Paeonia lactiflora

c0278671_1941105.jpg

素晴らしいロゼット咲き、赤い蕾から始まり開くにつれて紫色を帯びる
このバラ何という品種名か判りますか?



いいえ、バラではなく芍薬です。

真っ赤な玉のような蕾が開き始め
c0278671_2129245.jpg

c0278671_19483276.jpg

c0278671_19493132.jpg

ほんの少しだけ紫を帯びる
c0278671_1950645.jpg


開ききる頃にはかなり赤紫になっている
c0278671_19515197.jpg

最終的にはもっと紫が強くなり全体が紫に色付く、まるでオールドローズだ。
c0278671_1953681.jpg

c0278671_212634100.jpg

この芍薬はウィリアムシェイクスピア2000のような赤紫だと思う、実際はもっと紫色が強い。
バラに芳香品種と無香品種が有るように、芍薬も芳香が有る物と無い物が存在する。
バラならとても良く香りそうな花だが、ほんのり香る程度の中香、もちろんバラの香りではない。
でもとても見ごたえのある素晴らしい芍薬だ。
品種名は不明だが、背丈は通常のシャクヤクの半分程度の50センチ程度
肥料が効いているのかいつもより大きい。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-06-14 13:38 | 草花6月
<< ペンステモン=グレバー= でかしたぞニュードーン >>