積をカバー出来ないが
フェンスなどの広いスペースの一部の方が無理に曲げなくて済むので扱いやすいのかもしれない
昨年のベイサルシュートを上に長く育て、ブッシュで育てていた頃の下の方の枝を少し整理して上部に養分が行くようにした
まだ十分に枝が配置できずスタンダードのようになっている

c0278671_23452525.jpg

代わり映えの無い写真が多い。汗
昨年まではブログの一つの記事に多くの写真を載せる事を僕自身あまり好んでいなかった
よく撮れた写真を数枚載せ簡潔に終わらせた方が記事として見やすく
記事の容量が重いと見に来て下さった方のPCで読み込むのが大変な事も有るかと思っていた事もあった。

しかし、今年は沢山の写真を撮った事と
品種の特徴は数枚では伝え切れない事が多く、咲き始めから咲き終わりの頃を余すことなく伝えられたら
その品種を迎えるか迷っている方には役に立つのでは?と思い
しつこく(笑)微妙な変化まで載せていく事にした次第である

c0278671_23450601.jpg

退色が進んできた頃また次の蕾が開花し始めている

c0278671_23445564.jpg

c0278671_23444678.jpg

開き始めと咲き終わりではこんなに色が違う
やはり濃厚に香るのは開き始めから退色する前くらいだ、香りをお届けできないのが残念でならない。

c0278671_23442671.jpg


日中にはこのくらい花弁が開くが、ハンドブックに載っている花のような色合いと開き方には一度もなった事がない

c0278671_23443612.jpg

そろそろ終わり頃の花、アンブリッジローズのようだ

c0278671_23440306.jpg

でも角度を変えて見るとやはりジュードの花だ(笑)

c0278671_23434788.jpg

花は日差しや雨で傷むこと無く最後まで綺麗な開花だ

c0278671_23435510.jpg



遅咲き種が開花を始め、ジュードが退色している花が多い頃の庭の風景
画面中央の奥に黄色っぽい薔薇が太いポールに絡んでいるのがジュード

c0278671_23441637.jpg

ブログの題名に使っている薔薇だけあって、もちろんお気に入りかつオススメの品種
もしもジュードに会うことが有れば、是非引き寄せて香りを確かめて頂きたい

c0278671_23433723.jpg



ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。
記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします


c0278671_19353148.png
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by tukiiro2613 | 2014-10-30 18:38 |  ジュード ジ オブスキュア | Comments(14)
Commented by larosebleue at 2014-10-30 19:30
つきいろさんのお庭を見て、
初めてポール仕立てというものを目にし、
これいいかも☆と思っているla roseです。
高さはどれくらいあるのでしょう。。
目の高さに、花がきて、とてもいい感じです。
高低をつけると、よく見えますね!
写真、多いですか??
でも、これから品種を選ぶ人にはとてもわかりやすいですよ。
助かります。
実際育てている方の写真やお話が一番確かですから。。
Commented by mme rose at 2014-10-30 19:35 x
つきいろさん、こんばんは。

ブログの題目に使われていらしたので とてもお気に入りの薔薇と拝察しておりました。いつ その記事がアップされるのかなと楽しみに待っておりましたよ。
(ジュードといえば、Hay, Judeという呼びかけで始まるビートルズの歌のほうが思い出されておりました。)
実際栽培していらっしゃると カタログとは違った色合いで咲くのですね。 そして かなりの枚数での写真をみせていただけるので とても参考になります。
昨日横浜イングリッシュガーデンに秋の薔薇の鑑賞にでかけたので 春にいらしたジュードさんにお会いできると楽しみにしていたのですが、どこかに移してしまったのか、残念ながらお会いできませんでした。 ぜひ香りを確かめたいです!
Commented by beechann at 2014-10-30 20:40
つきいろさん、初めまして。
どんなカタログや説明文より参考になる、つきいろさんのブログ、
いつも楽しみに拝見しておりました。
実際、つきいろさんのブログを参考にして、お迎えする薔薇を決めたこともあります。
美しい薔薇と、美しいお庭。これからも参考にさせて頂きます!


