続バラ用アルミネームタグ

昨日紹介したDYMOで作成したネームタグが完成。
二つ折りにして吊り下げるつもりだったが、アルミ缶は薄いので何度か折ると折り目で切れてしまう場合がある。
そこで両面テープを間に挟み、吊り下げる部分に千枚通しで穴を空けビニタイを通して完成
本当はビニタイじゃなくて銅線とかの方がカッコイイのだと思う。
c0278671_19205957.jpg


バラに付けるとなかなか洒落た感じになってくれた。
c0278671_19183953.jpg


アルミ缶もちろん無料、アルミ缶のプルタブの付いた上部と底を切り取り、筒の部分を横にカッターで切れば350ml缶でも十数枚出来る
アルミ缶は柔らかいので鋏やカッターで簡単に切れる、文字をパンチするので消えないしなかなか劣化しない洒落たタグの出来上がり。

しかしネームタグを買って書いて付ける事を考えたら当然手間が掛かる、安価な物が良ければプラスチックのネームタグを、多少値が張っても良ければアリタグはオシャレで良いと思う。

でも差し上げる事もある挿し木苗にこのタグを付けている事で、ちゃんと手を掛けていた苗だと解って頂けると思う。
[PR]
by tukiiro2613 | 2013-05-13 17:43 | 雑記
<< やっとの桜 バラ用アルミネームタグ >>