ライラックが見頃です。

ライラックが見頃になった、ライラックは北海道札幌市の木に選ばれていて公園は他、街中で見ることができる。
ライラックはモクセイ科の中低木に入り、別名ムラサキハシドイ、リラの木と呼ばれる
樹高は街中のもので3~4m程、古く大きなものでも5m~6mくらいの木である。
c0278671_19171771.jpg

c0278671_19181341.jpg

満開のライラック、ライラックの花の基本色は薄い赤紫と青紫、PHの関係で花色が違うのかは解らない。
他に白、濃い赤紫、青紫も有り、比較的新しいものは覆輪のような二色咲きもあって楽しめる。

芳香も備わっていて、モクセイ科なので金木犀の香りを想像するだろう
金木犀の香りを一度だけ嗅いだ事があるが金木犀のように甘~い香りではなく、少し似ているがスッキリした香りである。
香りの印象を伝えるのは難しいが、金木犀が幸せな感じがする香りならライラックはちょっと切ない想いを感じるような香りです・・・全然解らんなこりゃ。汗
どうやら香水の原料にもなるらしい。
ライラックは知人が好きな花なのでアップしておこうと思う
c0278671_19185188.jpg

c0278671_191921100.jpg

c0278671_19195892.jpg

c0278671_19203873.jpg

[PR]
by tukiiro2613 | 2013-06-02 19:35 | 雑記
<< 風鈴オダマキと深山オダマキ 輝きの季節(ティアレア) >>