Commented by 春風 at 2014-10-30 23:03 x
つきいろさん、こんばんは。
僕もジュードはとても気に入っているバラの一つです。独特のフルーツ香に混じった甘い香りとうつむいて咲くディープカップ咲きの花が初めて咲いたときは衝撃的で僕がERにハマるきっかけになりました。我が家ではあまり薬剤の散布は行っていませんがわずかに黒点病が出るだけで葉を落とすこともなく頑張ってくれています。
今はまだ鉢植えなのでぼちぼち地に下ろそうかと考えていますが自然樹形で仕立てるかフェンスにしようかと迷っています。しかし、つきいろさんのブログを見てポール仕立てもいいなと考え直しているところです。
つきいろさんのお庭ではオベリスクやポール、アーチ等のバラの誘引に使用するものは極力天然木を用いられているようにお見受けいたしますが私もなるべくなら庭に鉄製のアーチやフェンスなどは置きたくありません。しかしながら天然木を使用するとやはり腐食といった問題が避けられませんがその辺りはどうでしょうか?草木の成長、老化のようにそれは仕方がないことと受け入れてうまいこと付き合っていくべきなのでしょうか?
Commented by tukiiro2613 at 2014-10-31 20:24
ラローズさん こんばんは。
ポール仕立て初めてですか?
我が家では昨年に立てたばかりなのでまだちゃんと巻きついてませんが
下かららせん状にグルグルと巻きつけるように誘引していきます
我が家のように思う存分植える場所のない庭ではポールが非常に役立ちます
僕はNHK出版のイングリッシュローズの全てという本でウィリアムモリスがポール仕立てにしてあるのを見てコレだ!と思いました(笑)
ERはシュラブが多いので出来れば高低差をつけて庭を演出できたらと思いました。
有難うございます、そう言って頂けると写真を沢山載せた甲斐が有りました。
Commented by tukiiro2613 at 2014-10-31 20:31
mme roseさん こんばんは。

仰られる通りブログの題名に使うくらいにお気に入りです(笑)
一瞬バラとは思えないような色合いと高芯咲きしか知らなかった僕にはカルチャーショックを受けた品種でした
確かにJudeと言えばHey Jude、ビートルズを思い出すのは僕も一緒です(笑)
ジュードジオブスキュアは春夏秋とどの季節でも濃厚な香りで迎えてくれるので是非香りを堪能していただけたらと思います、ただ退色がある程度進むと香りがあまり無くなってしまうようです。
Commented by tukiiro2613 at 2014-10-31 20:38
beechannさん 
初めまして、ようこそおいでくださいました!
いつもイイネを有難うございます、僕もそちらにたまに通って記事を拝見させて頂いています、身近な風景を(僕も見たことのある)美しく捉えた写真が素晴しいですね。
僕の拙いブログが役に立っているのなら嬉しく思います
細かい部分で環境の差が出ると思いますが、同じ地域でどんな育ち方をするかを知っていただけるかと思います。
僕のブログで薔薇の品種を決めた事があるのですね、僕は自身の庭の植物と薔薇の記録、そして薔薇の魅力を多くの方に知ってもらえたらと思って続けているので嬉しい限りです・・・品種はなんでしょうね、気になりますね(笑)
有難うございます、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
Commented by tukiiro2613 at 2014-10-31 21:10
春風さん こんばんは。
ジュードは春風さんも気に入ってらっしゃるのですね!
お気に入りの薔薇を同じく気に入っている方が居ると嬉しくなりますね(笑)
鉢栽培していた株をそろそろ地植えにしたいのですね、自然樹形と言うのはおそらくある程度切り詰めるブッシュ仕立てのことですね。
ポール仕立てはシュラブのようなショートクライマーとして使える薔薇では省スペースに収めることが出来る事と景観に高低差を付けるのに有効かと思いますので多用しています。
しかしジュードの場合は枝が固く巻きつけることが難しく、出来れば緩やかに曲げて誘引できるフェンスなんかの方が向いているかと思いました。

鋼製の製品についてですが、僕もあまり好みでは有りません
アーチは一基有りますがオベリスクを乱立させると庭が物々しい景観になってしまうと思います。
天然木に関してですが、北海道では昔から一般的な樹木で古い庭には必ずと言っても良いほど植えられているイチイの木を使っています。
たまたま頂ける環境にあったので使っていますが、非常に腐りにくく長持ちします。
ポールについては太い丸太などですが、これは樹種は不明です
イチイの木にしても丸太にしても同じことなんですが、天然の支持物は土に埋めて常に湿っている状態にすると虫や微生物が付いて必ず腐食します、なので支持物は埋めずにレンガなどの上に置いて、別の杭などを側に打って(見えない位置に)それに支持物を縛り付けるなどして固定してあります。
支持物を支えるために別に打った杭が金属などの二次製品ならば、オベリスクの代わりに使ったものが天然木でも長いこと濡れるような事が無ければかなり長いこと使えると思っております。
他に木用の防腐塗料を定期的に塗布する、石灰硫黄合剤を使うことが有れば一緒に支持物にかけると長持ちすると思います、石灰硫黄合剤は盆栽のジンやシャリに塗布する事で防虫し、長く枯れ枝を残すことが出来ます、しかし濃いと真っ白になります(笑)

