この秋のプリンセスは凄い!

c0278671_19471612.jpg

この濃いライラック色の薔薇は何だか判るだろうか?
そうこの花型。

この秋のプリンセスは本当に凄い!
・・・って何処のプリンセスかって?名前にプリンセスが付く薔薇は数多く有るが
このバラはプリンセス アレキサンドラ オブ ケントの事である・・・って名前が長い。汗
明日(今日)は雨、美しく咲き誇る薔薇も冷たい雨で傷んでしまうだろう、夜のうちに最後の花を切り取っておこうと思った・・・
のは良いが、真っ暗な庭の中を手探りでこの辺かな?とハサミを入れて切り取ってきた薔薇たち。
後はよく見えないので後日。汗



この秋は本当に良い花を咲かせるプリンセスアレキサンドラオブケント、少し前に咲いたプリンセスは重みでポキっと折れてしまった、素晴らしい花を咲かせるので切り取って生けておいた
するとどうだろう、今までに見たことも無い紫色へ退色したのである、この驚きはローズポンパドゥール以来である。
それがこの花、一番外側の花弁にまだピンク色が残っているのが判るだろうか。
c0278671_19594525.jpg



実は僕はこの薔薇の評価はあまり高くなかった、ブッシュの分類でありながらシュラブのように枝が自立出来ず、だからといって誘引できるくらい伸びるわけでもない伸びないシュラブのような感じ、それと咲き出しの朱色・・・
しかし今年度はいまだ太く自立できるような枝は出さないものの、株が充実してきたのかのプリンセスアレ・・・プリンセスは非常に良い花を咲かせその評価は一変した、特にこの秋の花は目を奪われる素晴らしい花を見せてくれた。

見える限りの色々な薔薇を一緒に切りとったので、この薔薇がどんな色味で咲いているのかが判ると思う。
ナエマのピンクと、ピンク色と比較するのが一番判りやすいかも知れない・・・がナエマ以外にピントが合ってない。汗
c0278671_207358.jpg


フェアビアンカ、レディエマハミルトンなども入っている、フェアビアンカは中心の大きな蕾を食われた割には大きな花を咲かせて楽しませてくれた。
c0278671_2083717.jpg


奥の方に見える紫とピンクが混じった薔薇はローズポンパドゥール、でも終わりかけ。汗
ローズポンパドゥールと比較しても引けを取らないくらい紫色が出ているのが判る。
プリンセスは庭で咲いている状態でもかなり紫色が出て退色する事がわかった、昨年までは気がつかなかったが何故だったんだろう。
今年は10月に入っても比較的気温が暖かく推移したのでゆっくり開花が進んだのも理由の一つに有るのかも知れない、枝の伸びは例年通り止まったがまだ休眠はしてないような気もする。
これが本来の退色の仕方なのかも知れない、今まで知らなかっただけなのか・・・
c0278671_2094097.jpg

後はちょっとずつ角度が違う写真、どれもプリンセスが美しかったので全てアップする事にした。笑
c0278671_20113281.jpg


c0278671_20114621.jpg


c0278671_2012425.jpg


c0278671_20121872.jpg

それまで育ててきた薔薇の違った面を見れた時は薔薇を手元に置いて育てていて本当に良かったと思える瞬間だ
こういう経験はバラ園や販売店では殆ど見ることが出来ない薔薇の顔だ、所有している物だけが楽しめる瞬間だと思う
この秋はプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントの新たな一面を発見出来た事がとても嬉しかった。
ちなみに庭で咲いているプリンセスは後日また紹介したいと思う。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-10-25 09:35 |  プリンセス アレキサンドラ
<< 秋のプリンセス アレキサンドラ... シャリファ アスマ 秋 >>