チャールズ レニー マッキントッシュ

チャールズ レニー マッキントッシュ
1988年 D・Austin 
今年最後に迎えた鉢バラ、迎えたのは夏。
c0278671_21422347.jpg

完全四季咲き性を持つバラだけあって、購入後すぐに数輪の蕾を上げたが一輪確認して他は摘み取った
秋には花が見られると思っていたが、予想より沢山咲いてくれた。
まだ枝が細いが、細い枝先にもしっかりした花を付けてくれる優秀さを見せてくれた。


枝がまだか細い上に花弁数の多い花を付けるので全て項垂れて咲いている、そのままでは全てが土の上にうつ伏せで寝てしまう、しょうがないので麻紐を株に一周させた、この際見栄えよりも花優先だ。
c0278671_21172635.jpg


このバラはライラック色が強く出るバラだ、しかもシルバーがかって良い雰囲気を出してくれる。
香りは今のところ香ったのを確認していない。
実はすぐ横に真っ直ぐ立つトゲトゲの枝はグラミスキャッスル、この刺が風に揺れるチャールズの花弁に刺さってかなり傷ついてしまった。汗

c0278671_21204654.jpg

樹高が低く花付きが良いので鉢にも向いているようだが、速攻地植えにした大株にして沢山の花を早く見たい。
蕾はまだ半分程度しか開花してないが、初年度の秋から結構咲いてくれたので万足している、来春に期待出来そうだ。
c0278671_21433251.jpg


c0278671_2143753.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-10-20 13:04 |  チャールズレニー
<< ウィリアム モリスの秋 ソフィの秋 >>