Commented by 春風 at 2014-10-31 23:42 x
つきいろさん、お返事どうもありがとうございます。
つきいろさんも鋼製の製品がやはり好きではないのですね。バラは花だけでなく花が咲いていない時期でも木として庭の景観を作って欲しい思っていますし、その他の木と草花が年間を通して様々な景観を生み出すことで庭として楽しんでいくことが出来ると思います。ですから鋼製の製品によってその景観が崩れてしますのは実に残念ですので私もできるだけ使いたくありませんでした。今回はポールやアーチについてとても詳しく教えていただき今後の庭づくりに生かしていきたいと思います。
ジュードはつきいろさんのブログを知るきっかけにもなったバラですので私にとってはさらに愛着がわくモノになりました。できれば一番綺麗に見えるように仕立ててあげたいので成長をみながらいろいろ考えているところです。
Commented by satuki1414 at 2014-11-01 10:19
おはようございます
可愛く美しいジュード色がお好みです
花だけでなくどんな所でどういうう姿で 周りの花達と丈がどうなのか 花持ちとかとても解りやすく育て方を迷っている私には図鑑のようでありがたく画像が言葉で理解できないときは
納得です 初心者にはとくに役立ってます 楽しみに見ています
Commented by Violetta at 2014-11-01 21:26 x
つきいろさまこんばんは^^
ジュードちゃまは、神戸の布引ハーブ園と大阪のウツボ公園で見かけたことがあります^^
それと、香りも確かめました~。とっても良い香りのする薔薇ちゃまですね~^^
まん丸でコロコロしていて可愛らしい雰囲気ですが。。
色合いが何となくお月様の様で・・満月を思い浮かべてしまいますね^^
まさにまん丸お月様=「つきいろ」そんな感じの薔薇ちゃまですね^^
他所でジュードちゃまを見かけますと、つきいろさまのお顔が思い浮かんでしまいます^^
Commented by tukiiro2613 at 2014-11-03 21:15
春風さん こんばんは。
そうですね、確かに鋼製の既製品はあまり好みで無いことが多いです
オベリスクに関してはある程度の高さを出そうと思うと、結構巨大な物が必要で目立ちすぎてしまいますよね
実はオベリスクは一つ使っているのですが、1.5mくらいの物でしたが土に足元を埋めると1.3m程になってしまい、巻きつけるまでもなく、あっという間にバラが追い越ししてしまい、今度はオベリスクからバラが抜けない状態になってます(笑)
ブラザーカドフィールの足元に有りますが、殆どオベリスクは見えませんしただの株の支えになってます。
そうでしたか、ジュードジオブスキュアの検索でこちらのブログにいらっしゃったのですね
構成を考える時間は楽しいものですよね、頭の中で完成図を想像すること
バラや植物の配置、そして色の配置
課題は生育面、葉張りと予定樹高まで到達するか、その上満足できる花が咲くかでしょうかね。
春風さんが満足できる庭ができるよう応援しています。
Commented by tukiiro2613 at 2014-11-03 21:23
さつきさん こんばんは。
ジュードの色味がお好みですか?何とも言えない色合いで濃厚な香りが素晴しいバラだと思います。
木立でも短めのツルバラとしてもどちらでも楽しめるのが良いですね
いつも見てくださって有難うございます、これからもどうぞよろしくお願いいたしますね。
Commented by tukiiro2613 at 2014-11-03 21:27
violettaさん こんばんは。
ジュードジオブスキュアを実際に見て香りを確かめた事があるのですね
いつも素晴しい香りを振りまいているジュードは本当に良いバラだと思っています
このバラが株一面に咲き誇ったら凄いだろうなと想像してしまいます。(笑)
確かに色味が満月の頃の微妙な色合いにも似ていますね、確かに僕のHNもつきいろなので想像してしまうのですね(笑)
本当は月彩でつきいろなんですよ(^ω^)
ジュードを見ると僕の顔を!?僕は満月のように太ってませんけどね(笑)
<< Scpter'd Is... Sharifa Asma 20... >>